この日が楽しみなんだよー①

5月24日新緑の牡鹿半島方面へと向かって行き、渡波大森仮設住宅集会所へ。
定例のもの作り会の日でした。
1ヶ月ぶりです…参加者の方からさっそく「この日を待ってるんだよ」と声を掛けていただきました。
ここ数ヶ月はご一緒に軽食を囲んでからのスタートです。今年はタケノコが豊作だったそうで、それぞれにタケノコの自慢料理をお持ちくださいました。震災後の牡鹿半島は野生の鹿が増えていていろいろなものを食べ荒らす、というニュースは聞いて知っていましたが、もちろんタケノコも食べるとのことです。「それも、いちばんやっこい(やわらかい)ところを鹿に食べられるから、私たちが取るときはもう竹におがってるんだよ(大きくなってるんだよ)」とひとしきり食事の席が笑い声で弾みました。

 

 

 

 

今回も3名の方が新作のオーバーブラウスを作って持参されご披露くださいました。それぞれに自分なりの工夫をされていて、柄を合わせていたり、着丈も自分に好みにアレンジしたり、ポケットを大きくしたり…。そして作者が着用してモデルさんになり、みんなでいろいろと感想を述べたり意見を出し合います。

 

 

 

 

 

「この日を楽しみにしていたんだよ。待ってるんだよ。」そうか…この日は『発表会』なんですね。

毎回、新作を披露してくださるのでH先生も「みんな、すごいじゃない」というと「先生の教え方が上手だから」と楽しい会話。

最後のお茶っこタイムでは、なぜか折り紙まで始めて…

実り豊かな時間でした。

さてさて次回は何を作ろうかしら?

 

Toeda