笹屋敷Longお茶っこで『ささへあう』

もうすぐ3月11日を迎えます。

あの日、あの時…時が止まった場所があるかもしれません。どんどん復興している場所があるかもしれません。7年が経とうとしています。

私たちエマオの支援活動のスタート地「笹屋敷」は…どんな風に変わったでしょう?荒浜海岸の松林は、どうなったでしょう?

エマオでは3月11日2時46分を覚えて毎年「ささへあう」とし笹屋敷の方々といっしょに過ごしてきました。今年は3月11日が日曜日ということもあって前日の3月10日土曜日に笹屋敷町内会館において「おちゃっこ」の場を持ちます。「笹屋敷お茶っこ」は農業支援の撤退後、隔月の第一土曜日午前中に開催してきましたが、今回はロングバーションで行います。

10時から15時までオープン。14時46分には笹屋敷町内会館内で全員で黙祷します。

時間内、出入り自由です。

2011年からの写真を展示…またはスライド上映する予定です。

笹屋敷でワークに入ったことのあるお宅へちょっと顔出ししてみたり…

昨年4月30日から一般公開された「震災遺構・仙台市立荒浜小学校」の見学はおすすめです。当日の記録DVDの上映や屋上から荒浜・深沼地区、被災した沿岸部を見ることができます。

「ただいま、笹屋敷のみなさん!」「おかえりなさい、エマオさん」とあいさつできるような場となればいいかな、と思います。

ー概要ー

☆日時:3月10日(土)10:00〜15:00

☆会場:笹屋敷町内会館

☆笹屋敷への移動に関しては、各自で仙台市の公共交通機関を利用して下さい。移動方法は後日、続報でお知らせいたします。または仙台市交通局のHPで検索してみてください。

☆お茶やコーヒー、お菓子などのほかに温かい豚汁を準備します。軽食持参でご参加下さい。

☆町内会館からお訪ねしたいお宅や「震災遺構・仙台市荒浜小学校」、深沼海岸までの移動にのために、自転車を数台準備します。また、人数がまとまれば町内会館からエマオカーを出すことも可能です。

☆事前の申込みのフォームは特別ありませんが、メールでもお電話でも「行ってみたい」「参加したい」旨、ご一報ください。

☆行きたいけど・・・と思いながら参加できない方は、メールにてメッセージをお送り下さい。そのメッセージは笹屋敷のみなさんへお届けいたします。また、お茶っこ用にお菓子の差し入れがあればとてもうれしいです。

当日、準備段階から参加できるボランティアを募集いたします参加できる方は必ず事前にお申し込みください。朝8時30分からエマオ事務所にて朝のミーティングをして9時にエマオカーで出発いたします。

☆参加希望の方で前泊または当日泊の希望のある方は、教会への宿泊をご案内できますので、事前にお問い合わせください。

基本的に「お茶っこ」です。

かなりゆるい企画ですが「スローワーク」でいきましょう!

ご参加をお待ちしています。