久しぶりに参加して

4年ぶりに大雪となり、その降り積もった雪が残り、足元に不安もある中でしたが、1月30日に荒井西集会所に集まったのは24人(エマオからは5名)。いつものように賑やかな七号地区仮設同窓会が開かれました。

私は1年振りにご一緒させていただきましたが、皆さんお変わりない様子で、久し振りの懐かしい時間を過ごさせていただきました。会長さんのご挨拶の後、Kさんの伴奏に合わせてのカラオケ大会…というか、みんなで歌集を見て歌うという「うたっこ」を楽しみました。お昼は「のりべん」でお腹も満たされ、午後からもう少しうたっこを楽しんだ後、今度は本当のカラオケ大会になりました。皆さん歌がお好きであることがよくわかりました。そして意外に(と言うと失礼ですが)皆さん、歌がお上手です。時に手拍子、時に踊りも交えて、楽しい時となりました。

 

 

 

 

 

 

皆さんが仮設住宅にお住まいの頃はどうしても女性中心の集まりになっていた印象があるのですが、今では男性の参加者も多く、比較的、家を出にくい男性にとっては、良い集まりになっていると思います。

 

 

 

 

 

仮設住宅が解消されて1年以上が経ち、日常の生活に戻りつつあるのでしょうか。以前よりも明るく、楽しんでおられる印象を受けました。その場に加えていただいたこと、本当に感謝しています。

横田明典(滋賀県在住)