あすと長町の映画上映会でした

すっかり寒くなりました。晩秋の仙台です。日中の予想気温が10℃…12月中旬並み…の予報でしたが、日差しがあると幾分、寒さも和らぎます。

そんな11月16日、あすと長町第三公営住宅の集会所でのエマオ映画会でした。参加してくださった方は9名。10時開始のために9時30分に集会所を開けると三々五々、いつもの顔ぶれが集まってきましたが、寒かったせいか出足が鈍く、早く来た方が「映画始まるよ、って声かけて呼んでくるから」と気を利かせてくださる一場面もあり、だいだいが揃ったところで上映開始です。

今回はこの作品でした。

最後は半数くらいの方が涙を拭っているのが暗がりの中でもわかりました。深い作品でした…

そのあとはお茶っこタイムです。久しぶりの参加の方が栗ごはんを炊いてきてくださいました。「栗ごはんのはずが、栗は数えるくらいしかないけど…」とおっしゃっていましたが、五目ごはんのように具だくさんのおこわ。ごちそうさまです。

 

 

参加してくださっている方々は、この第三公営住宅在住の方ばかりなので、お互いに11月12月のスケジュールを確認し合っていました。その中には『忘年会』という言葉も聞こえました。

このエマオ映画会、今年度は隔月での開催になっているので次回は年が明けた2018年1月第3週目です。「えっ、次は来年なんだね」や「今年もお世話になりました。よいお年を…」とのちょっと早い年末のあいさつでみなさんをお送りしました。

とえだ