メールマガジン第27号

<26号 28号>



◆◇被災者支援センター・エマオ メールマガジン【第27号】◆◇
◆◇2014.4.11◆◇
4月になり新しい動きが始まりました。復興住宅の入居が始まり一歩ずつですが“歩”が進んでいる一方、仮設での生活を余儀なく続けておられる方々もまだまだ多くおられます。心の中の問題はもっと深く、被災された方々の中に影を落としています。エマオとして今後どのように共に歩んでゆくか、試行錯誤を繰り返しつつ歩んでいます。
エマオにおきましてもスタッフの移動があり新しいメンバーでの動きが始まっています。(かくいう小生もその一人ですが・・・。今後、よろしくお願いいたします)
今日で3年1ヶ月です。それぞれの場所で午後2時46分の祈りを献げましょう。
N.H.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今号のラインナップ
[1] ゴールデンウィークはエマオへ!
[2] 5/3(土)『笹屋敷 de すずめ踊り 2014』
[3] エマオ石巻かわら版『あばいん~』発行!
[4] 笹屋敷・石場地区での外ワーク週3日スタート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] ゴールデンウィークはエマオへ!
 エマオではゴールデンウィークだからこそ、ワークをしたいと願っています!
 4月28日(月)~5月3日(土)、5月5日(月)~5月10日(土)の期間、休まずワーカーを受け入れます。
※4月28日(月)はエマオ石巻だけ休みます。
※5月11日(日)~19日(月)の期間は遅い春休みになります。
 ご応募お待ちしています!
 被災者支援センター・エマオ スタッフ一同

[2] 5/3(土)『笹屋敷 de すずめ踊り 2014』
 『笹屋敷 de すずめ踊り』は、地域のコミュニティを回復させようという思いで始まったお祭りです。笹屋敷町内会とエマオの主催で行い、今年で3度目の開催となります。昨年この地で初めて田んぼが再開され、緑がどんどん戻ってきています。家の改修工事が済んだり、新しい家を建てたりと、この地に戻ってこられた方もいらっしゃいます。復興公営住宅へ移った方もおられます。また、集団移転として石場地区に14軒の荒浜地区の方々が移ってこられます。多くの変化を乗り越えながら、今、それぞれのペースで歩まれておられます。
 震災はあるべきではなかった、けれども震災を通して、同じ地域に住む人々が結束できないだろうか。同じ地域に住む人々が一致団結し、力を合わせて、共に頑張っていきたい。『笹屋敷 de すずめ踊り』は、そうした思い・願いを共有するための取り組みの一つです。そして、エマオのワーカーもスタッフも、住む場所は違えども、その思いをこの日に共有したいと思います。
 この地での出会いや再会を共に喜び、盛り上げていきましょう!多くの参加者、お待ちしております!!
 一緒に踊る「すずめ踊り」も、鍛えてきてくださいね!エマオでも練習します!

 日時:5月3日(土)12:00~15:00
 プログラム:鼓笛隊(ひのきしん)・すずめ踊り(七郷すずめ連)・ささっこくらぶ企画・カラオケなど
※豚汁やおにぎり、焼きそば等の出店もあります!

仙台スタッフ 茅野風歌

[3] エマオ石巻かわら版『あばいん~』発行!
 私たちの思いを届けるために、かわら版を発行しました。
**創刊号より**
 こんにちは、ボランティアのエマオです。私たちは震災後から石巻でボランティア活動を続けてきました。
 しかし、近隣の方々に対して私たち自身の周知が十分に行われないまま、今に至っています。
 「何をしているのか分からない」というお声もあるかと思い、手前みそで恐縮ですが、少しだけ、私たちのことを知っていただきたいと思いました。
 2014年も活動をしていきます。よろしくお願いいたします。
****
 ぜひ、「あばいん~」創刊号、第2号(ブログ記事参照)をご覧になって、みなさまからのご意見やアドバイスをお聞かせくださいよろしくお願いいたします。
エマオ石巻スタッフ一同

[4] 笹屋敷・石場地区での外ワーク週3日スタート
 町内会との定例会の中で、少しずつ外ワークに関してはソフトランディングをしていき、訪問やささっこクラブ、イベントなどを充実させていくことを話し合ってきました。『ささへあう』第14号の中で、町内の方たちへアナウンスをさせていただき、今週から始めました。
 火・水は柔軟に、仮設・訪問ワークや、他の地区での外ワークなどを考えています。
(※ゴールデンウィークなどは笹屋敷・石場での外ワークも予定しています!)
 木・金・土は、これまで通り、笹屋敷・石場地区で必要とされる方のお宅のお手伝いを考えています。
 ワーカーの受け入れは、仙台・石巻ともにこれまで通り火曜~土曜に行います。ぜひご参加下さい!

———-
発行:東北教区被災者支援センター・エマオ (UCCJ Tohoku Disaster Relief Center)
〒980-0012 仙台市青葉区錦町1-13-6
Tel 022-265-0173  Fax 022-265-0174

[公式ブログ] http://ameblo.jp/jishin-support-uccj/
[Facebook] http://www.facebook.com/emmaus.sendai
[お問い合せ・ご感想] tohoku.uccj@gmail.com
[配信停止] tohoku.uccj+del@gmail.com までメールをお願いします。


<26号 28号>