石巻でのボランティア活動報告(4月1日)

石巻でのボランティア活動報告(4月1日)
石巻組の活動は栄光教会の信徒のお宅でボランティア6人でのワークでした。
今日のワーク地は比較的海に近いところなので、汚泥や建材、車などが多く流れ込んでいました。汚泥の除去作業と流れ着いた建材の搬出が主な作業で、駐車場と玄関周りをきれいにすることができました。
汚泥は掘り返すとヘドロ化しており、悪臭・粘着質という性質をもっています。また建材は遠方から流されてきているので、割れて鋭くなっている物や釘の出ているものがあり作業のスピードが低下してしまいました。しかしちょっとした注意を行うだけで怪我を未然に防ぐことができ、作業のスピードも慣れが解決できると思います。
駐車場を清掃できたことでワーク地でのこれからの車での搬出・搬入をスムーズにすることができ、明日以降のワークにいかすことができました。しかし、まだまだ庭や屋内に汚泥や家具が散乱している状況ですので、今後もワークを継続していこうと思います。
また石巻栄光教会の牧師夫妻と夕食を共にしました。私たちが作ったものは、味噌煮込みうどんとフライドポテトでした。被災地では物資はたくさんあるけれども、温かい「料理」を食べるのはあまりなかったそうだそうです。ボランティア一人ひとりが自分たちの食べるものを調理し、そして共に食す――。食卓を通してこのメンバーが一つの共同体となれたことを実感できる時でした。
そして、食事を通して地震直後のお話を伺うことができました。私たちの想像力はあくまで想像のものでしかなかったことを思い知らされます。災害が起こったその日からどのような現実を体験されてきたのか、私たちはそのことをじかに聞かせてもらうことができ、少しだけですが被災の現状について知ることができたのではないかと思いました。
あの日あの時から2週間が過ぎました。各地で状況は回復しつつありますが、被災地はまだまだ厳しい状況が続いています。その中で自分たちにできることはなんなのか、すこしでも役に立つことができればと思います。

梅川正太(うめかわ・しょうた)、渡辺真一(わたなべ・しんいち)

Tobi's Activity Report – April 1

Completing 10 days of Volunteer Work.


I came to Sendai on March 23 and volunteered 10 days at the Center. I want to thank all the people of the Tohoku District and those at SCF (Student Christian Fellowship) who sent me off with blessings, and also to my workplace (Meiji Gakuin Jr. and Sr. Highschool) for giving me time off to do this.


At the Center I was assigned to the “Communication Crew”. This work involves gathering and disseminating information about Center activities and about the situation at the disaster sites. Everything was a first for me – the blog, editing videos, and posting on U-tube. It was continual trial and error, but our crew leader Mr. Asayama and other volunteers and staff at the Center taught me the basics.


I was able to visit some areas that were hit hard by the disaster. After church service I heard first hand from church members about their experiences. Meeting and talking to many people was a valuable experience for me. I have so many memorable experiences but let me share one:


On the first day that the church kindergarten resumed, a child playing in the playground approached the pastor:

"Pastor!"

The pastor, calling the child by name, said "Were you OK?"

"Yes!"

"Did the earthquake scare you?"

"Yes"

"Too bad about your house, huh?"

"Yea, it washed away…"

"…Yea, it did didn’t it…"

"Now we’re staying at Grandma’s house"

"It’s a hard now, but we’ll get through together, OK?"

"Yea!"

When I saw the two hug each other, I was brought to tears. I thought, the church and the kindergarten are in this place to comfort the hurting children.

May Christ’s healing presence be in every corner of our hearts.

"Let your hope keep you joyful, be patient in your troubles, and pray at all times. Share your belongings with your needy fellow-Christians, and open your homes to strangers. Ask God to bless those who persecute you – yes, ask him to bless, not to curse. Be happy with those who are happy, weep with those who weep."(Romans 12:12-15)

Takafumi Sato (Member, Nishi Tokyo Kyoku Higashimurayama Church)

「東北教区被災者支援センター」の公式ブログ

[トビの活動報告]10日間のボランティア活動を終えて(4月1日)

10日間のボランティア活動を終えて
3月23日に仙台に入り、今日まで10日間、東北教区被災者支援センターでボランティアをさせていただきました。迎え入れてくださった東北教区の皆様と、祈りをもって送り出してくださったSCFと西東京教区、そしてボランティアのために休暇をくださった職場(明治学院中学校・明治学院東村山高等学校)の皆様に感謝いたします。
センターでの私の担当は、「情報班」でした。センターの活動や被災地の状況を取材調査・報告・発信する仕事です。初めてのブログ、初めての画像編集、初めてのYouTubeへの投稿など、初めてのことばかりで、試行錯誤の連続でしたが、情報班長の朝山くんをはじめ、センターの皆さんやボランティアの仲間たちがいちから教えてくださいました。
取材のために、宮城県内のいくつかの被災地を視察に行くことができました。礼拝出席後に、教会員の方から体験談を聞くこともできました。多くの人と出会い、多くの人の話しを聞くことができたことは、私にとって貴重な経験となりました。忘れられない多くの思い出がありますが、ひとつだけ紹介させてください。
再開したばかりの教会幼稚園で、滑り台で遊んでいた園児が、園長先生の所に駆け寄って来ました。

 「園長先生!」
 「ああ〇〇ちゃん、元気だった?」
 「うん!」
 「地震怖かった?」
 「うん」
 「お家、大変だったね」
 「流されちゃった……」
 「……そうだったね。」
 「いま、おばあちゃんの家にいるの」
 「そう。みんな大変だけど、元気で頑張ろうね」
 「うん」

そう言って抱きあう二人を見て、思わず涙がこぼれました。 傷ついた子どもたちを慰めるために、この地に教会があり、この地に教会幼稚園があるのだと思いました。

キリストの癒しが私たちのこころのすみずみにまで、ゆきわたりますように……。
「希望をもって喜び、苦難を耐え忍び、たゆまず祈りなさい。聖なる者たちの貧しさを自分のものとして彼らを助け、旅人をもてなすよう努めなさい。あなたがたを迫害する者のために祝福を祈りなさい。祝福を祈るのであって、呪ってはなりません。喜ぶ人と共に喜び、泣く人と共に泣きなさい。」
(ローマの信徒への手紙12章12-15節)

佐藤飛文(さとう・たかふみ/西東京教区・東村山教会信徒)

「東北教区被災者支援センター」の公式ブログ

【重要】ボランティア募集のお願い!(4月1日)

【ご注意】
宿泊ボランティアの受入条件および申し込み方法が、以下の内容から一部変更されています。お手数ですが、以下の最新の記事をご確認の上、お申し込みください。
・ 【重要】ボランティア申し込みの案内(4月11日)
・ 【重要】ボランティア保険加入のお願い(4月11日)
(以下は、古い情報が含まれています。)


【重要】ボランティア募集のお願い!(4月1日)
当支援センターでは石巻と仙台市若林区の2カ所で本格的なワーク活動を開始しました。そのため、多くの人手が必要です。是非ボランティアの応募をお願いします。県外からボランティアとして応募される方は、以下の点にご注意・ご了承の上、応募ください。


◎4月1日現在、現地(仙台・石巻)では多くの地域でガスが不通のため、入浴はできません>

◎ボランティア保険には事前に加入お願いします。社会福祉協議会が提供する天災型プラン(670円)で加入してください。保険未加入による事故・怪我については、当センターでは責任は一切負いません。ボランティアを希望される方は、あくまで自己責任でお願いします。(ボランティア保険の加入の詳細は、過去のエントリー『【重要】ボランティア保険加入のお願い(3月31日)』を参照ください。)

◎被災地はまだ寒さが厳しく、暖房は燃料節約のため使えません。十分な防寒対策をお願いします。

◎食事は自身の滞在期間分のおかずを持参ください。1週間以上の長期で滞在する方は、最低1週間分のおかずを持参ください。可能であれば、お米も持参ください。持参したお米は初日にご提供ください。全員分を当センターで炊いて食べます。お米と味噌汁はこちらで調理しますが、おかずは各自で準備ください

◎宿泊先の手配は当センターで可能です。宿泊希望の方は、1泊300円(食事込み)のお支払いください。ご自身で宿泊先を手配される方は、食事をとられる場合、1食100円お支払いください

寝具は基本的に当センターから提供いたしません。必要なものを各自でご用意ください。

当センターまでの移動は各自でご手配ください。車で来られる場合は燃料の補給路の確認、携行缶の用意など往復できるだけの十分なガソリンを各自で準備してください。原則として、当センターのガソリンは提供できません。

◎当センターでは洗濯機、トイレの使用は可能です。

現地での移動のため、車で来られる方、普通自動車運転免許を持っている方がいることが望ましいです。(ただし、お持ちでなくても受け入れは可能です。)

<必要な持ち物>
寝具、健康保険証、各自の飲料と食料、作業着、作業手袋、作業に適した長靴、レインコートは、必ずご持参ください。

<受入条件>
1、自己責任において、自らの所有物・貴重品等は自己管理すること
2、原則的に、連続して四日以上(応相談)ワークできること
3、最終的な判断は当センターの決定に従うこと

上記のことを了解いただける団体・個人の方は、FAXもしくはe-mailにて当センターまでお問い合わせください。下記の申し込みフォームに必要事項を記入の上、ご連絡ください。
【FAX】022-222-0993
【e-mail】tohoku.uccj@gmail.com
=========(申し込みフォーム)==========
1) 氏名:(姓)    (名)    (フリガナ        )
2) 生年月日:    年  月  日(   歳)
3) 性別:
4) 住所:
5) 携帯電話番号(お持ちの方は):
6) メールアドレス(お持ちの方は):
7) 参加期間:       年  月  日~   年  月  日
8) 到着予定時間:     年  月  日  時頃
9) 帰路出発予定時間:   年  月  日  時頃
10) 現地までの移動手段:
11) 宿泊希望(有/無):
======(メール本文中に記載して送信ください)======
団体で申し込みをされる方は、団体名・代表者名・参加人数を明記の上、参加者ごとに上記の申し込みフォームの記入をお願いします。当センターにて、受け入れ可能かを検討し、返答させていただきます。
宿泊施設の収容人数や予約状況、受け入れスタッフの状況によってはお申し込みをお断りさせていただくことがございます。ご希望に添えない場合があることをご了承ください。

Second day of volunteering at Wakabayashi Sendai

A total of 15 volunteers from Sendai Student Center, NCC (Japan Christian Council), Korean Church of Japan, Kyodan Okinawa District, Kyodan Nishi Tokyo District, Doshisha University (Kyoto), SCF (Student Christian Fellowship, Tokyo) went to the site.


Today’s work involved carrying out tatami mats, and other household items damaged by the tsunami, as well as digging out the mud. It was painful to think of how the residents felt seeing all their things removed.


Those that have suffered damage from the tsunmai are hurting both physically and emotionally. However, they are not in despair. They dream of the day that they can return to their homes and their daily lives. We hope to be of some help in making this dream come true.


We are getting offers to volunteer from people who have seen this blog. We are in need of hands. Please consider joining with us to volunteer.


Takafumi Sato (SCF Volunteer)

$「東北教区被災者支援センター」の公式ブログ

(Heading off from the Center to work)

(Images of volunteer work)

$「東北教区被災者支援センター」の公式ブログ

(A piano removed)

$「東北教区被災者支援センター」の公式ブログ

(The tsunami reached as high as the left hand)

*We have gotten permission for photographs and moving images.

仙台市若林区ボランティア2日目(4月1日)

4月1日、仙台市若林区での2回目のボランティア活動がおこなわれました。
仙台学生青年センターの青年たちを中心に、NCC(日本キリスト教協議会)、在日大韓基督教会、教団沖縄教区、教団西東京教区、同志社大学(京都)、SCF(学生キリスト教友愛会・東京)からの派遣ボランティアも参加して、総勢15名で現場に向かいました。
今日のワーク内容は、津波で使えなくなってしまった畳や物品を外に運び出すことと、津波で家に入ってきたドロをスコップでかき出すことが中心でした。被災された家族の思い出のつまった物を運び出すことは心が痛みました。
被災された方々は津波の被害で肉体的にも精神的にも傷ついておられます。しかし、絶望はしていません。「早く避難所から自宅へ戻り、生活を立て直したい」という夢を持ちつづけておられます。その夢をかなえるためのお手伝いを、私たちは今後も続けて行こうと思います。
このブログをご覧になった他の地区の方からも「ぜひ応援に来てほしい」という要請が来ています。人手が足りません。ぜひ私たちのボランティア活動に参加してください。

発信: SCF派遣ボランティア 佐藤飛文(さとう・たかふみ)

$「東北教区被災者支援センター」の公式ブログ
自転車で支援センター出発

ワークの映像
$「東北教区被災者支援センター」の公式ブログ
搬出されたピアノ
$「東北教区被災者支援センター」の公式ブログ
左手の高さまで津波が来たそうです
(※ 写真と動画は被災者の方の許可をいただいて撮影・掲載しております。)

The plum blossoms at disaster site

「東北教区被災者支援センター」の公式ブログ


This week our Center started volunteer activities in the Sasayashiki region of Wakabayashi Sendai. Even this region located 2 kilometers from the coast was struck by a 1 meter high tsunami and many things were swept away.


We are working to clean up in houses that miraculously remained. During a break, I went for a walk and discovered a blossoming plum tree. The tree was all cut up but the flowers still bloomed this year.

Takafumi Sato (SCF Volunteer)