ささっこ集まれ!

12月25日(火)、26日(水)の二日間、「ささっこ同窓会」が行われ、参加者12名、ボランティア9名、スタッフ3名が笹屋敷公会堂に集いました。今回が最後の活動です。 25日は、恒例の鬼ごっこ、ドッジボール、サッカー、長縄飛び、

 

 

 

 

午後からは炭火での焼き芋作り。お芋は現在群馬に住む元スタッフからの寄贈品です。

 

 

 

 

26日は午前中にお世話になった笹屋敷公会堂の「大掃除」。窓ガラスも丁寧に拭きました。

 

 

 

 

昼食後、寄贈された手作りのケーキにホイップクリームやチョコなどを使ってデコレーションケーキを製作、「美味しい」時間でした。その後各自持ち寄ったクリスマスプレゼントを交換し、最後は公園でのドッジボール大会で盛り上がりました。

 

 

 

 

震災、津波被災から8年が過ぎました。解散直後、愛犬を連れ公会堂に再び顔を見せた二人の小学高学年女子の後姿に、笹屋敷にも穏やかな日常が蘇りつつあると感じました。  (スタッフ 菊池護 記)