センターについて

日々のワーカー受け入れは、2017年3月11日をもって、終了いたしました。
詳しくは、2017年4月から体制が変わりますをご覧ください。

被災者支援センター・エマオは、2011年3月11日午後2時46分に発生した東日本大震災で被災された方々の支援のため、日本キリスト教団東北教区が同年3月15日、東北教区センター・エマオ内に設立しました。

スピリット
当センターでは、スローワーク=出会いお祈りを大切にしています。そのため効率性よりも被災された方々との信頼関係を大切にし、多くのものを失った方々に心から寄り添い、そのような方々の喜びをも共有できるような活動を目指しています。また、被災地にやってきた思いや被災地での経験をボランティアワーカー同士で分かち合うシェアリングのときを大切にしています。

祈りとスローワーク

スタッフ
<センター長> 上野和明
<教団派遣専従者> 佐藤真史(仙台)、小川幸子(石巻)
<エマオ仙台スタッフ> 千葉正彦、菊池護、高橋千沙子、八田美夕
<エマオ石巻チャプレン> 関川祐一郎
<エマオ石巻スタッフ> 田尻拓、鎌田仁美
<事務局スタッフ> 戸枝季子、永野香織、畑屋武志
<仮設住宅・復興住宅支援アドバイザー> 柴田信也(仙台)

東北教区被災者支援センター委員会
<委員長> 上野和明
<書記>  関川祐一郎
<委員>
【教区】 小西望(議長)、保科隆(副議長)、長尾厚志(教区書記)、遠藤道雄(財務部委員長)、片岡謁也
【教区センター】 松本芳哉(館長)
【支援センター】 佐藤真史、小川幸子