2017.3.11準備号

<第61号 <最新号

◆◇被災者支援センター・エマオ メールマガジン【3・11準備号】◆◇
◆◇2017.02.22◆◇
 2017年3月11日(土)、3・11から6年になるその日に向けて、思いと祈りを合わせていきたいと願っています。
 エマオも3月末に大きな区切りを迎える中で、3・11に関する皆さんへの発信がギリギリになってしまいました。申し訳ありません。M.S.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今号のラインナップ
[1] 3月10日(金)@東京
[2] 3月11日(土)@笹屋敷・荒浜・石巻
[3] 『エマオへの道 vol.2』発行予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[1] 3月10日(金)@東京
 まず前日の3月10日(金)夜、「エマオワーカー交流会」が東京でもたれます。4名のスタッフ(小川幸子、戸枝季子、菊池護、畑屋武志)を派遣しますので、お近くの方はぜひご参加下さい!
ーーーーーーー
 震災から6年を迎えます。私たちの集ったエマオもこの3月、これからの活動のために一つの転機を迎えます。エマオに関わった皆で今までを振り返り、これからを想うひと時をと願い、ワーカー交流会を企画しています。現在の笹屋敷や石巻の状況や出会った懐かしい方々のスライドショーや、今までのスタッフや専従者も集います。6年を迎えるこの時、あの震災の今までとこれからを分かち合いましょう。
 また当日17:30~、隣接のスコットホールにて「6周年記念礼拝」が行われます。ご都合つく方はぜひそちらにもご出席ください。

「東日本大震災6周年記念 エマオワーカー交流会」
日時:3月10日(金)19:30-21:00
会場:日本基督教団事務局4階会議室(〒169-0051 東京都新宿西早稲田2-3-18-31)
問い合わせ先:真壁 巌 、野田 沢
ーーーーーーー

[2] 3月11日(土)@笹屋敷・荒浜・石巻
 3月11日(土)、エマオではいくつかの所に分かれて時を迎えます。

○仙台・笹屋敷 13:00-15:00
 例年『3・11いこいの時~ささへあう~』を開催していましたが、今年は11月から始めた「笹屋敷お茶っこ@笹屋敷公会堂」の時とし、ゆったりとした時間を過ごしたいと願っています。14:46にはお集まりの皆さんと黙祷の時を持ちます。

○仙台・荒浜
 14:46にはSCF・SSCメンバーを中心とした荒浜海岸での黙祷の時が持たれます。
 また、「HOPE FOR project」による風船リリース(15:00-)が予定されています。そのお手伝いをします。 

○石巻
 東北教区東日本大震災6周年記念礼拝@石巻山城町教会(14:30-16:00)において、佐藤専従者がメッセージを担当します。
 エマオ石巻では、拠点近くの釜会館で予定されている記念集会(大宝院さん主催)のお手伝いをします。

□3月11日(土)の受け入れ
 11日の宿泊希望される方はお早めにお申し込み下さい。また、日帰り参加や途中参加の場合でも、申し込みをお願いします。
 その際、出来るだけご希望に沿ったワーク先へと願っているので、上記の内から希望先をお知らせ下さい。なお、日々のワーカー受け入れは3月11日をもって終了し、近隣の教会ボランティアやリピーターそして「ささっこ」などの各イベントに合わせた受け入れになります。

[3] 『エマオへの道 vol.2』発行予定
 3月11日に報告書『エマオへの道 vol.2』を発行します。2013年3月に発行されたvol.1の続編として、被災された2名の方たちからのインタビュー、エマオ関係者による3つの座談会など、「次の備え」としても参考になる活動報告書です。次号のメルマガで詳細をさらにお伝えします。
 1冊300円で販売いたしますので、希望される方は、tohoku.uccj@gmail.com まで送付先と共にご連絡下さい。