メールマガジン3.11準備号(3)

<3.11準備号(2) 14号>



◆◇被災者支援センター・エマオ メールマガジン【3.11準備号 vol.3】◆◇
◆◇2013.3.9◆◇

明後日で2年を迎えます。被災された方たちと共に、「いこいの時」「祈りの時」を持ちましょう。
当日の予定です。ぜひご参加下さい。

■ 3・11笹屋敷 いこいの時~ささへあう~
【場所】 笹屋敷町内会集会所、いこいの郷 エマオ笹屋敷
【プログラム】
8:00~ ミーティング@エマオ3F (エマオ・ワーカーや関係者は出来るだけ参加して下さい)
 ※当日準備のため、いつもより早くミーティングします!

10:00~ 写真展、お茶っこ、ハンドマッサージ(ワーカー10名)@集会所
 ※残りの方たちは、思い思い過ごします。バスまたは自転車で移動をお願いします

13:30~ ・ギター(川上盾さん)によるミニコンサート
     ・アコーディオン(村野和泉さん)でみんな一緒に歌いましょう

14:46 黙祷

15:00 解散、片付け、エマオへ移動
 ※エマオ・ワーカーは、車と自転車で全員移動します

16:30 ミーティング@エマオ3F
    分かち合いの時

18:00 夕食会@エマオ3F

*午前中は集会所のワーカーの人数を制限させていただきます。エマオ・ワーカーが多すぎると、スローにならないので;)。
*午後からはいつからでも参加可能です。ぜひご一緒にお祈りを献げましょう。

【行きの移動 → バス or 自転車】
市営バス(片道35分、470円)または、エマオの自転車をお使い下さい。
仙台駅 06番のりば
仙台市バス 系統400
行き先 深沼海岸(南長沼終点)
降りる所 笹新田バス停
出発時間 9:11、10:11、11:11、12:11、13:11、13:41、14:41、15:11、15:41、16:41、16:56

【帰りの移動 → エマオの車 or 自転車】

ご不明な点がありましたら、いつでもご連絡ください。

☆報告書『エマオへの道』発行
3月11日に報告書『エマオへの道』を発行します。被災された方たちの声、支援センター・エマオに携わってきた方たちの声が、響き渡っている報告書です。ぜひご一読下さい。
1冊200円で販売いたしますので、希望される方は、tohoku.uccj@gmail.comまで送付先と共にご連絡下さい。

☆参加したいけれど、仙台・笹屋敷まで行くのが大変な方へ
全国各地で、祈りの時が持たれます。以下の記事をご参照下さい。
http://ameblo.jp/jishin-support-uccj/entry-11483276536.html

支援センター・エマオ スタッフ一同

━━━━━━━━━
発行:東北教区被災者支援センター (UCCJ Tohoku Disaster Relief Center)
〒980-0012 仙台市青葉区錦町1-13-6 東北教区センター・エマオ 2階
Tel 022-265-0173  Fax 022-265-0174

[公式ブログ] http://ameblo.jp/jishin-support-uccj/
[お問い合せ・ご感想] tohoku.uccj@gmail.com
[配信停止] tohoku.uccj+del@gmail.com までメールをお願いします。


<3.11準備号(2) 14号>