七郷地区仮設同窓会昼食会でした

昨日4月19日の強風で桜がすっかり散ってしまったの仙台です。

4月18日は久しぶりに七郷地区仮設同窓会の昼食会でした。
参加して下さった方々は14名。そして、レギュラーメンバーの食事ボランティアさん6名とスタッフ、元スタッフなどで25名がワイワイと賑やかな食事会でした。

この日は徐々に回復したお天気と気温の上昇が幸いしたのか、参加のみなさんも明るい笑顔でちょっと到着遅れ気味のエマオを迎えて下さいました。

まさに仙台市内や宮城県内各所で桜が満開・・・ということで、お花見の話題が多かったようでした。
それを見こして昼食メニューも「お花見弁当」を意識して作って下さいました。が、ついうっかり完成のお皿の写真を撮るのを忘れてしまいましたが、鰆の塩焼きの隣には美味しくて甘い卵焼きが入っておりました。

このあとは手作りパウンドケーキを頂きながらの食後のコーヒータイム。
話題は予想以上に勝っている楽天イーグルスのことや、ゴールデンウイークのことなど。
そして6月に予定している「サクランボ狩り」へと話題はつきませんでした。


少し体調が心配な方々も適度に食べていたようで、気心のしれた仲間と囲む食卓は楽しいようですね。

「次は5月16日ね」「待ってるよ」とあいさつを交わして終了しました。

エマオスタッフ 戸枝

新体制になって初めてのお客様

4日、新体制になって初めてのお客様を迎えました。アメリカ西海岸・ブエナビスタ教会の高校生。一日目はエマオ新事務所でオリエンテーション。通訳は会津放射能情報センターの片岡輝美代表。事前学習を十分にしてきたという高校生には2011年からのエマオの歩みをお話しました。メモを取りながら熱心に聴いて下さった学生たちでした。

ブエナビスタ教会青年被災地訪問の旅in 仙台の二日目は被災地見学。閖上・荒浜の現場を見て現地の方々の証言を聴きました。  フィールドスタディー後「事前学習をしていたけれど、現地に立ち、現地の人に会い証言を聴いてあらためて災害について実感した」と。短い時間でしたが、新スタッフが励まされた感謝の出会いでした。

   小川幸子

いしのまきっこ広場 春休みスペシャルDAY 2@釜会館

2日目(30日)は、エマオ石巻の拠点があった築山に会場を移して開催しました。

9名の小学生が集まってくれました。ワーカーは、東京と多賀城市から8名(うち明治学院東村山高校から4名)、スタッフ2名です。

こども達、みんな慣れた様子でウキウキしながら2階への階段を上がり、受付もそこそこに「どこに荷物置くの~~~?」との声がしたかと思うとホールの中へと走り出します。
今回は、パイプ椅子を丸に並べての朝の会。
椅子があると意外と早く落ち着きます。

今日も自己紹介を兼ねてなんでもバスケットから始まり、その後ラジオ体操。
が、ここでトラブル発生。
ラジオ体操用のラジカセ、CDの再生ができません!調子が悪かったのですが、とうとう壊れてしまったようです!
しょうがなく、飛先生のスマホでラジオ体操をかけながら曲を口ずさんで体操。

ラジオ体操が終わると、女川町のダンボルギーニの工房で作っている紙飛行機を飛ばす工作やプロペラシューターを作ったり、外での遊びや、鬼ごっこ。

今回もみんな走ります、走ります。
「タイム」という声がこどもから何度か聞かれる程、走り回りました。

午後は、ホール内でいっぱい遊んだあと、外で、タッチ鬼、氷鬼。

中に戻ってからは、今日のハイライト。
チョコフォンデュの準備!
わくわくします!
みんな遊び疲れていたのに、集中力が回復しました!

フォンデュ用ホットケーキをたこ焼き器で焼いて、

イチゴやバナナを切って

いよいよフォンデュタイム。

最後に外でドロケイをしてから中で終わりの会。

今年度最後のまきっこでしたが、この2日間、大きな事故もなく無事に終わりました。

こどもたちをまきっこ広場に預けてくれた保護者の方々、高校生のワーカーを送って下さった保護者の方々、高校生ワーカー、高校生をボランティアで引率してきたワーカー、大学生ワーカー、元専従者のワーカー、エマオの活動の為に献金をささげ石巻の為に祈りつづける支援者の方々がいなければ、できなかったイベントです。
心より感謝申し上げます。

4月以降もいしのまきっこ広場を継続します。
次回は、夏休みの予定です!

エマオ石巻
田尻 拓

いしのまきっこ広場 春休みスペシャルDAY 1@栄光幼稚園


何年ぶりかに栄光幼稚園で開催するいしのまきっこ広場。
3月29日、6名の小学生が集まってくれました。
それぞれ過去にまきっこに参加したことがある子たちで、懐かしい顔ばかりです。
対するのは、ワーカー7名(うち明治学院東村山高校から4名)、スタッフ3名です。
お互いにあんまり遠慮がありません!

朝の会を始める前に、園庭で遊んだり2階のホールでお絵かきしたりと自由に時間を過ごしました。その後、自己紹介ゲームをしたり、外で鬼ごっごをしたり。4年生になる子たち、なかなか、足が速いです。

ひとしきり遊んだあとは、さらにドッジビー。
やわらかいフリスビーを使ったドッジボールです。

午後は、食後ゆっくりと暖かい室内でおしゃべりしたり、勉強を見てもらった後は、ワーカーのピアノ生演奏による椅子取りゲーム!



椅子取りゲーム、ワーカーも真剣にやります。
大人げないなんて言わせません。
でも最後は、座布団になるのですが、腰を下ろす高さが低いこどもの方が大人より断然優利になります。

外に出て、ドッジビーのつづき。
1時間ほど(6ゲームはやったでしょうか)やって、「まだやりた~~~~い!」との小学生女子の声。
こどもは体力あるなーとの高校生の声。
少し休憩をとって再開しました。
ワーカー、スタッフらの足がとまり始めた頃、ホールに戻り、たこ焼き器を使ったホットケーキ作り。チョコレートやコーンフレークを入れたものです!


終わりの会では、みんな満足そうにしてくれてました。

エマオ石巻 
田尻 拓

新年度のお知らせ ②

2017年4月以降の新体制移行準備として。

twitterアカウント:uccj_tohoku@、Emma_Sasa@
Ustreemアカウント:UCCJ_Emmaus@

を削除いたしました。

長い間お付き合いくださり、ありがとうございます。

昼食会@渡波大森仮設団地

3月15日(水)渡波大森で昼食会を開催しました。
隣の浜の祝田から女性4名が参加されました。
それぞれ家族と暮らしていたり、独り暮らしだったりします。

ワーカーは北海道から1名と仙台から2名、スタッフ5名で準備にあたりました。
メニューは、仙台からの仕込みでチラシ寿司となめこと水菜のみそ汁に差し入れのホウレンソウと海苔の和え物、昆布煮、いちごとりんごの煮込み。

参加者は女性だけでしたが、みな笑顔で完食。幼馴染みの話や親せきの話など、和やかにおしゃべりされていました。ゆったりと流れていく時間の中で、ご本人たちの暮らしぶりが伝わってきます。

泥かきから始まった関係がモノづくりやお茶っこに発展し、今日まで関係がつづいてきましたが、スタッフ一同、祝田の方から力をもらいつつ石巻でのワークに今後も挑んでいきたいと思います。

エマオ石巻
田尻 拓