笑楽隊のみなさんと一緒に・・・

少し前の報告になりますが、6月26日(火)の七郷地区仮設同窓会お茶っこは、「笑楽隊」によるバラエティ演芸で盛り上がりました。「笑楽隊」は、東日本大震災後に結成されたボランティアの演芸集団です。七郷中央公園仮設住宅に住んでいたころ、演芸会やダーツ大会を主宰し、皆さんを楽しませてくださいました。久々のお目見えです。同窓会長の自慢ののどを皮切りに、軽快なリズムにのった、「バルーン人形」作りのパフォーマンスと参加者全員でのストレッチ体操、異色の「スコップ三味線」演奏、懐メロ合奏、そして同窓会メンバーTさんの十八番「君恋し」など、二時間を超える時間もアッという間に過ぎました。当日の参加者は同窓会10名、ボランティア2名でした。(菊池護)