石巻でのボランティア活動報告(3月30~31日)

2011年3月30日(水)
石巻山城町教会員のお宅にて、ボランティア6人でワークを行いました。主な内容は、浸水して使用できなくなった畳の搬出、家具の移動、汚泥のかきだしでした。
水を吸って重量を増した畳16枚を搬出するためには、すべての家具をいったん移動しなければなりませんでした。また今回の泥だしの作業では、泥が乾燥していたため砂じんが舞い上がり、マスクなしでは作業はできない状況でした。泥は水分を含んでいても、重さ・臭気・不衛生等の困難を伴いますが、乾燥していても大量の砂塵が舞い上がるような土質が、被災地復興への妨げとなっていることを感じました。
しかし、作業時間は3時間ほどで、予想されていたよりかなり早く終了し、しばらくの間、そのお宅の夫妻と今回の災害についてお話をうかがい、被災地のさらなる実情を知ることができました。
一方、石巻栄光教会・幼稚園ではボランティア3人で泥につかってしまった園児のための遊具・おもちゃを清掃し、一日も早い園務再開へ向けて活動しました。同園では汚泥が園庭に流れ込み、衛生的な問題から、いまだ園児は外で遊ぶことはできていない状況です。一日でも早く、今まで通りの園務が再開されることを願います。
2011年3月31日(木)
石巻山城町教会員のお宅にて、ボランティア4人でワークを行いました。前日とは別の海岸に近いお宅で、一階の天井近くまで浸水しているような場所で、玄関につながる庭には物置や冷蔵庫、近隣から流されてきた車、冷蔵庫、洗濯機などが散乱していました。初めは人間の力だけでは無理だと思われた作業も、なんとか人が通ることのできる状態まで復帰することができました。また海岸に近いので汚泥が多く堆積していて、長靴とレインコートは必須でした。しかしながら、そのような中で、人の通ることのできる道ができたことで、次回の活動につなぐことができたのではないかと思います。
石巻栄光教会では、2人のワーカーで作業を行いました。この日は雨だったので、汚泥の表面に浮かんでいるパルプの層がぬかるみに変わる前に除去する作業を行いました。その後、地震で散乱した教会の2階部分を整理整頓し、土嚢を詰めた袋を車に積み、沿岸部に設置された仮置場に運びました。沿岸部に近づくにつれて家屋・工場の被災の状況はひどくなっていて、流出した木材・汚泥の量も圧倒的に多くなっていました。
石巻地方の災害の特徴的なところは、沿岸部にパルプ工場等が連立する工業地帯であり、汚泥は繊維・油等を含んだ粘着質で非常に処理しづらいものであるということです。またそこで働いていた多くの方が仕事を失い、これからの生活の問題が考えられます。
今後継続して、当センターは石巻方面にボランティアを派遣し、支援していくことを考えています。

発信: 梅川正太・渡辺真一

$「東北教区被災者支援センター」の公式ブログ
$「東北教区被災者支援センター」の公式ブログ

Needing a VAN!

VAN NEEDED! To deliver people, goods and prayers…

As our Center is becoming increasingly a hub of activity, we are finding that we doing a great deal of carrying supplies and people. So far we have been using church vans or pastor’s personal cars. However, the disaster sites are full of mud and the vehicles become covered with mud.

We would be grateful if we could have the use of a vehicle for our activities. If there is anyone you know of who would be able to donate a van please contact the center.

Etsuya Kataoka

【重要】ワゴン車求む!(3月31日)

追記:ワゴン車募集は、4月8日付で終了しました!ご協力感謝します


ワゴン車求む! 人と物と祈りを届けるために・・・
被災者支援センターの活動が活発化する中で、物資や人を運ぶ機会が増えてきました。そのたびに牧師の愛車や教会の車・トラックをお借りしている現状です。津波の被害を受けた被災地域では泥がまだたくさん残っていて、お借りした車も泥だらけになってしまい、申し訳なく思っています。
そこで、支援センターの活動のために、運搬車を求めています。中古車で構いません。ハイエース級のワゴン車を無償で提供してくださる方がございましたら、ぜひ被災者支援センターまでご連絡ください。

発信:片岡謁也(東北教区宣教部委員長)

Volunteer Insurance

We are grateful for the volunteers from all over Japan and overseas that are coming to the Center.

We require all volunteers to be covered by volunteer insurance. Prior to coming, please join the Volunteer Insurance Plan A (Disaster Type) at your local Social Welfare Council. It is an annual fee of 670 yen. For details, see our Japanese website .

Although it is possible to enroll in the volunteer insurance in Sendai, but it takes a day for the coverage to begin, so you would lose one day of volunteer activity, and the local offices have their hands full. We recommend that you get covered before coming. The coverage lasts from the day of enrollment until March 31st of the next year.

*There is some risk of injury from aftershocks and volunteer activity. The Center cannot take responsibility for accidents or injury. Those who wish to volunteer are responsible for themselves.

*Those who have applied in the past, please make sure you have reapplied for this year, as the fiscal year begins on April 1.

A day at Emmaus Center

A day at Emmaus Center

3 weeks have passed since the earthquake and the Center has many people and goods coming and going. Today we share with you a day from the center. Due to rainy weather today, (the 31st ) outdoor volunteer work was cancelled. We had volunteers cleaning the center and organizing thing inside. Sorting and organizing the many goods sent from all over Japan is important work.

$「東北教区被災者支援センター」の公式ブログ

(Sorting and counting the supplies)

There are other volunteers that help by cooking meals for the volunteers . This work is also valuable work for which we are thankful.

$「東北教区被災者支援センター」の公式ブログ

(Making meals for many people is a big job)

Communication and recording of activities on the blog is also important work. These volunteers would like to go out to the disaster sites to help, but stay behind at the computer to aid in communication.

$「東北教区被災者支援センター」の公式ブログ

(There are 5 computers set up on the table)

Volunteers gather at 8:30 in the morning and the go to their various work sites. At 4 pm they return to the Center, and a volunteer meeting is held. At the meeting, each group reports on the day’s activities and to share what they felt. Taking time to hear each person’s thoughts and feelings is an important part of the Center’s activities.

$「東北教区被災者支援センター」の公式ブログ

(Volunteers gather around the table to talk and share)

The situation at the disaster sites change every day and moment. New groups arrive at the Center and groups completing their service leave. Phone calls come in with information on supplies that will be sent, or for offers to send volunteers. All this information is posted on the white board.

$「東北教区被災者支援センター」の公式ブログ

(The multitude of messages posted on the board)

The Center is now focusing on volunteer work in Ishinomaki and Wakabayashi ward of Sendai. Many hands are needed in the work of digging out mud and rubble, and to clean up houses. We ask for the cooperation of many people.

Shinichioro Asayama

支援センター・エマオの一日(3月31日)

支援センター・エマオの一日
震災発生から3週間近くが経ち、東北教区被災者支援センターには多くの人やモノが出入りするようになりました。今回は支援センター内の様子をお伝えします。
本日(31日)は雨天のため、屋外でのボランティア活動が中止となりました。集まってくれたボランティアの方々には支援センター内の整理や清掃をしていただきました。全国から集まった支援物資を仕分け、管理することも立派なボランティアワークです。

$「東北教区被災者支援センター」の公式ブログ
(物資の種類・個数を細かく確認)
支援センターには毎日、日替わりでスタッフや屋外でワークに出かけるボランティアのために食事を準備して下さるボランティアの方々もいます。日々の食事を用意することもまた大切な支援活動の一つ。毎日感謝していただいています。
$「東北教区被災者支援センター」の公式ブログ
(大勢の食事の準備は一苦労)
支援活動の記録やブログなどでの情報発信も大事。被災地でのワークに出かけたい思いを抑えつつ、パソコンの前に座って、被災地の現状や支援センターの働きを伝えていきます。
$「東北教区被災者支援センター」の公式ブログ
(テーブルの上にノートパソコン5台が所狭しに並ぶ)
支援センターのボランティア活動は朝8時半に集合、それぞれのワーク地に向かいます。午後4時には一日の活動を終えて、支援センターに帰着。最後にボランティアミーティングを開き、各人の活動報告と感じたことを共有しています。ボランティアの方ひとりひとりが感じたこと・思ったことを大事にすることも支援センターの大事な働きです。
$「東北教区被災者支援センター」の公式ブログ
(テーブルを囲んで話し合うボランティアの方々)
被災地の状況は毎日、刻一刻と変化しています。県外から新しいグループが到着すれば、活動を終えた方々が去り、支援センターに出入りする人も数も変わります。電話で受けた支援物資の情報やボランティア申し込みなどの重要な情報はホワイトボードに貼り付け、共有しています。
$「東北教区被災者支援センター」の公式ブログ
(ボードにはあらゆる情報が乱雑に書き込まれる)
支援センターでは現在、石巻と仙台市若林区を拠点にボランティア活動をしています。津波で甚大な被害を受け、ドロ出し・ガレキの処理・家の片付けなど大変な作業はたくさんあります。是非多くの方のご協力をお願いします。
発信:朝山慎一郎

【重要】ボランティア保険加入のお願い(3月31日)

【ご注意】以下の記事には、古い情報が含まれている場合があります。お手数ですが、最新の記事: 【重要】ボランティア保険加入のお願い(4月11日)をご確認下さい。
(以下は、古い情報が含まれている場合があります。)


【重要】ボランティア保険加入のお願い
東北教区被災者支援センターでは3月29日より県外からのボランティア受け入れが本格的に開始しました。早速、全国そして隣国・韓国からもボランティアの方々が当センターに集まって来ています。感謝いたします。
今後、当センターでのボランティア活動をお考えの方々には、特にボランティア保険への加入をお願いいたします。以下、ボランティア保険についての諸注意です。ご覧下さい。


◎当センターのボランティア活動に応募する方は、事前にお住まいの地域の社会福祉協議会で「ボランティア活動保険・Aプラン(天災型)」に加入して下さい。1名あたりの年間保険料は670円です。(詳しくはこちら

◎仙台でのボランティア保険に加入も可能です。ただし、その場合、保険の補償期間が加入日の翌日からとなり、加入日当日はボランティア活動はできません。平日午後5時以降に到着した場合や日曜日に到着した場合は、加入手続きは翌日、ボランティア活動は翌々日からとなります。(※ 被災地域のボランティアセンターや社会福祉協議会の仕事と財政負担を増やすことにもなりますので、可能な限りお住まいの地域での保険加入をお願いいたします。

◎保険未加入による事故・怪我については、当センターでは責任は一切負いません。ボランティアを希望される方は、あくまで自己責任でお願いします。

◎保険の補償期間は加入日(4月1日以降)から翌年3月31日までの1年間です。「すでにボランティア保険に加入した」という方も、4月1日から年度が変わりますので、継続手続きが必要になります。ご注意ください。


これからボランティアを考えている方は、まずボランティア保険への加入を済ませて下さい。そして、十分に準備をしてからボランティアをはじめましょう。