2月~3月の受け入れについて

支援センターは、2017年春に大きく形を変えます。
それに向けて、2月~3月は、以下のようにワーカー受け入れをいたします。何か不明な点などありましたら、事務所までお問い合わせください。

◯4日程期間中(2月1日~4日・2月8日~11日・2月15日~18日・3月1日~4日)の受け入れについて
「被災地のいま」を伝え続けるために、大学春休み期間中にフィールドワーク中心の少数枠を設けました。すでに、継続して派遣されている5つのキリスト教大学からお申し込みいただきました。申し訳ありませんが、この4日程期間中の新規ワーカー受け入れは定員に達しました。リピーターの方はご相談下さい。

◯4日程期間以外の受け入れについて
大学枠などは特に設けません。ただし、農作業を含むパワーワークは基本ないこと、フィールドワーク中心になることをご了解下さい。

◯リピーターの受け入れ
次の条件を満たすリピーターの方は、短いオリエンテーション後すぐにワークに参加出来ます。仮設同窓会お茶っこ・昼食会やささっこクラブなどに合わせてぜひお越しいただけると、出会いが繋がっていくと信じています。
・今までエマオのオリエンテーション&フィールドワークに参加したことがある。
・最低1日ワークに参加できる。

◯3・11について
9月末で農作業支援から撤退してから、笹屋敷との関わり方が変わってきました。そのような中で、毎月第2土曜は公会堂をお借りして「笹屋敷お茶っこ」をさせていただき、これまで繋がってきた方たちとの再会・訪問の機会としています。
2017年3月11日も第2土曜ということもあり、2016年と同様に、様々な配慮をしつつこの「大切な日」を共にゆったりとした時間を過ごせるように、「笹屋敷お茶っこ」とします。特にリピーターの方たちに思いを向けていただければと願っています。

◯2017年3月11日(土)をもってワーカー受け入れは休止となります。
なお、3月末に予定されている「春休みささっこ」などのワーカー受け入れについては、別途募集する予定です。

◯2017年4月からの受け入れについて
現時点では次のように考えています。
・リピーターのみ状況に応じて対応・受け入れ。
・ささっこクラブ同窓会・いしのまきっこ広場やイベントなどに関して、適宜募集。
※ 2月に入ってから、メルマガやホームページを通して、皆さんに詳細をお伝えする予定です。