同窓会お茶っこ

東京から久しぶりのワーカーさんを交えてのお茶っこ。懐かしい出会いがあり、会長はじめ同窓会員も懐かしいおしゃべりに花が咲きました。股関節手術のため入院していたKさんは、今日退院で病院から集会所へ直行!お元気な姿を見せてくださいました。 ずいぶんすっきりスマートになられたようです。食事療法の甲斐ありのようです。手前のビニール袋は会長からたくさんのお菓子が差し入れられたので、一人ひとりのお持ち帰りにしました。

次回は24日のサクランボ狩りです。天気にな~れ!

 

エマオ 小川

修学旅行のプログラムとして

今年も基督教独立学園高校の3年生が修学旅行のプログラムとして来て下さいました。午前中にオリエンテーションをして午後は被災地めぐり。あいにく月曜日は震災遺構となった荒浜小学校も閖上も新井駅のメモリアルも休み。ひたすらバスで移動して説明を聞いてもらいました。深沼海岸は波が荒く風が強かったのですが、高校生は波打ち際まで行って海を感じていました。笹屋敷ではSさんの証言も聞きました。一日の工程を終えて、被災地を実感した、との感想を聞きました。

終わりには感謝のコーラスを聞かせて下さり、素敵な出会いの一日でした。

ささっこ同窓会ワーカー募集

みなさんこんにちは!
ささっこクラブ同窓会からワーカー募集のお知らせです!

日時:2017年8月8日〜10日

※宿泊先はエマオにてご用意いたします。
また9〜10日は笹屋敷町内でのお泊まり会を企画しております。

集合・解散時間:8日午前8時頃エマオ集合 10日午後3時頃エマオ解散
活動に必要な持ち物:動きやすい服装・靴
同窓会としての希望:これまでにささっこに参加したことのあるワーカーの参加

震災から7年目の歩みを持つ中での変化をささっことして受け止めた結果、ささっこクラブは今年度より、同窓会としての活動に切り替わります。
それによりこれまでは月に2度の定例活動を行っておりましたが、今年度は年に3回のプログラムの運営となります。

この夏休みのプログラムは、ささっこ同窓会として初めての活動です。
正直、どんな会になっていくか想像しきれていません。

ぜひ、これまでささっこを支えてきてくれたワーカーのみなさんに助けていただきたいです。
各日程定員8名での募集になります。

ぜひぜひご参加をご検討ください!^^

参加できる!という方はエマオ(tohoku.uccj@gmail.com)までご連絡ください!
件名は『ささっこ同窓会ワーカー申し込み』
本文に『氏名・性別・生年月日・住所・連絡先(未成年の方は緊急連絡先を明記してください)・宿泊希望の有無・(過去のささっこへの参加時期)』を明記の上お申し込みいただけますと幸いです。

 

併せて開催に必要な下記のものについて献品の募集をしております!

・スイカ割り用 スイカ2個くらい
・お泊まり会夜ご飯BBQ&朝ごはん調理用 炭5~8キロ程度
・お泊まり会夜ご飯BBQ用冷凍食材(クール便)
・ささっこ水遊び用 水鉄砲 10個以上あると嬉しいです・・

たくさんの皆様に支えられて活動が継続できることを嬉しく感謝しております。
もし献品をしていただける方は、事前にエマオまでご連絡いただいた後に発送していただけますと幸いです。
ご連絡先は電話(022-265-0173)メール(tohoku.uccj@gmail.com)です。
どうぞよろしくお願いいたします!

今月中にはようやく子どもたちにも年間予定のお知らせができそうです。
エマオは新体制になり、メンバー縮小の中走り続けて気がつけば6月でした。
当日まで残り2ヶ月、しっかりと準備をして迎えたいと思います!

ワーカー募集、そして献品、どうぞよろしくお願い申しあげます!

ささっこ担当 みゅう

まきっこ広場開催、ボランティアワーカー募集!!

7月27日(木)・28日(金)にまきっこ広場を開催します。27日は栄光幼稚園で「流しそうめん」など、28日は釜会館で水遊びなどを予定しています。

手伝って下さるボランティアを募集しています。両日でなくても大丈夫!

詳細はエマオにお問い合わせください。

エマオ 小川幸子

 

話題は尽きません。

函館からのボランティアさんを囲んでの渡波大森仮設団地談話室でのお茶っこ。10時開始でしたが、時間が過ぎても誰も来ず、残念に思っていたらTさんが、続いて女性二人が来られてにぎやかになりました。4月まで祝田仮設の集会室を使っていた集まりですが、祝田のトイレのドアが壊れたので、今後は渡波大森の談話室をお借りすることになりました。遠来の客(?)を迎えて、いつもにもましてトークに熱が入るTさん。小学生時代のいたずらの話、今勉強中の落語の話などなど。今日は自分の独壇場になってしまいすみません、と帰る間際におっしゃっていた・・・

いつものように、たくさん笑って為になる話を聞いて楽しいひと時でした。

小川

新居完成間近か

袖の浜仮設団地に隣接する宅地。住宅完成間近です。今月末には引っ越しの予定ありとのこと。仮設住宅住まいの方が自宅に移り落ち着くことを喜びながら、あと何回この仮設談話室でおちゃっこできるのかな、と寂しくもあります。ちなみに14日には純さんを迎えて袖の浜仮設団地でうたっこ開催です。

小川

歌って…踊って…でもお茶っこです

そろそろ西の方から梅雨入りですね。

少し薄曇りの6月6日の仙台市若林区荒井西集会所で、七郷地区仮設同窓会のお茶っこでした。開始時間前から三々五々と集まってくださった方は16名。毎回のお楽しみ、お持ち寄りお漬け物が次々とテーブルに広げられ美味しくて早速に箸が行き交います。

今回はS会長の企画で「ふるさとの浜」の作者Kさんによる「みんなで歌っこ」が行われました。

 

昭和の懐メロを中心に約20曲くらいを大きな声で歌い、KさんやS会長のダジャレに笑い…

そして久しぶりに歌に合わせた手踊りが・・・

 

 

 

 

 

集まったみなさんが心配するくらい元気に踊るNさん。リクエストに応えて2回踊り、それに連れて踊り出す人が続出。歌声もヒートアップして、集会所の外まで歌声や笑い声が聞こえていました。

そのあとの昼食タイムでは、いつも以上に食べる量がみなさん増えたようでした。

心和む一時。いらっしゃった時は元気がなかった方も帰るころにはすっかり血色もよくなり、「またね〜」と大きな声で別れのあいさつを交わして行かれました。

七郷地区仮設同窓会のみなさんの笑顔に会いたくて、次回は6月20日に伺います。