Setup of UCCJ Tohoku Disaster Relief Center

UCCJ Tohoku Disaster Relief Center Established at Emmaus Center on March 15th.
We at the Emmaus Center have been discussing how best to gather and provide information and offer disaster support. On March 15, along with Emmaus Center Director Matsumoto, and Student Center Director Jeffrey, we arrived at the conclusion that Emmaus Center will be the focal point of this support. Based on this, along with District Moderator Takahashi who had returned from a meeting at Ou District, we agreed to establish the UCCJ Tohoku Disaster Relief Center, housed at the Emmaus Center.
We do not know how much we will be able to do, but supported by your prayers, we have decided to begin activities to stand with the people who have suffered.
We will continue to provide details.
We give thanks from the bottom of our hearts for remembering the disaster stricken areas and for your prayers.

– Etsuya Kataoka (Pastor, Wakamatsu Sakae-machi Church)

「東北教区被災者支援センター」を設立(3月15日)

東北教区被災者支援センターをエマオに設置
東北教区センターエマオでは、情報の収集並びに発信とともに、被災地での支援を模索してまいりました。
そのような中、2011年3月15日エマオ館長松本さん、学生センター主事のジェフリーさんを交えて協議し、エマオを支援の拠点にしたいとの結論にいたりました。
それを受け、奥羽教区とのミーティングから戻った高橋教区議長を交え、東北教区被災者支援センターをエマオ内に設置することを決定いたしました。
果たして私たちにいかほどのことが出来るのかわかりませんが、皆様のお祈りに支えられながら、被災者に寄り添う活動を展開したいと決意しています。詳細は追ってお知らせいたします。
被災地を覚えてお祈りくださるすべての皆様に心から感謝いたします。

発信:片岡謁也(東北教区宣教部委員長)