メールマガジン第15号

<14号 16号>



◆◇被災者支援センター・エマオ メールマガジン【第15号】◆◇
◆◇2013.4.11◆◇
 震災から2年1ヶ月が経ちました。
 先日、七郷中央公園仮設で、おばあさんと二人暮らしをされていた、おじいさんが亡くなりました。数日前までお元気だったのでとても驚きました。仮設の方たちと一緒に、お宅にお邪魔し、ご遺体のあるお部屋を綺麗にお掃除させていただきました。
 私たちワーカーがお手伝いをさせていただいたことよりも、仮設の方たちがまるで自分の家族が亡くなったかのように、親身に一人残されたおばあさんを支え働かれていたことに、私は驚きました。きっと、いてもたってもいられなくなったのではないでしょうか…。まさに「スローワーク=寄り添い」とは、こういう事だと気付かされました。
 今日も、午後2時46分の祈りを、仙台・石巻、そしてそれぞれの場所で献げましょう。
M.S.

━━━━━━━━━━
■ 今号のラインナップ
[1] 5/4(土)は「笹屋敷 de すずめ踊り 2013」
[2] ゴン太の写真、探しています。
[3] 活動報告書『エマオへの道』出版しました。
[4] 春休みのお知らせ
[5] ボランティア、大募集中!
━━━━━━━━━━

[1] 5/4(土)は「笹屋敷 de すずめ踊り 2013」
笹屋敷・石場地区に“根ざした、通年行事を取り戻す”という思いから、昨年始まった「すずめ踊り」。いまだ仮設から帰ることの出来ない方が、40軒近くいらっしゃる中で、みんなが笹屋敷・石場に帰り「ささへあう」ひと時を目指します。今回の主催は、笹屋敷町内会とエマオ笹屋敷合同という形になります。一歩一歩「通年行事」に近づいて来ています。
せっかくのGWだからこそ、被災した方たち・地域を思い、一人でも多くの参加をお待ちしています!今年もTakaと一緒に踊りましょう!

<日時> 2013年5月4日(土) 12:00-15:00
<プログラム>ひのきしん鼓笛隊、すずめ踊り、カラオケ大会など
<出店ブース>ドリンク、わたあめ、子どもコーナー、焼きそば、たこ焼きなど

エマオ仙台スタッフ一同

[2] ゴン太の写真、探しています。
*****仙台ワーカーより
 笹屋敷ワークに参加させて頂いたときの出来事で、是非みなさんにお伝えしたいことがあり、恐縮ですがこの場をお借りしてご報告させていただきます。
 石場にお住まいのM.S.さん宅の愛犬ゴンタロウ(愛称)が、3月29日に亡くなりました。ゴンタロウは笹屋敷ワークに行かれたワーカーのみなさんに愛されていた雑種のワンちゃんで、知っている方も多いかと思います。
 いつもSさんに寄り添って、賢く座っている印象が強く残っています。Sさんもゴンタロウを自分の家族のように大事にされていて、ゴンタロウもそれに応えるかのように17年も生きたそうです。とても安らかに眠っている最期の姿を拝見させていただき、Sさんと過ごした日々が満足なものだったのではないかと感じました。
 それから数日後に気になってワークの合間にSさんを訪ね、少しお話しさせていただいたのですが、やはりいつもそばにいたゴンタロウがいないことでどこか寂しげでした。
 Sさんはご高齢でカメラや携帯をお持ちでなく、ゴンタロウとの思い出はあるのですが、形に残るものとして「写真が欲しい」とおっしゃっていました。私も何回かワークでお邪魔させていただいていたので、数枚の写真があるのですが、Sさんは色んな表情のゴンタロウをそばに置いて、いつもご覧になりたいそうです。
 なので、これまでSさん宅に関わったことのあるワーカーさんの中でゴンタロウの写真をお持ちの方がいらっしゃいましたら、支援センター・エマオ宛に画像データを送って下さると嬉しいです。その写真をアルバムにして、月命日である4月29日にSさんにお渡ししたいと思います。
 どうぞよろしくお願い致します。

*****エマオ仙台スタッフ一同より
 画像データがない場合、写真をエマオ宛に郵送してください。編集の都合上、4月25日までに頂けると助かります。
お待ちしております。

(追記)
オリエンテーション時に、「ワーク中そしてその前後の写真撮影は、禁止。ただし、信頼関係ができて記念に…という場合は、その流れを大切に」とお伝えしています。その写真を、皆さんから分けていただきたいのです。どうぞよろしくお願いいたします。

[3] 活動報告書『エマオへの道』発行しました。
この度、この2年間の歩みが小さな本になりました。
活動報告のほか、被災された方々の経験や思い、エマオの運営に関わる人々の率直な思いなどがたくさん詰まっています。
お手にとってお読みいただけたら幸いです。
ご希望の方には、1冊200円にて販売しています。
なお、本の郵送をご希望の際は、お名前、住所、電話番号、希望される冊数を明記の上、被災者支援センターまでメール・ファックス・郵便いずれかの方法でご連絡ください。
 英語版も発行しました。以下のリンクをご覧ください!(We published Emmaus Activities Report in English as well!)
http://ameblo.jp/jishin-support-uccj-en/entry-11491416034.html

[4] 春休みのお知らせ
 ご存知の方も多いと思いますが…ワーカーさんを受け入れるために、スタッフは見えるところ、見えにくいところで多くの仕事をしています。
 見えやすいところでいえば、朝夕のミーティングの司会進行、ワーカー割り振り、送迎でしょうか。
 内勤の申込メールの対応や、宿泊場所の割り振りをあげてくださる方、宿泊させていただいている教会の負担を心配してくださる方もいらっしゃるかもしれません。
 このほかにも、記録整理やいろいろなところとの細部調整など、スタッフはいろいろと動いています。
「スローワーク」と言っているスタッフが、「スローワーク」してないじゃん!!!というお声をいただくことも、多々あります。
 そこで、5月12日(日)~20日(月)の期間、遅い春休みをいただきたいと思っています。
 良い働きをするための休暇とさせてください。そのため、宿泊は5月10日(金)までとしますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

[5] ボランティア、大募集中!
 春休みのピークが過ぎ、めっきりワーカーが減ってしまいました。しかし、石巻でも仙台でも、働き手があればお手伝いに行きたいお宅は沢山あります!今日も人手が足らず、作業を中断させてもらっているお宅があります。一日でも早く以前の暮らしができるように、この長いリレーのバトンをつなげてくださる方をお一人でも多く求めています。よろしくお願いします!

—–
発行:東北教区被災者支援センター・エマオ (UCCJ Tohoku Disaster Relief Center)
〒980-0012 仙台市青葉区錦町1-13-6
Tel 022-265-0173  Fax 022-265-0174

[公式ブログ] http://ameblo.jp/jishin-support-uccj/
[Facebook] http://www.facebook.com/emmaus.sendai
[お問い合せ・ご感想] tohoku.uccj@gmail.com
[配信停止] tohoku.uccj+del@gmail.com までメールをお願いします。


<14号 16号>