11/24-30 台湾訪問~リユニオン・研修~

 11月24日から30日にかけて、台湾基督長老教会(以下、PCT)が東北教区被災者支援センター・エマオのスタッフ14名をお招き下さいました。石橋秀雄教団議長、飯島信教団担当幹事、片岡謁也牧師(東北教区世界宣教協力委員長)、4名の通訳スタッフ、そして林偉聯牧師(PCT「教会と社会」委員会担当幹事)とイワン・ホシさん(同委員会担当職員)が同行して下さいました。
 PCTからは2012年夏から2016年夏までの間に、計268名のボランティアワーカーたちを派遣して下さいました。そのワーカーたちと台湾各地で再会し、エマオでのワークを共に振り返ることができ、スタッフ一同、心から感謝しています。
報告書を作成しました。お時間のある時にご一読下さい。年末には各スタッフの感想もアップする予定です。

From November 24th to 30th, Presbyterian Church in Taiwan kindly invited 14 Emmaus staff to visit Taiwan. Moderator Ishibashi Hideo, Secretary Iijima Makoto, Rev. Etsuya Kataoka (Tohoku District Ecumenical Ministries Committee Chairperson), 4 staff translators, and Rev. Lin Wilian (Secretary of PCT Church and Society Committee) and Ms Iwan Hosi (Staff of the same committee) accompanied Emmaus staff.
PCT generously sent 268 volunteer workers from summer 2012 to 2016. All staff members are deeply grateful for the opportunity to be reunited with the workers in various locations in Taiwan and to be able to look back on the work performed together at Emmaus.
A report in Japanese has been prepared. Please read it.
Each staff member’s thoughts will be posted by the end of the year.