メールマガジン第8号

<7号 9号>



◆◇被災者支援センター・エマオ メールマガジン【第8号】◆◇
◆◇2012.9.11◆◇
 「あの日」から一年と半年が経ちました。つい3日前のワーク中に、消防団のヘルメットが見つかりました。調べてみると、「あの日」津波によって亡くなった方のヘルメットでした…。
 もしかすると、皆さんの周りでは震災なんかなかったかのように時が流れているかもしれません。でもここでは、今も「あの日」で止まっていることが沢山あります。震災で傷ついたすべての<いのち>を覚えて午後2時46分の祈りを、今日もご一緒に仙台・石巻、それぞれの場所で献げましょう。
M.S.

━━━━━━━━━━
■ 今号のラインナップ
[1]「いこいの郷」エマオ笹屋敷移転について
[2] 9/30~10/7 支援センター「次に向かって」お休みします!
[3] ニュースレター vol.2 発行!
━━━━━━━━━━

[1]「いこいの郷」エマオ笹屋敷移転について
 今年3月11日(日)開所式を行いました「いこいの郷」エマオ笹屋敷ですが、様々な事情により9月末をもって移転することになりました。このエマオ笹屋敷は被災者支援センターの活動の拠点となっていただけでなく、すずめ踊りや盆踊りなどの地域の活動の中心ともなっていた場所でした。夏休みには地域の子どもたちの教育支援プログラム「ささっこクラブ」も行われ、七郷の復興へと向かう歩みの中で大きな役割を果たしていました。それだけに今回移転のやむなきに至ったことは私たちとしてもとても残念です。
 しかし、七郷での被災者支援センターの活動はこれからも続いていきます。笹屋敷町内会のご厚意により、道路を挟んでエマオ笹屋敷の向かい側にある「町内会集会所」をボランティアの休憩場所や「いこいの郷」のための拠点として使うことができるようになりました。また、道具置き場に関しても、近くの使っていないビニールハウスを、住民の方のご好意でお借り出来ることになりました。笹屋敷町内会との関係は、移転を通してむしろ深まっていることを感じています。
 どうぞこれからもご支援をいただきますようお願いいたします。
上野和明(センター長)

[2] 10/1~10/7 支援センター「次に向かって」お休みします!
 支援センター・エマオでは夏休みもなく、7、8、9月と突っ走ってきました。この間、「スローワーク」を大切にするエマオ・スタッフこそ「もっとスローで」と、温かい言葉をかけられることもしばしばありました。「お休み」は次のステップへの「大切な一歩」です。10月に入るにあたって、スタッフ一同リフレッシュして帰ってきます!
 10/1~10/7の間、仙台・石巻でのワーク、支援センター事務はお休みとさせていただきます。支援センター事務は10/8(月)より、各ボランティアワークは10/9(火)より再開いたします。
 ボランティア、心よりお待ちしています!

[3] ニュースレター vol.2 発行!
 ニュースレター『スローワーク』いよいよ第2号発行します!巻頭言は「エマオへの道 ~ 希望を探し求めて」と題してジェフリー・メンセンディーク牧師が書いて下さいました。とてもハートフルなメッセージ、ぜひお読み下さい!
 ご希望の方は、個人の方でも住所を知らせて頂ければお送りいたします。複数部ご希望の方もご遠慮なくお知らせ下さい。ぜひ、周りの方たちにも配って頂ければ嬉しいです!

━━━━━━━━━
発行:東北教区被災者支援センター・エマオ (UCCJ Tohoku Disaster Relief Center)
〒980-0012 仙台市青葉区錦町1-13-6
Tel 022-265-0173  Fax 022-265-0174

[公式ブログ] http://ameblo.jp/jishin-support-uccj/
[Facebook] http://www.facebook.com/emmaus.sendai
[お問い合せ・ご感想] tohoku.uccj@gmail.com
[配信停止] tohoku.uccj+del@gmail.com までメールをお願いします。


<7号 9号>