2017年度からのブログについてのお知らせ

みなさんこんにちは。
2017年度以降更新してきたブログについてのお知らせです!

ご周知が遅くなってしまい、大変申し訳有りません。

具体的な内容はというと、『カテゴリー』の変更についてです。

2016年度まではブログのカテゴリーを「エマオ仙台」「エマオ石巻」と分けておりました。
それを2017年度以降の記事については一括し、「エマオ」のカテゴリーのみにて公開をしております。

つきましては、ブログ記事を検索いただきます時に、2017年度以降の記事についてはカテゴリの詳細を指定いただいても検索結果に表示されない場合がございます。
検索いただく際には『エマオ』のカテゴリー選択をしていただくと該当の記事が見つかります。
どうぞよろしくお願い致します!

まとめると・・・

◎2016年度以前の記事  詳細なカテゴリーに分類されてきていた。
             例)エマオ エマオ仙台 ささっこクラブ エマオ石巻
◎2017年度以降の記事  カテゴリーは『エマオ』のみで共通

以上のように変更いたしておりますので、ご理解頂けますと幸いです。
ご報告が遅れてしまい、大変申し訳有りませんでした!

小雨の中でも…お茶っこです

今週に入って九州を通過した台風や北陸〜中国地方、そして昨日からの九州北部の大雨と自然の猛威が日本を襲っています。
被害に遭われた方々にお見舞いを申し上げるとともに、これ以上の被害が無いようにお祈りいたします。

一昨日7月4日、仙台は雨が降ったり止んだりと不安定のお天気でした。
でも「みんなに会えるんだから、ちょっとぐらいの雨はたいしたこど、ないっちゃ〜」と15名の方がいつもの荒井西集会所に集まりました。

今回は、みなさんお持ち寄りのお土産がすごいことになりました。
まさに「北は北海道から南は沖縄まで」…さらに出雲大社も千葉県の枇杷も…
たくさんのお菓子がお茶っこの話題を弾ませました。

また先日のサクランボ狩りの写真がみなさんに手渡され、その話から秋のお楽しみ会の話へと、話題は次々と広がって行きました。さあ、次はどんなお楽しみがあるのかしら!

そして台風被害が話題になった時、ある方が「避難所のニュース見ると、あの時のこと思い出すんだよなあー」とポツリとおっしゃり、すごく心が痛みました。

あの震災を共に乗り越え、今の「七郷地区仮設同窓会」へと繋がっている方々の強さと笑顔にいろいろと感じた「お茶っこ」でした。

とえだ

 

さくらんぼ狩り、行ってきました

6月24日土曜日、七郷地区仮設同窓会のみなさんと「さくらんぼ狩り」に行ってきました。

絶好の行楽日和。道路の至る所やローカルニュースでも、「さくらんぼ狩りの最盛期で交通渋滞が予想されます」とお知らせがあるので、若干の覚悟をしながら集合場所となるクロスモール荒井を出発しました。

参加者は総勢29名。同窓会から19名、一般参加が4名とエマオからはボランティアさん3名スタッフ2名+運転手さんでした。

 

ところどころ低速走行でしたが予定時間から遅れること約10分で、山形県東根市のS農園さんに到着。さっそくにさくらんぼ狩り開始です。

 

到着時の東根市の気温は29℃。

 

 

さくらんぼの木の下にいると、ことさら蒸し暑さを感じました。が、このたわわな実り具合。

甘く美味しいさくらんぼを、参加者それぞれに手に取り、かごに入れて無心にさくらんぼと向き合っていました。

 

 

味見をしながら、

よーく吟味し収穫中です!

 

さくらんぼでおなかがそこそこ満たされた頃、次はお楽しみの昼食です。

名物の芋煮汁までついたボリュームたっぷりのそば定食や和食膳など、みなさん、しっかりたいらげていました。その後はショッピングや冷たいソフトクリームなど楽しみ、帰路につきました。

帰路も渋滞を避けて早めにスタートしたので、スムーズに予定時刻よりも早い到着でした。

みなさん、お疲れも見せずよく食べ・たくさんおしゃべりし・よく笑い、まさに実り豊かな時間を過ごすことができました。

 

 

 

 

 

2014年に「七郷中央公園仮設住宅お出かけツアー」として始まったこのさくらんぼ狩りも恒例となり、今回で4回目。S農園さんも「エマオさん、来年もよろしくね、待ってるよ」との言葉をかけられ、帰路のバスの中では「来年も行きましょう!」とのS会長のひとこと。

天候に恵まれ、事故無く、体調の心配された方も元気で半日過ごされたこと…七郷地区仮設同窓会の方々やエマオを思って応援してくださる方々の前向きな気持ちの成せる業でしょう。

すべてに感謝して…報告でした。

とえだ

 

雨にもまけず

恵み野仮設団地お茶っこ。仮設在住のかた、復興住宅からの方などの参加があり、予想を超えて大勢になりました。被災前にいた地域のこと、通っていた学校のことなど話題は尽きません。今日初めての方もいらっしゃって楽しい一時でした。予報より早く午前中から雨の石巻でしたが、雨音を消すように賑やか。予報より早く午前中から雨になった石巻。雨音を消すほど賑やかで明るい談話室でした。また来月も会えるといいですね。

ワーカーさんからの差し入れは新潟土産の「カントリーマアム笹だんご味」。ごちそうさまでした!

同窓会お茶っこ

東京から久しぶりのワーカーさんを交えてのお茶っこ。懐かしい出会いがあり、会長はじめ同窓会員も懐かしいおしゃべりに花が咲きました。股関節手術のため入院していたKさんは、今日退院で病院から集会所へ直行!お元気な姿を見せてくださいました。 ずいぶんすっきりスマートになられたようです。食事療法の甲斐ありのようです。手前のビニール袋は会長からたくさんのお菓子が差し入れられたので、一人ひとりのお持ち帰りにしました。

次回は24日のサクランボ狩りです。天気にな~れ!

 

エマオ 小川

修学旅行のプログラムとして

今年も基督教独立学園高校の3年生が修学旅行のプログラムとして来て下さいました。午前中にオリエンテーションをして午後は被災地めぐり。あいにく月曜日は震災遺構となった荒浜小学校も閖上も新井駅のメモリアルも休み。ひたすらバスで移動して説明を聞いてもらいました。深沼海岸は波が荒く風が強かったのですが、高校生は波打ち際まで行って海を感じていました。笹屋敷ではSさんの証言も聞きました。一日の工程を終えて、被災地を実感した、との感想を聞きました。

終わりには感謝のコーラスを聞かせて下さり、素敵な出会いの一日でした。

ささっこ同窓会ワーカー募集

みなさんこんにちは!
ささっこクラブ同窓会からワーカー募集のお知らせです!

日時:2017年8月8日〜10日

※宿泊先はエマオにてご用意いたします。
また9〜10日は笹屋敷町内でのお泊まり会を企画しております。

集合・解散時間:8日午前8時頃エマオ集合 10日午後3時頃エマオ解散
活動に必要な持ち物:動きやすい服装・靴
同窓会としての希望:これまでにささっこに参加したことのあるワーカーの参加

震災から7年目の歩みを持つ中での変化をささっことして受け止めた結果、ささっこクラブは今年度より、同窓会としての活動に切り替わります。
それによりこれまでは月に2度の定例活動を行っておりましたが、今年度は年に3回のプログラムの運営となります。

この夏休みのプログラムは、ささっこ同窓会として初めての活動です。
正直、どんな会になっていくか想像しきれていません。

ぜひ、これまでささっこを支えてきてくれたワーカーのみなさんに助けていただきたいです。
各日程定員8名での募集になります。

ぜひぜひご参加をご検討ください!^^

参加できる!という方はエマオ(tohoku.uccj@gmail.com)までご連絡ください!
件名は『ささっこ同窓会ワーカー申し込み』
本文に『氏名・性別・生年月日・住所・連絡先(未成年の方は緊急連絡先を明記してください)・宿泊希望の有無・(過去のささっこへの参加時期)』を明記の上お申し込みいただけますと幸いです。

 

併せて開催に必要な下記のものについて献品の募集をしております!

・スイカ割り用 スイカ2個くらい
・お泊まり会夜ご飯BBQ&朝ごはん調理用 炭5~8キロ程度
・お泊まり会夜ご飯BBQ用冷凍食材(クール便)
・ささっこ水遊び用 水鉄砲 10個以上あると嬉しいです・・

たくさんの皆様に支えられて活動が継続できることを嬉しく感謝しております。
もし献品をしていただける方は、事前にエマオまでご連絡いただいた後に発送していただけますと幸いです。
ご連絡先は電話(022-265-0173)メール(tohoku.uccj@gmail.com)です。
どうぞよろしくお願いいたします!

今月中にはようやく子どもたちにも年間予定のお知らせができそうです。
エマオは新体制になり、メンバー縮小の中走り続けて気がつけば6月でした。
当日まで残り2ヶ月、しっかりと準備をして迎えたいと思います!

ワーカー募集、そして献品、どうぞよろしくお願い申しあげます!

ささっこ担当 みゅう