メールマガジン第26号

<25号 27号>



◆◇被災者支援センター・エマオ メールマガジン【第26号】◆◇
◆◇2014.3.11◆◇
2011年3月11日午後2時46分から3年=1096日。亡くなった方は1万8517名(行方不明の方はその内2633名)。宮城県で今も仮設に住まれている方は8万6718名にも上る。お一人お一人に「数」では表せない<いのち>があることを胸に刻みたい。
支援センター・エマオも3年。お手伝いをさせていただこうと願って集まってきた私たち。けれども、気付いたら私たちの小さな働きを大きく包み込む、笑顔、ユーモア、生きる姿、信頼に出会った。私たちは学ばされ、変えられた。むしろ与えてもらったのは私たち。祈りに深い感謝を込めたい。
仙台では「3・11 いこいの時~ささへあう~」で、荒浜で、石巻では立町で、荻浜で、そして皆さんそれぞれの場で、午後2時46分の祈りを献げましょう。
M.S.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今号のラインナップ
[1]「わたしたちの思い 2014」
[2] ささっこクラブ&いしのまきっこ広場報告
[3] ワーカー大募集!
[4] 5人のスタッフが次の一歩へ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1]「わたしたちの思い 2014」
あの時から3年。
自分たちの小ささに気付かされました。
でも、そんな私たちに、丁寧に接して下さり、
沢山の笑顔をいただきました。

あの時から3年。
大きな余震の度に、あの時を思い出し、
眠れなくなる方もいます。
津波による傷は、いまだ深いのではないでしょうか。
それぞれのペースで歩まれているお一人お一人
そのペースに合わせて歩んでいきたい。
支え合いを繋げるお手伝いを私たちはしていきたい。

あの時から3年。
少しずつ少しずつ
田んぼや畑、緑、動物たちが戻ってきています。
何より地域の方たちも、新しく来られる方たちも。
この大切な笹屋敷・石場は
いまキラキラと輝きを取り戻しています。

これからも
もうしばらくこの地で働かせていただきたいと願っています。
よろしくお願いします。
皆さんと出会えて本当によかった。

[2] いしのまきっこ広場報告&ささっこクラブ
<いしのまきっこ>
 2/11(火)は単発イベントの“いしのまきっこ広場”を開催しました。
 みんなで”動物”をテーマに巨大カルタを作って遊ぼう!ということで、19名(小学生11名・幼稚園児8名)の子ども達が集まりました。
 みんなでつくった読み札を、いくつかご紹介!
“かたつむり からをすてて かけまわる”
“とびうおが 飛んだらなんと 100メートル!”
“はらっぱで バッタのともだち まってるよ”
 参加する子どもたちの数が増えてきたことや近隣の方々への配慮から、会場を拠点近くの上大二会館をお借りしました。
 上大二会館は、被災したため新しく立て直し、昨年の9月に落成したばかり。スペースにも余裕があり、みんなのびのびと楽しむことが出来ました。

<ささっこ>
 3月1日にささっこくらぶを行いました。11名のお子さんが来てくれました。
 今回は『つくってあそぼう!』ということで、牛乳パックやトイレットペーパーの芯、お菓子の箱、輪ゴム、割り箸、ダンボール、新聞紙などの身近なものを使っておもちゃをつくりました。けん玉やビー玉ころがし迷路、割りばし鉄砲、びゅんびゅんごま、糸電話、ペットボトルボーリング、びっくり箱などの見本をつくって持って行きました。
 ビー玉ころがし迷路やびゅんびゅんごまが人気で、みんなが一所懸命におもちゃをつくる様子がとても印象的でした。同じ材料を使ってもそれぞれに違うおもちゃができることはとてもおもしろいことだと感じました。また、身近なものがこんなにたくさんのおもちゃになるということはみんなにとっても大きな発見になったのではないかと思います。
 見本のもの以外にもオリジナルなおもちゃをつくっている子もたくさんいました。

[3] ワーカー大募集!
 4月以降の申し込みが大変少ない状況です。4月に申し込みが0の日があります。これでは、ニーズにお応えすることが出来ません。
 新年度が始まる慌ただしいときですが、みなさんの手を貸してください。申し込み、お待ちしております!
スタッフ一同

[4] 5人のスタッフが次の一歩へ
 この3月をもって5人のスタッフが次の歩みへと旅立ちます。仙台は、上野ぱく、小此木知香、川上侑の3人が3月15日(土)に、石巻は松原佑輔、飯野久美子専従者が3月29日(土)に働きを終えます。5人のこれからの歩みに、どうぞ皆さまからもエールをお願いします。
———-
発行:東北教区被災者支援センター・エマオ (UCCJ Tohoku Disaster Relief Center)
〒980-0012 仙台市青葉区錦町1-13-6
Tel 022-265-0173  Fax 022-265-0174

[公式ブログ] http://ameblo.jp/jishin-support-uccj/
[Facebook] http://www.facebook.com/emmaus.sendai
[お問い合せ・ご感想] tohoku.uccj@gmail.com
[配信停止] tohoku.uccj+del@gmail.com までメールをお願いします。


<25号 27号>