メールマガジン3.11準備号(2)

<13号 3.11準備号(3)>



◆◇被災者支援センター・エマオ メールマガジン【3.11準備号 vol.2】◆◇
◆◇2013.2.16◆◇

☆3月11日のスケジュール
<日程> 2013年3月11日(月)
<場所> 笹屋敷町内会集会所
<主催> いこいの郷 エマオ笹屋敷 <共催>笹屋敷町内会
・午後2時46分に黙祷
※当日、荒浜でも追悼式が行われます。町内会役員の方たちはそちらに出席されますが、荒浜に行くのが困難な方や、ご高齢の方とご一緒に守れたらと願っています。

・1日出入り自由な「お茶っこ」と写真展、さらにハンドマッサージやミニコンサートが出来たらなぁと考えています。
※「こんなマッサージ出来ます」や、「こんな歌、歌いたいです」を大募集します!
※お茶っこ用に各地の銘菓も募集中です!

☆報告書制作中です
支援センターの今までの活動をまとめた物は、今までありませんでした。
この2年間の活動や、関わってくれた方々の言葉を文章にして3月に発行をする予定です。
日本語はもちろん、今まで海外の方からも多方面で支援をいただいてきたので、英語版も制作中です。

☆参加したいけれど、仙台・笹屋敷まで行くのが大変な方へ
3月11日(月)に仙台東一番丁教会にて、12時半より東北教区主催の3.11記念礼拝が行われます。
笹屋敷まで行くのが遠いなど大変だけど、他の人と一緒に祈りの時間を持ちたいと思っている方は、仙台東一番丁教会で過ごされるのはいかがでしょうか?

また、前日の3月10日(日)にはいくつかの教会で3.11記念礼拝が行われます。特に仙台北教会では、川上佑さん(前スタッフ)が洗礼を受けます。ぜひご参加下さい。
小川洋二牧師(前専従者)の代田教会(東京)では、堀田暢さん(前スタッフ)が礼拝後報告の時を持ちます。こちらもぜひよろしくお願いします。

新たな情報などをブログやメールにて配信いたしますので、最新情報をぜひチェックしてください。お待ちしています!

支援センター・エマオ スタッフ一同

※なお、3月11日前後は申し込みが殺到する可能性もありますので、お早めにご連絡をお願いします。

━━━━━━━━━
発行:東北教区被災者支援センター (UCCJ Tohoku Disaster Relief Center)
〒980-0012 仙台市青葉区錦町1-13-6 東北教区センター・エマオ 2階
Tel 022-265-0173  Fax 022-265-0174

[公式ブログ] http://ameblo.jp/jishin-support-uccj/
[お問い合せ・ご感想] tohoku.uccj@gmail.com
[配信停止] tohoku.uccj+del@gmail.com までメールをお願いします。


<13号 3.11準備号(3)>