美味しいひと時でした

5月16日は七郷地区仮設同窓会の昼食会でした。いつもより少ないよ!と同窓会の方から言われましたが、14名の方が参加。先月4月はこの昼食会がお休みだったので、みなさんがとても楽しみに待っていてくださいました。

メニューは親子丼とナメコと豆腐のお味噌汁、キャベツの浅漬け風サラダ、茎わかめの酢の物でした。仮設住宅の時から昼食会の準備を担ってくださっている食ボラさんたちはお肉が苦手な方用に特製他人丼も作ってくださって、みんなでプラ丼(プラスチックの簡易どんぶり)片手に食卓を囲みました。

 

 

食事中の話題は、先週5月8日のお茶っこの際に取材されたこの「仮設同窓会」の記事が5月10日にさっそく新聞に掲載されたことや、来月予定のさくらんぼ狩りのことなどを、久しぶりの食ボラさんたちにそれぞれの方が話して、いつも以上のにぎやかな集会所となりました。

 

 

食後には手作りのりんごのケーキが出されると「コーヒー飲みたいね」との声が上がり、「手作りのケーキとコーヒーなんて、贅沢だねー」なんて言っていただき、和みます。

 

この昼食会を待っている方がいらっしゃいます…食べてくださる方、作ってくださる方…それぞれがこの時間を楽しみにして、そして大切に思っていてくださっているんだろうなあー。

次回の昼食会はまた1ヶ月間が空いての7月17日を予定しています。食ボラのみなさんは「次は7月だからの、冷たいものなんかいいね」とメニューを考えてくださっています。感謝です。

Toeda