うたっこ@青葉西第二仮設団地

2月16日午後は青葉西第二仮設団地の談話室で純さんコンサート。

久しぶりに談話室でのコンサートです。エマオが行くとすでに皆さん集まって待っていらっしゃいました。準備をしていると、ご婦人がたが続々と参加。

午前に地域婦人会の集まりがあったので、その人達を誘ったとのこと。思いがけず賑やかなコンサートになりました。「知っている歌は一緒にどうぞ」との声に誘われて、一緒に歌いながらのコンサートでした。

エマオ石巻 小川 幸子

うたっこ@元浦屋敷仮設団地

2月16日は元浦屋敷仮設での「うたっこ」でした。

参加者もスタッフも女性のみ。参加者の方がかわいい「イチゴ大福」を持参してくださり、「女子会だ~」と言いながらまずおいしい大福を頂きました。

純さんもワーカーさんも「おいし~い」。

食べた後で、さあ、うたいましょ。懐かしい歌がいい、というリクエストに応えて、昭和歌謡を次々と歌いました。グループサウンズや森山良子、ペギー葉山、舟木一夫・・・。おいしく食べて、いっぱいうたって、楽しいひと時でした。

エマオ石巻 小川 幸子

昼食会@恵み野仮設団地

2月15日(水)に恵み野仮設団地で昼食会を開催。私たちの参加者予想者は前回参加だった男性3名。でも予想というのは外れるもののようです。外出されていたり、ご家族の体調がすぐれなかったりして予定していた3人は欠席。

残念に思いながら談話室に戻ると復興住宅に転居した方とその友人たちが来ていました。拠点昼食会にも来て下さったことがある方たちです。

「しばらくぶりですね」と挨拶してぼつぼつ話をしていたら、もう一人近くにお住まいの女性が「遅れてすみません」と言いながらいらっしゃいました。

先に来ていたお二人とは初対面。で、「あなたたちも流されたのー?」という言葉から会話が始まりました。3人がそれぞれに6年前の辛い体験を話し、そっと涙をぬぐう場面もありました。「辛いけれど私たちが伝えていかなきゃ」との言葉に3人がうなづいていました。すこししんみりした雰囲気もありましたが、その後、昔から土地にある店の話などになって大笑いしながら楽しい時間を過ごしました。笑っているうちに時間がきて、今日欠席だった方々がお元気で過ごされているように、体調が悪い方が早くお元気になりますようにと祈りながらお別れしました。

楽しすぎて写真をとるのを忘れました。

エマオ石巻 小川 幸子

3/10はエマオワーカー・リユニオン

3月10日(金)夜、「エマオワーカー・リユニオン」が東京でもたれます。4名のスタッフ(小川幸子、戸枝季子、菊池護、畑屋武志)を派遣しますので、お近くの方はぜひご参加下さい!


震災から6年を迎えようとしています。被災地、被災者と呼ばれた場所も人も大きくかわりました。そして、私たちの集ったエマオもこの3月、これからの活動のために一つの転機を迎えます。
エマオに関わった皆で今までを振り返り、これからを想うひと時をと願い、ワーカーの同窓会を企画しています。現在の笹屋敷や石巻の状況や出会った懐かしい方々のスライドショーやビデオメッセージ、現在と歴代のスタッフも集います。
6年を迎えるこの時、想いと祈りをもって集ってくださったワーカーの皆さんと、あの震災の今までと「これから」を分かち合いましょう。
また当日17:30~19:00、隣接のスコットホールにて「6年を祈念する礼拝」が行われます。ご都合つく方はぜひそちらにもご出席ください。

「東日本大震災6年を覚えて〜エマオワーカー・リユニオン〜」

日時:3月10日(金)19:30-21:00
会場:日本基督教団事務局(〒169-0051 東京都新宿西早稲田2-3-18-31)※東京メトロ東西線「早稲田駅」徒歩6分、副都心線「西早稲田駅」徒歩12分
問い合わせ先:真壁 巌(iwaox01@jcom.zaq.ne.jp)、野田 沢(takunoda@gmail.com)

元荒井2・7号仮設昼食会の報告

2月2日(木)、七郷市民センターで、標記の会をもちました。出席は仮設関係者7名と食事ボランティア4名とワーカー&スタッフ4名。中華飯、餃子入りわかめスープをメインに差し入れを含む各種漬物、期待のデザートはプリンなどの豪華版。この日参加したワーカーの井上節子さんは、教員生活退職後、JICA・シニアー・ボランティアとして2年半ネパールの子どもたちの教育支援に携わった体験を食後のテーブルスピーチでしてくださいました。国が異なっても元気に遊び、働き、学ぶお話に、参加した皆さんも共感しきりでした。(仙台スタッフ まもる)

メールマガジン第61号を配信しました

 

 本日、メールマガジン第61号を配信しました。
 
 お手元に届いているでしょうか?
 
 メールマガジン配信を申し込んだけれど、届いていないという方。
 大きな転換点を迎えようとしている「支援センター・エマオのいま」を知りたいという方、
tohoku.uccj@gmail.comまで、お名前と配信してほしいメールアドレスをお知らせください。

 現在、メールマガジン配信先リストの更新を進めています。
 所属が変わるなどで、メールマガジンをお届けできない方が増えています。
 
 引き続き配信を希望される方は、tohoku.uccj@gmail.comまで、連絡をお願いいたします。
 
 おともだちにも、お知らせくださるとうれしいです。

『スローワーク vol.17』発行しました。

 『スローワーク vol.17』の編集を終え、印刷業者さんにデータを送りました。
 印刷が上がり次第、順次、発送していきます。

 今回は、新年度からの大切なお知らせも掲載されています。
 どうぞ、お読みください。

 最新号を含めたバックナンバーは、こちらをご覧ください。