2月のうたっこ@元浦屋敷&青葉西第二仮設団地

声楽家の柚季純です。
先月(2月)の、仮設団地でのうたっこ&お茶っこの様子をお伝えします。

2月16日(木)午前中は元浦屋敷仮設団地にお邪魔しました。
こちらの仮設団地は転居された方が多く参加者が極めて少ない中、この日はエマオスタッフ・ワーカー含め女性のみの会となり「今日は女子会ですね!」などと冗談を言っておりましたら、参加されたMさんから、かわいいいちご大福の差し入れをいただき、エマオからお持ちしたお菓子や果物なども並び、春を思わせるような女子会らしいお茶っことなりました。
話が盛り上がったところで、折角ですからなにか歌いましょうか、という流れになり、うたっこコーナー。

女子会の雰囲気だからでしょうか、昭和の懐かしい歌のオンパレードで「うたの本(エマオオリジナルの歌詞の本)」にはない歌までリクエストをいただき、大いに盛り上がりました。

何気ない話で終始笑顔が絶えず、楽しい会となりました。
仮設団地から復興公営住宅へ転居される方が多く、それぞれが様々な思いを抱えて過ごされている今ですが、こうしてこれからもお付き合いを続けながら、少しでも安らぐ時間を共有できたらと思います。

午後は青葉西第二仮設団地へお邪魔して、コンサートをしました。
こちらは復興公営住宅へ転居された方が多く、皆さん比較的お近くに住まわれていますが、仮設団地におられた頃のように日々顔を合わせて共に過ごす時間が減ってしまい、度々こうして仮設団地の集会所をお借りして集まっていただくような企画をしています。

午前中に別の場所にお出かけになられていた方がその場でご案内を下さり、初めましての方も多数参加され、賑やかな会となりました。

童謡・唱歌や、懐かしい歌など中心にちょっと春を先取りしたプログラムを、お茶やお菓子、果物と共にお楽しみいただきました。
長いこと深いお付き合いをしていただいている青葉西第二の皆さんだからこそできるコミュニケーションがあり、そこへ新しいコミュニティが加わり、これからこういった機会が増えていくといいなと思います。
それと同時に、今までのお付き合いを大切にしていきたいと思います。