七郷地区仮設同窓会 一泊お泊り会 総会


3月19日(日)~20日(月)七郷地区仮設同窓会の1泊お泊り会・総会がありました。
この日は、総勢18名(同窓会関係11名、エマオ7名、夕食のみ参加1名)。場所は松島のホテル壮観でした。到着後、休憩。お風呂に行く人、部屋で話して過ごす人がいました。

メインの同窓会総会では、事務局からいろいろなアイディアが出されました。この日は、平日お茶っこに参加できない働いておられる方も参加できました。エマオ共催のお茶っこや昼食会・イベント、仮設に関わったいろいろな団体の方と関わり企画をしたいことなど、会長を筆頭に次年度のことが話されました。

懇親会では、みなさん一言ずつ近状を話され、毎日通っている習い事のことや、興味のこを話されました。

そして、新スタッフと、去るスタッフからもあいさつをさせていただきました。同窓会の方からプレゼントがありました。

お待ちかねの、カラオケタイムでは、同窓会のメンバー全員が歌いました。
掛け合いがおもしろく、とても楽しい会でした。

場所を移しての二次会は全員が参加。

話を聞いていると、家では話せない、このつながりの中だから、仲間っこだから話せること、話したいことがたくさんあるのだなと感じました。集団移転地とは別のところに、引っ越した方もいらっしゃいますが、毎回同窓会に来られています。

次の日は、朝から朝食バイキング。混んでいましたが、部屋ごとに食べ終え、
ホテル出発し、松島観光物産館でお土産を買いました。来られなかった方もいたのですが、気遣う声がありました。

ひとつひつの会話の内容は書ききれないのですが、
これから、七郷地区仮設同窓会が続いていくことを願っています。

仙台スタッフ
ちさ

まさしさん、次の任地へ

2017年3月末で、被災者支援センター・エマオは、大きく体制を変えます。
今日は、現体制で最後の合同スタッフ会でした。

まさしさんは、明日、次の任地へ異動します。

スタッフからまさしさんへ、心からのプレゼントを贈りました。
一人ひとりのメッセージが入った帽子と…

仙台では超有名な支倉焼

 今回は特別に、「祝」のメッセージを入れてもらいました。

『ささっこはるやすみ 』ワーカー募集中

期間:3月29日(水)・30日(木)・31日(金)10:00~15:00
会場:笹屋敷町内会館
内容:ささっこの「卒業・進級」を記念してみんなの「知恵」を結集した今年度最後の企画を進めています。
3月18日(土)の例会ではささっこによる「はるやすみ企画会議」を行い準備します。ワーカーとしてささっこの一緒に遊んでくださるワーカーを募集しています。
期間中の宿泊は従来通りエマオで受け入れ準備をしております。詳細はエマオ仙台までお問合せください。

元荒井2・7号仮設昼食会の報告

2月2日(木)、七郷市民センターで、標記の会をもちました。出席は仮設関係者7名と食事ボランティア4名とワーカー&スタッフ4名。中華飯、餃子入りわかめスープをメインに差し入れを含む各種漬物、期待のデザートはプリンなどの豪華版。この日参加したワーカーの井上節子さんは、教員生活退職後、JICA・シニアー・ボランティアとして2年半ネパールの子どもたちの教育支援に携わった体験を食後のテーブルスピーチでしてくださいました。国が異なっても元気に遊び、働き、学ぶお話に、参加した皆さんも共感しきりでした。(仙台スタッフ まもる)

12月のささっこクラブ

みなさんあけましておめでとうございます。

年が明けてしまいましたが、12月のささっことささっこ冬休みのご報告をさせていただきたいと思います。
(先にご報告した餅つき大会はこちらをご覧ください → http://emao311.org/archives/8241)

 

まず12月3日に行ったささっこですが、この日は「クリスマス準備会」を行いました。
続きを読む →

七郷地区仮設同窓会 クリスマス会

12月20日(火)七郷地区仮設同窓会クリスマス会がエマオで開催されました。
同窓会の方たち、教区センター、教会ボランティア、ワーカー、スタッフ含め総勢53名。

同窓会の20名の方にいつもの荒井地区とは離れたエマオまで来ていただいての開催でした。同窓会は人数が増え、元荒井2号仮設の方も加わりました。

続きを読む →

「セミの鳴き声を願って」

台湾から素敵なクリスマスメッセージをいただいたので紹介します。
2015年夏に台湾チームの通訳として手伝って下さった許澤瑄(ワーカーネーム:ゆか)さんが、2015年JAL日本語スピーチコンテストで、エマオでの体験をスピーチし、見事優勝されました。そのスピーチ原稿を送って下さったのです。スタッフだけの共有ではもったいないと思い、ご本人から許可をいただき、掲載いたします。ぜひご一読下さい。

———————————————————————
「セミの鳴き声を願って」 中國文化大學日文系 許 澤瑄
続きを読む →