新年度のお知らせ ②

2017年4月以降の新体制移行準備として。

twitterアカウント:uccj_tohoku@、Emma_Sasa@
Ustreemアカウント:UCCJ_Emmaus@

を削除いたしました。

長い間お付き合いくださり、ありがとうございます。

2017年4月から体制が変わります

「祈り」「スローワーク」をこれからも大切にしつつ、次の3点に集中した活動を継続していきます。
1)いまある関わりを「仮設の最後まで」
2)新しい生活の場を構築するお手伝い
3)「被災地のいま」と出会う場の提供
具体的には石巻では仮設住宅・復興住宅訪問、おちゃっこ、うたっこなどを続けます。仙台では元仮設入居者の方たちによる「七郷地区仮設同窓会」サポート、長期休みに限定した「ささっこ」、孤立しがちな方への訪問を続けていきます。

石巻拠点は3月より栄光幼稚園園舎2階和室へ、仙台拠点は3月半ばより同じ教区センター内のテナントB号室へ移転します。

日々のワーカー受け入れは3月11日をもって終了し、近隣の教会ボランティアやリピーターそして「ささっこ」などの各イベントに合わせた受け入れになります。

スタッフ体制も14名から4名(小川幸子、戸枝季子、菊池護、鎌田仁美)になる見込みです。大幅な予算削減によりスリムになるエマオですが、今までと変わらず「スローワーク」を繋げていきたいと願っています。

また、お問い合わせは、tohoku.uccj@gmail.comで受け付けます。
※ tohoku.uccj.volunteer@gmail.com、tohoku.uccj.ishinomaki@gmail.comは、折を見て閉じます。

これからもお祈りとご支援をお願いいたします。
スタッフ一同

『エマオへの道 vol.2』を発行しました

3月11日に活動報告書『エマオへの道 vol.2』を発行しました。
これは、2013年3月に発行されたvol.1の続編として、被災された方2名のインタビュー、エマオ関係者(専従者、スタッフ、ワーカー)による3つの座談会、2013年3月以降の4年の歩み、そして「次への備え」としての提言がまとめられています。
中身はどんな感じかなということをお伝えしたくて、目次を抜粋しました。
続きを読む →

3/10はエマオワーカー・リユニオン

3月10日(金)夜、「エマオワーカー・リユニオン」が東京でもたれます。4名のスタッフ(小川幸子、戸枝季子、菊池護、畑屋武志)を派遣しますので、お近くの方はぜひご参加下さい!


震災から6年を迎えようとしています。被災地、被災者と呼ばれた場所も人も大きくかわりました。そして、私たちの集ったエマオもこの3月、これからの活動のために一つの転機を迎えます。
エマオに関わった皆で今までを振り返り、これからを想うひと時をと願い、ワーカーの同窓会を企画しています。現在の笹屋敷や石巻の状況や出会った懐かしい方々のスライドショーやビデオメッセージ、現在と歴代のスタッフも集います。
6年を迎えるこの時、想いと祈りをもって集ってくださったワーカーの皆さんと、あの震災の今までと「これから」を分かち合いましょう。
また当日17:30~19:00、隣接のスコットホールにて「6年を祈念する礼拝」が行われます。ご都合つく方はぜひそちらにもご出席ください。

「東日本大震災6年を覚えて〜エマオワーカー・リユニオン〜」

日時:3月10日(金)19:30-21:00
会場:日本基督教団事務局(〒169-0051 東京都新宿西早稲田2-3-18-31)※東京メトロ東西線「早稲田駅」徒歩6分、副都心線「西早稲田駅」徒歩12分
問い合わせ先:真壁 巌(iwaox01@jcom.zaq.ne.jp)、野田 沢(takunoda@gmail.com)

メールマガジン第61号を配信しました

 

 本日、メールマガジン第61号を配信しました。
 
 お手元に届いているでしょうか?
 
 メールマガジン配信を申し込んだけれど、届いていないという方。
 大きな転換点を迎えようとしている「支援センター・エマオのいま」を知りたいという方、
tohoku.uccj@gmail.comまで、お名前と配信してほしいメールアドレスをお知らせください。

 現在、メールマガジン配信先リストの更新を進めています。
 所属が変わるなどで、メールマガジンをお届けできない方が増えています。
 
 引き続き配信を希望される方は、tohoku.uccj@gmail.comまで、連絡をお願いいたします。
 
 おともだちにも、お知らせくださるとうれしいです。

『スローワーク vol.17』発行しました。

 『スローワーク vol.17』の編集を終え、印刷業者さんにデータを送りました。
 印刷が上がり次第、順次、発送していきます。

 今回は、新年度からの大切なお知らせも掲載されています。
 どうぞ、お読みください。

 最新号を含めたバックナンバーは、こちらをご覧ください。