余韻の残して

11月10日午後から、七郷地区仮設同窓会定例のお茶っこでした。参加の方は14名。

3日前に行った日帰り遠足の話題になり、都合で参加できなかった方にその時の話をする方。また、12月の楽しい企画の相談など、いろいろな話が飛び交っていました。

お茶っこ日程をそれぞれ確認中

今回も同窓会の方の手作りがお茶のお供としてお皿に盛りつけてありました。「白菜はまだまだ寒さが足りなくて美味しくないよ」と謙遜気味におっしゃいましたが絶妙は塩加減の白菜漬けや「何キログラムだのって分量聞かれてもわかんないよ。いつも目分量で作るからね」という甘さと柔らかさのイチジクの甘露煮です。「やっと台所の火加減に慣れてきたんだね。今年はイチジク、焦がさなかったのよ」という言葉に新居に移られてもう3年も経つ方々が多いことに気づきました。

秋らしいお茶うけです

みなさんと元気に月に2~3回顔を合わせていることで、時間の流れを忘れてしまいそうです。12月はまたお楽しみがいっぱいの七郷地区仮設同窓会です。

Toeda