支援センターのお休みのお知らせ

 みなさんのお祈りとご支援に支えられて、エマオ笹屋敷開所式、東北教区3.11東日本大震災から1周年の集いを捧げることができました。感謝です。
 私たちは、支援センター立ち上げ以来、ワークにお伺いする方々、そしてこの地域に住む方々に寄り添いながら、懸命に走って来ました。
 2年目の歩みに入るにあたって、スタッフの心身のリフレッシュのために、2012年4月16日(月)から21日(土)までお休みをいただくことにしました。
 この期間、仙台市若林区でのボランティアワーク、石巻市でのボランティアワーク、支援センターの業務はお休みとさせていただきます。
 これに伴い、宿泊される方は4月14日(土)の10時までとさせていただきます。
 宿泊受入れは4月23日(月)より再開いたしますので、ご承知おきください。
 連休明けのご参加を希望される方は、予定が分かり次第、なるべく早くにお申し込みください。
 今後も引き続き、お祈りとご支援をよろしくお願いいたします。

3月22日のエマオ仙台ワーク

とにかく風が強い一日でした。向かい風の中、自転車で14キロの道のりですから、今日ワークに参加された皆様、本当にお疲れ様でした。体力に自信のない方は車でワーク先へ向かっていますので、自転車でワーク先へ向かうことでボランティア参加を躊躇されている方も安心して参加してください。
先日アメリカのある団体から献金をいただき、その献金の一部で日産バネットというバンを購入させていただきました。今日はその車で初めて七郷のワークへ向かい、調子が悪くなった自転車を運んで持ってきました。積み込みができるのでとても使い勝手がよい車です。感謝です。本当にありがとうございました。大切に使わせていただきます。
「東北教区被災者支援センター」の公式ブログ
本日のワークは畑の整地をおこないました。
一見すでに震災前の元通りのように見えなくもない七郷地区ですが、農地の土の中には津波で流されてきた多くの石や木材やプラスチックやガラスや金属の破片などが入り込んでいて、農作業を行うには手間をかけて、そのような物を取り除いて土づくりを始めなくてはいけません。地味な作業ですが、このような作業も今必要とされています。
「東北教区被災者支援センター」の公式ブログ
震災センタースタッフ 
松山 けい

3月19日のエマオ石巻ワーク

とても風が強く時折雪が降る寒い日でした。
今日は納屋に扉を取り付けるという作業を行いました
この納屋は昔、馬屋として使われたところですが、最近は農具などを保管する場所として使われていたようです。震災の被害のため、解体予定の本家からこの納屋に荷物を置く必要があるために、そこに扉をつけて欲しいと依頼がありました。本格的な大工作業のため、本来なら引き受けることができない依頼なのですが、定期的にボランティアに来られている方で元大工さんという心強い方がいらっしゃるので、その方に協力していただいて、作業を行いました。
新しくサッシなどの戸を購入することも考えていたのですが、納屋の中に長い間放置されたままの戸が何枚もあったので、それを利用することにしました。フレームを作り、戸に金具を取り付け、オフホワイトのペンキで色を塗りました。後日もう一度ペンキを塗り重ねたら完成です。
庭にはボケの花のつぼみが膨らみ、もうすぐきれいな花が咲きそうです。
長かった冬ももうすぐ終わりです。
支援スタッフ 松山 けい

Official Report from Emmaus Sendai, 03152012

On March 11, the opening ceremony of the new center, Emmaus-Sasayashiki, was performed. It was built as a new center in Hichigo district in Wakabayashi ku. More than 200 people participated in the ceremony. These included people who have participated from the beginning of the volunteer work, those that did the volunteer work many times, those that came to do the volunteer work for the first time, those that supported the volunteer activities in various ways, and the survivors of the disaster that have decided to stay in Hichigo. We are thankful that people from so many different backgrounds came for the occasion.
Participants included many volunteers who came from as far away as Shikoku and Kyushu, because March 11 is the first anniversary of the earthquake, and this period was the spring vacation of schools.
High school students from Cedar Park First United Methodist Church in Texas came for the ceremony and worked as volunteers in Sendai and Ishinomaki until March 14. They came because they were moved by the news of the 3.11 disaster and wanted to participate in some projects. At first they just wanted to donate some money, but decided to come and experience and observe first hand the hurt and sadness experienced by local survivors and to share in the hope for the future. There were 16 people including adults, who came as guardians, to work at projects both at Sendai and Ishinomaki. They worked hard, as hard as the Japanese students. I attended the last meeting with the group, reminiscing about their experiences with tears in their eyes. It was a very moving experience.
By observing their desire to help the survivors without regards for differences in nationality, race, and age, and their participation in the activities here sweating and sharing in the hope for the full recovery together with the survivors enhanced my feeling that the volunteer work is a rewarding experience.
When I was undecided as to participate in the volunteer activities at the disaster area, the words by Mother Teresa decided me to participate. I would like to end the report by quoting her words (translated back from the Japanese version).
Have you ever participated in a volunteer work at your own country?
If you have not done so, you should not miss a chance during your life.
An experience like that would give you a real happiness and satisfaction.
You would experience a valuable experience of the presence of Jesus that you would not experience anywhere else.
Submitted by Emmaus Sendai staff,
Kei Matsuyama

3月19日のエマオ仙台

今朝は窓から差し込む日差しがぽかぽかしていて目が覚めました。
徐々に春を感じます。
…と思ったら強風が吹き荒れ、体感的には寒い一日でしたとさ。
今日はビニールハウスの組み立て一件、畑の泥だし一件、畑のゴミ拾い二件でした。
強い風で土埃が舞う中での作業はなかなか大変なもので、行き帰りの自転車も真っ向からぶつかってくる風のため苦戦しているようでした。
しかしこういう大変な状況下での作業の時ほど、ワーカー達は生き生きしているように感じます。
それはワーカー同士が苦労を共有しているからではないでしょうか。
被災者の方々が抱えている苦しみは私達には想像もできないくらいのものですが、そのうちの少しでも共有し、共に泣いて、共に笑えていけたらと思います。
支援センタースタッフ
川上 侑

3月15日のエマオ仙台

3月11日、私たちがずっと活動を続けてきている若林区七郷地区に、「エマオ笹屋敷」という新たな拠点ができ、その開所式が行われました。この式には200人以上の方々に参加していただけました。エマオのボランティア活動の初期の頃から参加していただいた方々、何度もボランティア活動に参加されている方々、今回初めて参加された方、色々な形でこの活動を支援していただいている方々、被災後もこの七郷にこれからも住むと決断された方々、本当に色々な方々に来ていただけて感謝しております。本当にありがとうございました。
震災から一年、そして春休みということもあり、四国や九州など遠方からもボランティア活動に来ていただいています。昨日まではアメリカ、テキサス州の高校生グループが参加されていました。東北の大震災の報道を見てずっと何か協力したいと思っていたそうです。最初は義援金などを送るのがいいのではないかという案もグループ内では出ていたようですが、やはり実際に被災地まで向い、自分たちの手で、被災地でボランティア活動を行い、痛みや悲しみ、そして希望を分かちあう方がもっとよいのではないかということになり、付添いの何人かの保護者の方も含め16名が七郷と石巻にて私達と一緒に汗を流されました。昨夜行われた、このグループの最後のミーティングに私も参加させていただきました。ボランティアに参加することで感じることができた熱い想い、涙を流す若者などもいて、とても感動的な時間を過ごすことができました。「被災地の人を助けたい」という思いで、国籍、人種、年齢に関係なくこの地に集まり、汗を流し、みんなで希望を見出す。ここでの活動はとてもすばらしいことだと改めて感じております。
私が被災地でボランティア活動を参加しようかと迷っていた時に、参加しようと決断をさせてくれた言葉があります。その言葉を最後に引用したいと思います。
あなた方は今までに、ご自分の国の
ボランティア組織などを手伝ったことがありますか?
もし、まだしたことがないのなら、
あなたの人生の中でそのような機会を
逃すべきではないと思います。
そうした経験は、本当の喜びと充実感を与えてくれます。
あなたは、どこにもないような
イエス様とふれあうという、
貴重な体験をすることができるでしょう。
                         マザー・テレサ 日々のことばより
エマオ仙台 スタッフ 
松山 恵

The opening ceremony of Sasayashiki 0311 12

Introduction
We have continued our activities as the Support Center for the Survivors of the Great East Japan Earthquake, under North East district of United Christian Church of Japan (Kyodan).
This would not have been possible without understanding, cooperation, and strong support by the Kyodan.
During the first year, more than 1700 volunteers have participated in the program as workers.
Among them were those that were sent by Kyodan districts, churches, and Christian Schools. However, a large number of them were non-Christians. When workers were not sufficient, such as winter, the support by Christian organizations was valuable.
There were people sent to us as long range staff members from Kyodan and churches.
We received numerous supports for finance, materials, and facilities. Similarly, we received support for cars and bicycles; without these, we could not have gone to work.
Activities involved volunteers at Emmaus Centers in Sendai and Ishinomaki, church members as cooks at these centers, sleeping accommodations provided by churches, and countless thoughts and cares by the church members..
Behind these people are Spirits of Christianity. We would like to value these spirits.
We would not like to use earthquake disaster for evangelism. However, in the areas involved in the volunteer work, especially Sasayashiki, they accepted us even though they were aware that we are from a Christian organization. Through the long interaction during the recovery projects, we should show clearly our basic belief. Therefore, we got the permission to have the opening ceremony for the Sasayashiki opening ceremony in the Christian format.
 
The opening ceremony for 3.11 at Emmaus Sasayashiki:
The ceremony started at 2:30PM. The support staff was there by 10AM. Others who came early, helped the staff prepare for the ceremony. They were very helpful.
The official name of the Sasayashiki is `Ikoino Sato Sasayashiki` (Home to relax your mind and soul, Sasayashiki`. We hope that this would become a community center for the local people.
The center was completed on March 6, just in time for the 3.11 ceremony.
Support Center Staff
Tooru Horita
Note added: Rev. Keiji Takada conducted the ceremony started with a prayer. He read the thought of the staff and volunteers summarized and appear in the file: Thoughts from Emmaus Support.
At 2:46PM, the time the earthquake occurred one year ago, we gave the silent prayer as did many people all over the world.
By Bob Fujimura