メールマガジン第29号

<28号 30号>



◆◇被災者支援センター・エマオ メールマガジン【第29号】◆◇
◆◇2014.6.11◆◇
東北地方も梅雨入りを致しました。天候が思わしくない日々が続きます。災害が再び起こらないように祈るばかりです。
石巻は仙台よりも復興のペースが上がっておりませんが、それでも復興住宅への移転のお話を伺う機会が増えてきました。入居は来春からでしょうか。先日仮設住宅にお住いのDさんから嬉しいお話をいただきました。エマオの活動にとても感謝しているというもので、小規模の仮設住宅に震災後からずっと関わってきた活動が喜ばれるものであった事を感じた一時でした。仮設住宅が無くなるまでこの活動を続ける意気込みで毎日を過ごしています。
今日で3・11から3年3ヶ月です。それぞれの場所で午後2時46分の祈りを献げましょう。N.H.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今号のラインナップ
[1] 夏の予定
[2] グリーンカーテンを設置しました!(茅野風歌)
[3] 5月祝田仮設団地 お茶っこ報告(西田紗代子)
[4] 少なくとも2017年3月まで続けます!(佐藤真史)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] 夏の予定
◯活動日
<仙台> 7月7日(月)~9月27日(土)は、週6日(月~土)※この間、外ワークが増えます。
<石巻> 週5日(火~土)を継続

◯こどもプログラム
<仙台:ささっこクラブ> 8月4・6・8、11・13・15、18・20・22
<石巻:いしのまきっこ> 7月23-26、7月29・30、8月5・6・12・13・19・20

◯イベント(予定)
<笹屋敷夏祭り> 8月10日(日)
<七郷中央公園夏祭り> 8月17日(日)

 特に、ささっこ&まきっこ参加希望の方、早めに連絡をお願いいたします。
 8月には、宿泊の受入枠を考えると、ほぼ埋っている日もちらほら出てきました。ところが、9月はほとんど申し込みがありません。お時間がゆるされる方、ぜひ9月にもお願いします!!

[2] 5月 祝田仮設団地 お茶っこ報告
 5月3日・24日 祝田仮設団地にお茶っこに伺いました。
 3日祝田仮設団地に伺うと、仮設にある八重桜が満開でとてもきれいに咲いていました。嬉しくなって木登りをしているのは、誰でしょう!? 桜を眺めながらの楽しいお茶っこの時間になりました。
 24日は、みなさんにとても好評で長い間待っていて頂いた、『わっこ』が届きやっと持って行くことができました。わっこ編みはとても人気で、みなさん楽しんで作っておられる手芸の一つです。今回全部で4箱届いたわっこを、色ごとに分別する仕事をワーカーさんにお願いしました。気の遠くなる作業、本当にありがとうございました。
 今では普通の作り方以外にも、ご自分で新しい作品を考えて作られる方もおられるほど。みなさん作業を始めると夢中で、お茶っこもお話も忘れて集中して楽しんで下さっていました。帰りには、袋いっぱいにわっこを持って帰られました。
 皆さんどんな作品を作られるのか楽しみです。
西田紗代子(石巻スタッフ)

[3] グリーンカーテンを設置しました!
 先日5月28日、七郷中央公園仮設住宅の集会所周りに、毎年恒例になってきているグリーンカーテンを設置しました。
 今年は食べれるものにしようということで、ナス、ミニトマト、きゅうりを植え、たわしを作ろうということで、へちまを植えました!結局グリーンカーテンと呼ばれるものは、へちまときゅうりの部分だけなのですが…。
 集会所の中には専門家がたくさんいたので、アドバイスをいただきながら、作業を行いました。住民のみなさんの、ちょっとした楽しみになれるといいな。多くの実りがありますように!
茅野風歌(仙台スタッフ)

[4] 少なくとも2017年3月まで続けます!
 過ぐる5月27日~28日の2日間に渡って、東北教区総会が開かれました。年に一度、東北教区にある教会・伝道所、関係学校などがみんな集まって、教区全体にとって大切な議案について話し合われます。
 その中で、被災者支援センター・エマオ、放射能問題支援対策室「いずみ」について話し合われ、少なくとも2017年3月まで両センターを継続することを教区として決議しました!
 宮城・福島・山形からなる東北教区における被災状況を鑑みた時、まだまだ東日本大震災は続いています。そのことを覚えて、海外の教会から、指定献金をいただいたことも大きな励みになりました。
 エマオ仙台がずっと通わせていただいているS仮設に住まれている方の多くが、復興住宅に移るのに、あと2年位はかかるとおっしゃっています。自治会長のSさんが、エマオの継続についてお伝えすると喜んで下さいました。
 これからはより中長期的な視点も大切にしつつ、与えられたmission(使命)の中で、「祈り」を大切に、そして「スローワーク」をみんなで造っていきたいと願います。
 これからもどうぞよろしくお願いします!
———-
発行:東北教区被災者支援センター・エマオ (UCCJ Tohoku Disaster Relief Center)
〒980-0012 仙台市青葉区錦町1-13-6
Tel 022-265-0173  Fax 022-265-0174

[公式ブログ] http://ameblo.jp/jishin-support-uccj/
[Facebook] http://www.facebook.com/emmaus.sendai
[お問い合せ・ご感想] tohoku.uccj@gmail.com
[配信停止] tohoku.uccj+del@gmail.com までメールをお願いします。


<28号 30号>