「熊本地震」⑦ エルピス熊本の「ドリームカフェ」

熊本から仙台に戻って来て、2週間になります。今も熊本の被災地ではまだまだ多くの方が避難所暮らしを余儀なくされていること、また仮設に移られた方たちを覚えて祈り続けています。

在日大韓基督教会(KCCJ)と九州教区が共に「エルピス熊本」というボランティアセンターを立ち上げ大切な働きを繋げています。
外部から沢山のワーカーを受け入れるセンターではなく、小さくても丁寧な出会いを避難所での「ドリームカフェ」で繋げていく、そのようなセンターです。
皆さんもぜひ、「エルピス熊本」を覚えて、お祈りと献金でお支え下さい。

エルピス熊本

エマオ仙台専従者 佐藤真史