脳トレうたっこ…しました

5月17日は青葉西第二住宅談話室で「うたっこ」でした。

元仮設住宅在住の方5名とその友人の方など10名の方々が集まり、談話室がちょっと狭く感じるようなにぎわいです。本来は「うたっこ」の日…ですが、おりがみしながら歌いましょう!とボランティアさんの一言で、手も口も動かして「脳トレ」です。

 

たっぷり2時間、リクエストに合わせてバラエティーに飛んだジャンルの選曲。歌う人、ひたすらおりがみを折る人、おしゃべりをする人ととても内容の濃い時間でした。

来月もこんな感じで、いいんじゃない!とボランティアさんの一言。

Toeda

美味しいひと時でした

5月16日は七郷地区仮設同窓会の昼食会でした。いつもより少ないよ!と同窓会の方から言われましたが、14名の方が参加。先月4月はこの昼食会がお休みだったので、みなさんがとても楽しみに待っていてくださいました。

メニューは親子丼とナメコと豆腐のお味噌汁、キャベツの浅漬け風サラダ、茎わかめの酢の物でした。仮設住宅の時から昼食会の準備を担ってくださっている食ボラさんたちはお肉が苦手な方用に特製他人丼も作ってくださって、みんなでプラ丼(プラスチックの簡易どんぶり)片手に食卓を囲みました。

 

 

食事中の話題は、先週5月8日のお茶っこの際に取材されたこの「仮設同窓会」の記事が5月10日にさっそく新聞に掲載されたことや、来月予定のさくらんぼ狩りのことなどを、久しぶりの食ボラさんたちにそれぞれの方が話して、いつも以上のにぎやかな集会所となりました。

 

 

食後には手作りのりんごのケーキが出されると「コーヒー飲みたいね」との声が上がり、「手作りのケーキとコーヒーなんて、贅沢だねー」なんて言っていただき、和みます。

 

この昼食会を待っている方がいらっしゃいます…食べてくださる方、作ってくださる方…それぞれがこの時間を楽しみにして、そして大切に思っていてくださっているんだろうなあー。

次回の昼食会はまた1ヶ月間が空いての7月17日を予定しています。食ボラのみなさんは「次は7月だからの、冷たいものなんかいいね」とメニューを考えてくださっています。感謝です。

Toeda

16日(水)は石巻山城町教会を会場にして「うたっこ」をしました。参加者・ボランティア・スタッフ総勢16名。皆さん馴れてきたようで、次々とリクエスト。しばらく歌ったところで、参加者持参のお手製の味噌田楽とわかめの酢の物をいただくタイム。大き目のこんにゃくに田楽味噌、美味しくいただきました。

連休明けは・・・

今年のゴールデンウイーク…エマオはカレンダー通りしっかりお休みさせていただきました。

連休明けの5月8日は七郷地区仮設同窓会のお茶っこでした。参加された方は14名、みなさん連休中に体調崩されることなく元気に定位置に着席です。

あ〜、GW終わっちゃった…と喜んでいたのはお茶っこに来た七郷同窓会のみなさんでした。「連休中、ずっとお茶っこ、楽しみに待ってたんだよ」とごあいさつをいただきました。それぞれ「連休中、何してた?」「元気だった?」と久しぶりの(?)再会を喜んでいらした様子で、お孫さんが遊びに来ていた方…自宅用の畑の準備をされていた方…お互いに連休のことを話したいらっしゃいました。

この日は宮城県の地方紙K新聞社が取材にいらっしゃいました。七郷中央公園仮設住宅の時の区の担当者だった方のご紹介で、仮設住宅在住者の「同窓会」という繋がりについての取材です。またエマオと同じように七郷中央公園仮設でボランティア活動をされていた方が来訪。「S会長からは、ずっとお茶っこに誘われていたんだけど、やっと参加できました」といっしょにお茶していかれました。

6月には恒例の「さくらんぼ狩り会」を行うことがほぼ決まり、S会長からざっくりとした日程が話されると、さっそく手帳に日程を書き込む方も何人かいて、お茶っこや昼食会だけでなく小旅行や遠足もお楽しみのひとつなんだなーと、なんだかうらやましくなります。

来週16日は昼食会。「4月に昼食会なかったから、期待しているよ!」とプレッシャーをかけられて、ちょっとだけうれしくなりながらのエマオ事務所への帰路でした。

Toeda

 

恒例のお泊まり会に行って来ました。

4月19~20日にかけて七郷地区仮設同窓会の恒例「春のお泊まり会」が仙台市近郊の作並温泉で行われました。

今回の参加者 同窓会からは11名…前日までの花冷えがウソのように気温も上がり快晴で参加のみなさんもウキウキムードで送迎のバスを待ちました。が、バスが20分も遅刻するというハプニング発生!その後は予定通りに進んでいきました。

夕食時にこちらも恒例の「ひとりひと言」では、現在の近況をそえぞれお話くださり…お孫さんが結婚した…とか、金婚式でした…とか、ご自分の1週間の日程日課をご披露くださる方、話はないけどカラオケで発揮するから、という方など本当にフリートークでひと言二言話してくださいました。その後はカラオケタイムへ突入。歌に合わせてダンスが何回も飛び出したり、カラオケの点数表示を隠すためにEXILEのダンスもどきチームも急遽結成され、これまでになく盛りだくさんな時間でした。二次会は同窓会の方のお手製のセリやほうれん草のおひたしの差し入れやお菓子で、お酒がなくても十二分に盛り上がりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翌日は帰路の途中で定義山に足を伸ばし、仙台市民のみなさんです仙台観光を堪能して来ました。

「来年、エマオさんがいなくなったらこの旅行もできないね」とあちこちでそんな言葉が聞こえましたが、そんなさびしい言葉は言わないで・・・みんなで考えて行きましょう!とエマオスタッフ、苦笑いでした。

楽しい時間はみんなで共有していければ、いいね!

Toeda

桜舞い散る中で歌声が・・・

4月18日、渡波ミニコンサートを行いました。

いつもは「うたっこ」としてみんなで一緒に歌う会を行っていますが、今回は「ミニコンサート」…ゆっくりと歌を聴くことにしました。「春らしい歌」を柚季純さんがいろいろと考えて歌ってくださり、春〜花〜桜をキーワードに約1時間余りに渡って11曲。途中でノドを潤おすお茶っこタイムも入り、最後は参加の方からのアンコールとリクエストで「涙そうそう」を歌ってくださいました。

「こんなに春の歌があるんだね」や「懐かしいねえー」など、1曲1曲にそれぞれ感想がありましたが、しっとりとゆるーく時間が流れて行く感じです。

渡波大森仮設住宅のそばの高台にあるお寺の八重桜が散り始めていましたが、その花びらが風に舞って会場となった談話室の窓から見ることができ、「桜の頃にこんな贅沢な時間があるなんて・・・」と皆さんから笑顔がこぼれていました。

来年の桜の頃はこの仮設住宅は無くなっていると思いますが、きっと何処からか春の歌が聞こて来るんじゃないかな…と余韻を残しながら参加のみなさんをお見送りしました。

Toeda

 

いろいろなもの作り会でした

4月12日は渡波大森もの作り会でした。
3月は諸事情により中止になったので、ちょっと時間が空いてしまいましたが、いつも参加の方々が早々と集まってくださいました。今回はちょっと体調を崩していたH先生が復帰…「あらー、先生、久しぶり。どうですか?」と気遣う言葉もあり、久しぶりの再開/再会で、なごやかにスタート。

「もの作り会」です…がまずはみなさんの持ち寄りお惣菜などで軽食タイムです。毎回、旬の素材を活かしたものや作り置きのものなど、テーブルいっぱいに広げ「これ、どうやって作ったの?」「こういう味付けって難しいよね」と会話がはずみます。これもひとつの「もの作り」です。

 

 

 

 

 

 

さて、お腹も満たされ・・・いよいよ本来の「もの作り」開始。前々回からの続き「羽織れるコート」の再開です。型紙をアレンジして…「襟はこっちの方がいいよね、先生」とか「この色が私に会うかしら」と着物を解いたり、それぞれの作業に入りました。

ちょっと5分でも時間があれば手仕事がしたい!と先生も参加の方々もおっしゃいます。そうだったのか・・・毎回、手作りのチュニックやオーバーブラウスを着て参加してくださる方が2名いらっしゃいます。

頃合いを見て「さあさあ、お茶っこにしましょう」と誰となく声がけして作業は終了、ささっと片付けてお茶タイムへ。メリハリのある時間の使い方ですね。

それぞれ宿題を持って帰られます。次回はどこまでできていることでしょう。

Toeda