「エルピスくまもと」からのお礼状

「エルピスくまもと」HPに最近アップされたブログ記事「11月12日〜2017年2月3日☆活動報告」を何気なく読んでいたら、中ほどに「エマオのみなさま」と題したお礼状がありびっくり!
ここに記載の「こたつセット」と「ホットカーペット」は仮設で未使用だったものを、熊本・大分地震の被災地に送ってほしいと預ったものでした。
感謝感謝。
続きを読む →

「エルピスくまもと」派遣活動報告(田尻拓)

2017年1月24日~28日と、東北教区より田尻拓スタッフを「エルピスくまもと」に派遣させていただきました。
その活動報告を掲載します。リンク先pdfファイルをお読み下さい。

仮設支援が始まる中で、「エルピスくまもと」の働きも浸透しつつあること、しかし被災地としてはまだまだ課題が多く取り残されている面もあることに気付かされます。
引き続き、エマオとして熊本・大分地震被災地のことを祈りに覚え続けていきたいと願っています。

「エルピスくまもと」派遣活動報告(柴田信也)

2016年10月17日~22日と、東北教区より柴田信也スタッフを「エルピスくまもと」に派遣していただきました。
その活動報告を掲載します。リンク先pdfファイルをお読み下さい。
なお、エルピスくまもとのホームページにも、この期間の報告が掲載されています。あわせてお読み下さい。

避難所から仮設へと移る転換期の中で、「エルピスくまもと」の働きもより深まり、中長期支援へと移行しつつあります。引き続き、エマオとして熊本・大分地震のことを祈りに覚え続けていきたいと願っています。

「熊本地震」⑦ エルピス熊本の「ドリームカフェ」

熊本から仙台に戻って来て、2週間になります。今も熊本の被災地ではまだまだ多くの方が避難所暮らしを余儀なくされていること、また仮設に移られた方たちを覚えて祈り続けています。

在日大韓基督教会(KCCJ)と九州教区が共に「エルピス熊本」というボランティアセンターを立ち上げ大切な働きを繋げています。
外部から沢山のワーカーを受け入れるセンターではなく、小さくても丁寧な出会いを避難所での「ドリームカフェ」で繋げていく、そのようなセンターです。
皆さんもぜひ、「エルピス熊本」を覚えて、お祈りと献金でお支え下さい。

エルピス熊本

エマオ仙台専従者 佐藤真史

熊本地震被災地訪問

エマオでは熊本・大分地震のことを祈りの中に覚え続けています。
そのような中で、7月18日〜23日にかけて東北教区より熊本へ派遣していただきました。
被災地ではまだまだ避難所生活が続いています。これから腰を据えて息の長い活動が必要だということを再度気付かされました。
報告書を作成しました。お時間のある時にお読み下さい。

エマオ仙台専従者 佐藤真史

「熊本地震」⑥九州教区からの発信(4/30)

◯九州教区からの発信(4/30)
4月30日に持たれた九州教区『熊本地震』救援対策本部会議の報告がアップされています。忍耐強い継続的な働きに心から敬意を表します。少しずつ支援環境が整えられつつある様子です。エマオでは、お祈りと募金を引き続き継続していきます。
大切な情報ですのでぜひ本文をご一読下さい。以下に要点のみまとめます。

1.状況および判断
・外部からの支援物資へのニーズは終わりつつある。
・避難者37,000人余(27日現在)、信徒にも居宅損壊した方がいる。
・現地拠点責任者へのサポートが必要。
・別府地区の被害が大きい。
・各教会の建物損傷状況はまだ把握出来ず。

2.方策
・被災者への物資提供を継続。必要物品は極力現地調達。
・「武蔵ヶ丘ピンポンCafé」@武蔵ヶ丘教会を継続。
・信徒宅片付けなどのワークへシフトしていく。
・両地区への仮払金を給付。
・今後は、必要に応じて他地区からの協力・支援を求める。
 ‐熊本YMCAと打合せの時をもつ。
 ‐教区内外からの支援者の宿泊場所選定開始。
 ‐教会建物損傷の調査開始。

3.各地区・各教会への支援給付金
・「熊本地区現地対策本部」、被災各教会・伝道所などへ給付金を支給。