「エマオ感謝」会報告

去る3月23日(土)に日本基督教団東北教区主催「被災者支援センター・エマオの8年を感謝する会」行われました。

参加者は東北教区内の教会から、また県外からボランティアや元スタッフなど60名で、会場となった東北教区センター3階が満員御礼状態でした。

14時より第1部、上野和明牧師による礼拝

 

 

 

 

 

休憩と交流の時間

15時10分から第2部茶話会

茶話会では小西望東北教区総会議長にあいさつに始まり、被災者支援センターの発足当初から仙台市内の被災現場に足を運びボランティア活動の足がかりを作ったジェフリー・メンセンディーク師やボランティア、元スタッフ、ボランティア受け入れのためにお働きくださった教会関係者など9名から思い出を話してくださいました。
またこの場に来ることの出来なかった方々からのメッセージを流して、エマオへの熱い思いをそれぞれが語ってくださいました。
8年の活動がどれほど多くの方々の祈りとお支えによって継続できてきたのかと、あらためて感じるひとときでした。
参加くださった方々、お祈りくださった方々、お支えくださった方々…
言い尽くせないけど
感 謝 いたします。
toeda