いしのまきっこ広場 春休みスペシャルDAY 2@釜会館

2日目(30日)は、エマオ石巻の拠点があった築山に会場を移して開催しました。

9名の小学生が集まってくれました。ワーカーは、東京と多賀城市から8名(うち明治学院東村山高校から4名)、スタッフ2名です。

こども達、みんな慣れた様子でウキウキしながら2階への階段を上がり、受付もそこそこに「どこに荷物置くの~~~?」との声がしたかと思うとホールの中へと走り出します。
今回は、パイプ椅子を丸に並べての朝の会。
椅子があると意外と早く落ち着きます。

今日も自己紹介を兼ねてなんでもバスケットから始まり、その後ラジオ体操。
が、ここでトラブル発生。
ラジオ体操用のラジカセ、CDの再生ができません!調子が悪かったのですが、とうとう壊れてしまったようです!
しょうがなく、飛先生のスマホでラジオ体操をかけながら曲を口ずさんで体操。

ラジオ体操が終わると、女川町のダンボルギーニの工房で作っている紙飛行機を飛ばす工作やプロペラシューターを作ったり、外での遊びや、鬼ごっこ。

今回もみんな走ります、走ります。
「タイム」という声がこどもから何度か聞かれる程、走り回りました。

午後は、ホール内でいっぱい遊んだあと、外で、タッチ鬼、氷鬼。

中に戻ってからは、今日のハイライト。
チョコフォンデュの準備!
わくわくします!
みんな遊び疲れていたのに、集中力が回復しました!

フォンデュ用ホットケーキをたこ焼き器で焼いて、

イチゴやバナナを切って

いよいよフォンデュタイム。

最後に外でドロケイをしてから中で終わりの会。

今年度最後のまきっこでしたが、この2日間、大きな事故もなく無事に終わりました。

こどもたちをまきっこ広場に預けてくれた保護者の方々、高校生のワーカーを送って下さった保護者の方々、高校生ワーカー、高校生をボランティアで引率してきたワーカー、大学生ワーカー、元専従者のワーカー、エマオの活動の為に献金をささげ石巻の為に祈りつづける支援者の方々がいなければ、できなかったイベントです。
心より感謝申し上げます。

4月以降もいしのまきっこ広場を継続します。
次回は、夏休みの予定です!

エマオ石巻
田尻 拓

いしのまきっこ広場 春休みスペシャルDAY 1@栄光幼稚園


何年ぶりかに栄光幼稚園で開催するいしのまきっこ広場。
3月29日、6名の小学生が集まってくれました。
それぞれ過去にまきっこに参加したことがある子たちで、懐かしい顔ばかりです。
対するのは、ワーカー7名(うち明治学院東村山高校から4名)、スタッフ3名です。
お互いにあんまり遠慮がありません!

朝の会を始める前に、園庭で遊んだり2階のホールでお絵かきしたりと自由に時間を過ごしました。その後、自己紹介ゲームをしたり、外で鬼ごっごをしたり。4年生になる子たち、なかなか、足が速いです。

ひとしきり遊んだあとは、さらにドッジビー。
やわらかいフリスビーを使ったドッジボールです。

午後は、食後ゆっくりと暖かい室内でおしゃべりしたり、勉強を見てもらった後は、ワーカーのピアノ生演奏による椅子取りゲーム!



椅子取りゲーム、ワーカーも真剣にやります。
大人げないなんて言わせません。
でも最後は、座布団になるのですが、腰を下ろす高さが低いこどもの方が大人より断然優利になります。

外に出て、ドッジビーのつづき。
1時間ほど(6ゲームはやったでしょうか)やって、「まだやりた~~~~い!」との小学生女子の声。
こどもは体力あるなーとの高校生の声。
少し休憩をとって再開しました。
ワーカー、スタッフらの足がとまり始めた頃、ホールに戻り、たこ焼き器を使ったホットケーキ作り。チョコレートやコーンフレークを入れたものです!


終わりの会では、みんな満足そうにしてくれてました。

エマオ石巻 
田尻 拓

エマオ石巻事務所@栄光幼稚園

築山の拠点から栄光幼稚園に引っ越してはや一か月。幼稚園は春休みになりましたが、保育がある日の平日に昼間に室内にいると園児の元気な声が聞こえます。たまに顔を合わせると「こんにちは」と挨拶の言葉をかけられ思わずニコニコ顔になるエマオスタッフ。「だ~れ?」と聞かれ「エマオの○○です」と応えると納得顔の園児たち。子どもたちに元気をもらっています。

園の駐車場が角地にあり、朝夕は車の通行が多いのでエマオも車の出入りに慎重さが求められます。事務所は2階にある20畳ほどの和室一部屋。エマオが来るまでは保育用具が置かれPTAも使っていた部屋。先日園長先生がのぞいて、キャー事務所になってる、と感動。使って下さってありがとう、と言っていただいて、こちらこそありがとう、です。

4月から新体制になるエマオ。石巻でも新しい拠点から今までと同様に仮設にお住まいの方々、復興住宅に移られた方々、在宅で関わりを持っている方々への「より添い」を続けていきます。

エマオ石巻
小川 幸子

昼食会@渡波大森仮設団地

3月15日(水)渡波大森で昼食会を開催しました。
隣の浜の祝田から女性4名が参加されました。
それぞれ家族と暮らしていたり、独り暮らしだったりします。

ワーカーは北海道から1名と仙台から2名、スタッフ5名で準備にあたりました。
メニューは、仙台からの仕込みでチラシ寿司となめこと水菜のみそ汁に差し入れのホウレンソウと海苔の和え物、昆布煮、いちごとりんごの煮込み。

参加者は女性だけでしたが、みな笑顔で完食。幼馴染みの話や親せきの話など、和やかにおしゃべりされていました。ゆったりと流れていく時間の中で、ご本人たちの暮らしぶりが伝わってきます。

泥かきから始まった関係がモノづくりやお茶っこに発展し、今日まで関係がつづいてきましたが、スタッフ一同、祝田の方から力をもらいつつ石巻でのワークに今後も挑んでいきたいと思います。

エマオ石巻
田尻 拓

2月のうたっこ@元浦屋敷&青葉西第二仮設団地

声楽家の柚季純です。
先月(2月)の、仮設団地でのうたっこ&お茶っこの様子をお伝えします。

2月16日(木)午前中は元浦屋敷仮設団地にお邪魔しました。
こちらの仮設団地は転居された方が多く参加者が極めて少ない中、この日はエマオスタッフ・ワーカー含め女性のみの会となり「今日は女子会ですね!」などと冗談を言っておりましたら、参加されたMさんから、かわいいいちご大福の差し入れをいただき、エマオからお持ちしたお菓子や果物なども並び、春を思わせるような女子会らしいお茶っことなりました。
話が盛り上がったところで、折角ですからなにか歌いましょうか、という流れになり、うたっこコーナー。

女子会の雰囲気だからでしょうか、昭和の懐かしい歌のオンパレードで「うたの本(エマオオリジナルの歌詞の本)」にはない歌までリクエストをいただき、大いに盛り上がりました。

何気ない話で終始笑顔が絶えず、楽しい会となりました。
仮設団地から復興公営住宅へ転居される方が多く、それぞれが様々な思いを抱えて過ごされている今ですが、こうしてこれからもお付き合いを続けながら、少しでも安らぐ時間を共有できたらと思います。

午後は青葉西第二仮設団地へお邪魔して、コンサートをしました。
こちらは復興公営住宅へ転居された方が多く、皆さん比較的お近くに住まわれていますが、仮設団地におられた頃のように日々顔を合わせて共に過ごす時間が減ってしまい、度々こうして仮設団地の集会所をお借りして集まっていただくような企画をしています。

午前中に別の場所にお出かけになられていた方がその場でご案内を下さり、初めましての方も多数参加され、賑やかな会となりました。

童謡・唱歌や、懐かしい歌など中心にちょっと春を先取りしたプログラムを、お茶やお菓子、果物と共にお楽しみいただきました。
長いこと深いお付き合いをしていただいている青葉西第二の皆さんだからこそできるコミュニケーションがあり、そこへ新しいコミュニティが加わり、これからこういった機会が増えていくといいなと思います。
それと同時に、今までのお付き合いを大切にしていきたいと思います。

うたっこ@青葉西第二仮設団地

2月16日午後は青葉西第二仮設団地の談話室で純さんコンサート。

久しぶりに談話室でのコンサートです。エマオが行くとすでに皆さん集まって待っていらっしゃいました。準備をしていると、ご婦人がたが続々と参加。

午前に地域婦人会の集まりがあったので、その人達を誘ったとのこと。思いがけず賑やかなコンサートになりました。「知っている歌は一緒にどうぞ」との声に誘われて、一緒に歌いながらのコンサートでした。

エマオ石巻 小川 幸子