メールマガジン第14号

<3.11準備号(3) 15号>



◆◇被災者支援センター・エマオ メールマガジン【第13号】◆◇
◆◇2013.3.11◆◇
あの日から二年が経ちました。
奪われた多くの命、傷ついた多くの命があります。
その中で、小さいながら繋げてきたスローワークを通して、与えられた沢山の希望がありました。
今日は、笹屋敷のみなさんとお祈りを共にします。
みなさんもそれぞれの場所でお祈りしましょう。

━━━━━━━━━━
■ 今号のラインナップ
[1] わたしたちの思い
[2] 色とりどりの復興メッセージ by 南紀恵
[3] 4月7日(日)から、エマオ仙台の活動日が火曜日~土曜日へ
━━━━━━━━━━

[1] わたしたちの思い

2011年3月11日から始まった思い
自分に何かできないだろうかと考えた
そこで、勇気をもって被災地へと向かうことにした
それまでの自分に自信があったわけでもなく
むしろどこか欠けたような日々の中で
ただ悲しんでいる人のために
寄り添うことだけを願ってきた
地域が、生活が壊された人を見た
あの瓦礫の山と大量の泥を見たとき
自分の力が無力に思えた
ただ自分にできることを考え
自分にしかできない小さな働きをした
「元気になれた」と言われた
するとわたしも元気になっていた
東北は遠い場所でした
しかし、心から離れない場所となったのです
わたしたちは未来まで創造したいのです
これから10年、20年、30年先まで
どうぞよろしくおねがいします
ありがとう

[2] 色とりどりの復興メッセージ by 南紀恵
 東日本大震災があった年から、二回目の3月11日を迎えようとしています。立町復興ふれあい商店街(石巻の仮設商店街)では、3月11日に備え復興へのメッセージを募集しているとのことだったので、エマオ石巻のスタッフやボランティア、またつながりのある被災者の方々にもご協力をお願いして、メッセージを書いていただきました。
「頑張っているよ」という被災地に住む方からの言葉、ある小学生の男の子は将来の夢、ボランティアから被災地への励ましの言葉、寄り添いの言葉……色紙の色彩もさることながら、いろいろな視点からの復興へのメッセージが集まりました。
 3月11日は多くの人にとっての「命日」です。人それぞれいろいろな過ごし方があり、いろいろな弔い方があると思います。甚大な被害を蒙った石巻では、各所にて3.11を憶えて慰霊祭や式典やイベントが開かれようとしています。
 私は震災後に県外から来た人間です。どれだけの時間を被災地で過ごそうとも、3.11を経験していないことに変わりはなく、被災した方々の悲しみ、痛み、憤り…その気持ちを完全に理解し汲み取ることはきっといつまで経ってできないままではないかと思うのです。
 その立場の者として、3月11日は自分にできることにただひたすら徹しようと思っています。

[3] 4月7日(日)から、エマオ仙台の活動日が火曜日~土曜日へ
 エマオ仙台の活動曜日は月曜日~土曜日の週6日でしたが、4月7日の週より、火曜日~土曜日の週5日になります。
 ただし、ゴールデンウィークや夏休みなどの期間はこれまで通り、月曜日も活動します。

4/7~ 火~土 活動日スタート
4/29~5/6 GWのため、月曜も活動
7/15~9/14 夏休みのため、月曜も活動
12/23~28 クリスマス・冬休みのため、月曜も活動

◯休みを休みとするために
 震災から二年が経とうとしています。支援センターも「祈り」と「スローワーク」を軸としつつ、少しずつ変わり、また課題にも直面してきています。
 いま課題として浮かび上がってきているのは、スタッフ(支援者)自身のケアです。熱い思いと祈りを持って、ここに来てくれている若いスタッフが「頑張りすぎ」て、疲れを溜めこんでしまっています。
 週6日間のワークの準備と実行のために、日々忙しく動いているために、休みの日でも実際にはエマオに来て雑務をしていたりしています。いまはシフトで週2日休めるように何とかやり繰りしているのですが、それにも無理があると感じています。そこで週6日の活動日を週5日に減らし、日・月を休みとすることで、「メリハリ」をはっきりしていくことにいたしました。
 活動日は減るのですが、むしろワークの質を高めていければと願っています。また、多くのワーカーが来て下さる夏休みなどには、週6日の活動日で対応していきたいと考えています。
 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

東北教区被災者支援センター・エマオ
センター長 上野和明

━━━━━━━━━
発行:東北教区被災者支援センター・エマオ (UCCJ Tohoku Disaster Relief Center)
〒980-0012 仙台市青葉区錦町1-13-6
Tel 022-265-0173  Fax 022-265-0174

[公式ブログ] http://ameblo.jp/jishin-support-uccj/
[Facebook] http://www.facebook.com/emmaus.sendai
[お問い合せ・ご感想] tohoku.uccj@gmail.com
[配信停止] tohoku.uccj+del@gmail.com までメールをお願いします。


<3.11準備号3 15号>