本・雑誌

被災者支援センター・エマオの活動についての本や雑誌を紹介いたします。

2017年3月11日に活動報告書『エマオへの道 vol.2』を発行しました。
これは、2013年3月に発行されたvol.1の続編として、被災された方2名のインタビュー、エマオ関係者(専従者、スタッフ、ワーカー)による3つの座談会、2013年3月以降の4年の歩み、そして「次への備え」としての提言がまとめられています。

お入用の方は、1冊300円(送料別)でお分けします。支援センターまで、お名前、お送りする住所、ご希望の冊数をお知らせください。

 


kibou     野田沢『希望をつむぐ被災者支援センター「エマオ」の取り組み』(いのちのことば社、2012年)
「痛み、悲しみ、苦しみ、そして絶望の中にある人々に対しては、小さな力だと思います。けれども、私たちといっしょに何かできませんか。いっしょになら何かを見いだすことができませんか」と、この地でのボランティア活動をお願いした。菅原さんは私の話を最後まで聞いてくださった。 そして、「この出来事を、私もただ絶望で終わりたくない。ただ失っただけで終わりたくない。何か得るもの見つけたい。この地域を取り戻したい。ひとつにしたい」と言ってくださった。(本文より)

震災直後立ち上がったばかりの被災者支援センターで活動した野田沢さん(SCF=学生キリスト教友愛会主事)が書かれた、エマオの活動の歩みや活動に関わる思いなどがいっぱいつまった本です。七郷地区笹屋敷でボランティアの道が開かれていったときのことなど、エマオの活動に心を寄せてくださる皆様にぜひお読みいただきたい内容です。どうぞお近くのキリスト教書店でお求めください。なお、この本の印税すべては被災者支援センターエマオの活動にお献げいただいています。


kibou
Emmaus Activities Report in English (Published in 2013 March)

As a result of Great East Japan Earthquake on March 11 2011, Tohoku area suffered tremendous damage by the quake and tsunami. In order to help the recovery work in the area, United Church of Christ in Japan Tohoku district found Tohoku Disaster Relief Center Emmaus. The center has recruited volunteers and sent them to coastal areas in both Sendai city and Ishinomaki city for the recovery works. In reaction to our calls, many people came to visit Tohoku and joined our activity not only from Japan but also from foreign countries.

The center has composed the activity report to describe our activities for those who have prayed for us, supported us, and pro-
vided us with financial help. By doing so, we believe we can demonstrate how your supports are being utilized in our recovery work in more detailed manner. This is both our duty and pleasure

We sincerely appreciate your continued prayer and support for the disaster area. You have made it a priority to have someone else in your life. This, I believe, is an explicit way to demonstrate the faith of people who are called to form a church by God’s calling.

Our path will continue, and we need support for that. The land of Tohoku still requires helping hands from many. We kindly plead with you to keep having this area in your heart and mind.

Your Sincerely, Kazuaki Ueno