歌って笑って、脳トレです

1月17日、祝田仮設住宅の談話室は歌声と笑い声で賑わいました。

おなじみ、純さんのうたっこでした。

「今日は『うたの本』1番から歌うぞ!」の掛け声で歌いだし、「歌うのも笑うのも脳を活性させるんだよ」の参加者の一言に真面目に丁寧に1曲ずづ歌っていきます。1曲ごとに笑い話やネタ話が入るので歌ったり笑ったり、その合間にお菓子をつまんで・・・忙しいのですが確かに脳トレになりますね。

今回は参加者のお一人が差し入れくださった「柿なます」です。豪快なまでの干し柿入れですが、干し柿をお酢が絶妙な加減で美味しくいただきました。これを食べたら声もよくでます。

次回は「うたの本 1」10p.からですね。

toeda

 

 

 

春を感じるメニューでした

1月16日火曜日は七郷地区仮設同窓会の新春ランチ会でした。

昼食会は、まずはエマオのキッチンで準備していきます。この回は、これです↓

そして会場の荒井西集会所に行ってから完成させます。こちら↓です。

かき揚げうどんといなり寿司。デザートにはフルーツヨーグルト。お漬物は同窓会の方々からの差し入れです。

この日は参加者17名。デイサービスよりもエマオの昼食会に足を運んでくださった方や「ごめんね、食べ逃げで。いなり寿司包んでちょうだい、次のところで食べるからね」とうどんだけかき込んで帰られた方などなどでした。「今日のは、バランスはいいねえ」とちょっとうるさ型の方から、初めてお褒めをいただき食事ボランティアさんも苦笑い。食ボラさん、いつも美味しいメニュー、ありがとうございます。みなさん「あー、お腹いっぱい」の笑顔です。美味しい月1回火曜日でした。

 

toeda

 

 

 

 

楽しみに待っていました、との声に支えられて。

1/18はあすと長町市営住宅での映画会。2か月に一度のこの会を楽しみに待っていて下さる方々。今日の参加は7人。「風邪をひいているので残念だけれども休みます」「用事があるので・・・」と言いに来てくださる方もいらっしゃいます。この日は三谷幸喜の「ザ・マジックアワー」。ストーリーの展開が早く、最初はついていけない方もいらっしゃいましたが 、途中から笑い声も聞こえていました。

映画を観た後はお茶っこ。参加者手作りのリンゴのワイン煮をおいしくいただきながらのおしゃべりタイムでした。

 

 

 

 

お茶っこ初め

あけましておめでとうございます。

被災者支援センター・エマオ、1月6日からスタートしました。今年もよろしくお願いします。

1月9日、松の内も終わり日常生活に戻り、さっそく七郷地区仮設同窓会の「お茶っこ初め」です。みなさんお正月の疲れや体調不良なども見られず元気に参加。この日も18名、出席率がだんだん上がって来ています。

なまったカラダをほぐしましょう、と全員でラジオ体操。座ったままでも大きく腕を振っていらっしゃいます。そしてお茶っこのお供のお漬物の差し入れの数々。昼食を挟んで、それぞれにお正月のことなど近況を話し合っていました。

昨年、参加できなかったボランティアのみなさん、今年もお茶っこは続きます。お待ちしています・・・

toeda

 

 

また会いましょう!!!

「ささっこクラブ同窓会」2日目は書初め(書き終わり?)。冬休みの宿題で書いていかねばならない子もいて、熱心に書きました。

 

 

 

 

書道の後は昼食。その後はお楽しみのケーキ作り。4つのグループに分かれて、ケーキの台、フルーツ、生クリームをもらって作ります。それぞれグループの個性ある作品が出来ました。できたケーキを食べて、美味しーい!!

 

 

 

 

結構たくさん食べたのですがまた余分にできたパンケーキも食べた子もいたとか。よほどおいしかったようです。みんなで作って食べたらおいしいよね~。ケーキの後はまた外遊び。この日も時々雪が舞いましたが寒さは気にならず、部屋の中では半そでシャツで過ごした子もいました。元気に遊んだあとはお片付けをして、さよなら。この日のミーティングでも、以前のように子どもたちを叱ることがなかった、と嬉しいやら、ちょっと物足りないやら、子どもたちの成長を感じたスタッフとボランティアでした。

次回は3月末です。またさらなる成長を感じさせてくれるのでしょう。お楽しみに。

おひさしぶり!

2017年エマオ最後のイベントは「ささっこクラブ同窓会」。12/27は雪が舞う日でしたが、みんな元気いっぱい。笹屋敷公会堂前の広場で、縄跳びをする女子。石場の広場でサッカーをしてボールを追いかけて、雪が降る中で汗をかく若者たちと子どもたち。部屋の中でカルタをする子。それぞれに夏以来の出会いを楽しんでいました。

 

 

遊んで汗をかいた後は鍋パーティー。具沢山のみそ仕立ての汁をお供にそれぞれ持参したお弁当をもぐもぐ。

 

食事が終わったらプレゼントタイム。「はーい、一人ひとつづつもって下さい。おや? 2つ3つもっているのは誰ですかー」。掛け声をかけながらプレゼントを回して、ストップの声がかかった時に自分の手元にあるものをプレゼントとして受け取りました。卓球のラケット、かわいい消しゴム、ぬいぐるみ、ひざ掛けなどなど。

 

 

 

 

午後はもらいたてのプレゼントを使っての遊び。また石場でサッカーする面々もいました。3時になり、また明日、と散会しました。昼食時に、静かにしなさい、と言わなかった、騒ぐな、も言わなかった、子どもたちがすごーく成長した、とボランティアのミーティングでの驚きの声が聞こえていました。

おがわ

吹雪でも心はあたたか!

12月27日、全国的に爆弾低気圧の影響で大雪、吹雪の荒れた天候でしたね。

この日はエマオ石巻からもう6年くらいお茶っこや訪問をさせていただいているDさんとのお茶っこでした。Dさんはなかなか復興住宅が決まらず「もういいんだ、ここで」などとおっしゃることもありましたが、今年9月に石巻市の仮設住宅集約に伴い、関の入仮設住宅からすぐ近くの旭化成仮設への移られ、いよいよ1月には念願の復興住宅への引越しされます。

「今日は最後のお茶っこだからね」と何度もおっしゃいましたが「新しい処にも来てくれるんでしょう。待ってるからね。」とも。うれしいお誘いです。

参加された方が持ち寄ってお惣菜でテーブルがいっぱいに…またDさんお得意のお赤飯をたくさん炊いて待っていてくださって「忘年会やっぺし!」とにぎやかな昼食会になりました。

昔の数え唄を歌ってくださったり、ご自分が住んでいた雄勝の浜のことを教えてくださるなど終了時間を忘れてのお茶っこでした。「こんな吹雪の中、わざわざ来てくれてありがとね。気をつけて帰えらいんよ。(←宮城弁)」と送り出してくださって、私たちエマオがDさんたちに寄り添ってもらっているようでした。

吹雪の中でも心温まるひと時でした。

toeda