6/26 こぼれ話

6月26日の基督教独立学園フィールドスタディーツアーでの、ちょっといい話。

仙台市荒浜海岸の見学途中でのこと…防波堤手前の砂地に大型バスが2台、砂地にタイヤをめり込ませて立ち往生。それを見つけた学園生が一斉に走り出す「ちょっと時間いいですか?」と聞かれその後の予定もあったので「うーん、10分だけね」というと大型バスをみんなで押し始めたのです。

あとちょっと…というところでタイムアップ…残念!もう10分あったら1台は脱出できたはず。若いパワーと助けようとするその気持ちに、感激いたしました。「10分だけね」と融通が利かなくて、すみません…

 

 

 

 

 

エマオ事務所への帰路、この日の彼らのバスの運転手さんに「感謝のコーラス」のプレゼントがありました。夕方の仙台東教会前の駐車場はラッシュが始まり車の往来が途切れることがなかったのですが、その騒音もかき消す歌声。運転手さんもしきりに恐縮していらっしゃいました。

お土産のお手製クッキー。添えられたメッセージには「割れていたり、形がくずれていたらすみません」とありましたが、感謝の気持ちが込められたクッキー、感謝していただきます!

Toeda