同窓会を長く続けたい・・・

七郷同窓会、12月1回目のお茶っこは5日午後1時から。いつものメンバーが集まります。

「エマオさんは来年はいないんだよね~」と言いながら自分たちでお茶やコーヒーを淹れるこの頃です。ひとしきりおしゃべりで盛り上がった後、会長が「来年のお泊りはいつにしますか?・・・」と。今年の花見もサクランボ狩りも、「エマオさんがいなくなったら出かけられなくなるから最後に行こう!」と言っていた人たち。エマオの支援がなくても、自分たちでお出かけしようとしている同窓会。みんなでゆったり過ごすのが楽しいのです。

鳴子、松島、蔵王・・・・候補が出ます。(エマオの車が使えなくなるので)送迎してくれるところがいいよね・・・と。お泊りは花見を兼ねて4月にすることを決めました(場所は未定)。会長の話はつづきます。「残念だけれど、長い間役員をしてくれたSさんが辞めます。だれか役員をしてくれる人を決めて下さい」と。何人かの名前が挙がりましたが決まらず「次回までに考えておいて下さい」と。後片付けもみんなで。終わりの時間が近くなると誰ともなく席を立って片付け始めます。少しでも長く続けるために、会員それぞれが自分に出来ることをしています。