七ヶ浜町でのボランティア活動報告(3月29日)

仙台YMCAと一緒に七ヶ浜町でボランティア活動をしてきました。
私たちは昨日に引き続き、七ヶ浜に仙台YMCAの方々、ルーテル学院大学の方々と共に活動してきました。初めていった七ヶ浜町の被災状況に、正直言葉を失いました。
到着してさっそく、各家を一軒ずつ回り、必要な物資の聞き取り調査、その後に配給という活動内容でした。区域によっては被害があまりなく準備もなされていたということで物資が足りていたところもあれば、消耗品の物資の要請や、やはり水がほしいという要望がありました。
七ヶ浜町の災害支援センターには多くの物資があったので、公平性の面も考えつつその中でも少しでも早く住民の方々にお届けすることができないのかともどかしく思ったりもしました。実際に被災された住民の方々の声をお聞きしていくうちに、考慮しなければならない点や、何が自分たちにはできるのかという部分も多く考えさせられ、また今回担当した区域以外からも活動の要請がきているのでそちらの他団体の方々と連携を取りつつ今後もこの活動を展開させていきたいです。

ボランティア 齋藤未歩(さいとう・みほ)


七ヶ浜町の被災状況
$「東北教区被災者支援センター」の公式ブログ
七ヶ浜町ボランティア・センター内の大量の支援物資
$「東北教区被災者支援センター」の公式ブログ
地図一枚で丹念に各家庭を調べてまわります

宮城野区でのボランティア活動報告(3月29日)

宮城野区災害ボランティア・センターでの活動
現在仙台市では、行政と住民の橋渡しを担う社会福祉協議会によって、4つの「災害ボランティアセンター」が開設されています。私たちは本日(29日)、宮城野区の同センターを通して、7名で以下の活動を担当しました。

  • 転出者の引越し手伝い: 地震により仙台を離れることになった、一人暮らしの高齢者の方の荷物を整理し、処分するものは指定された公園に廃棄する手伝いをしました。大量の家電製品、家具、がれきなどの震災ゴミが山のように積まれていました。
    $「東北教区被災者支援センター」の公式ブログ
    震災ゴミの集積所・日の出町公園の様子
  • 被災者の家屋の清掃: 足が不自由なために身動きがとれない一人暮らしの女性を訪問し、清掃を手伝いました。「誰かと話しをしたい」という被災者の方々も多く、依頼された作業だけでなく、コミュニケーションが大切だと感じました。
  • 緊急小口融資の案内補助

中長期的な支援の必要性
今回支援した方々は、まったく生活できないという被災状況ではなかったものの、社会的に弱い人々の生活が、災害によってさらに困難になっている様子が分かりました。被災生活の長期化するにつれ、今回のような支援への必要性は、今後高まっていくのではないかと思います。

SCF派遣ボランティア 吉岡優介(よしおか・ゆうすけ)
秋田公子(あきた・きみこ)

【重要】他県からの宿泊ボランティア受け入れ開始のご連絡(3月29日)

【ご注意】
宿泊ボランティアの受入条件および申し込み方法が、以下の内容から一部変更されています。お手数ですが、最新の記事をご確認の上、お申し込みください。
・ 【重要】ボランティア申し込みの案内(4月11日)
・ 【重要】ボランティア保険加入のお願い(4月11日)

(以下は、古い情報が含まれています。)



【重要】3月29日より他県からの宿泊ボランティア受け入れを開始しました。
ボランティア受け入れにあたり、以下の点をご注意ください。

◎3月29日現在、現地では多くの地域でガスが不通のため、入浴はできません

◎ボランティア保険には事前に加入お願いします。社会福祉協議会が提供する天災型プラン(670円)で加入してください。(詳しくはこちら
(余震やボランティア活動で怪放をする危険があります。保険未加入による事故・怪我については、当センターでは責任は一切負いません。ボランティアを希望される方は、あくまで自己責任でお願いします。)

◎被災地は寒さが厳しく、暖房は燃料節約のため使えません。十分な防寒対策をお願いします。

◎寝具・食事は基本的に当センターから提供いたしません。必要なものを各自でご用意ください。

当センターまでの移動は各自でご手配ください。車で来られる場合は燃料の補給路の確認、携行缶の用意など往復できるだけの十分なガソリンを各自で準備してください。原則として、当センターのガソリンは提供できません。

◎当センターでは洗濯機、トイレの使用は可能です。

◎現地での移動のため、普通自動車運転免許を持っている方がいることが望ましいです。
 (ただし、お持ちでなくても受け入れは可能です。)

<必要な持ち物>
寝具、健康保険証、各自の飲料と食料、作業着、作業手袋、作業に適した長靴、レインコートは、必ずご持参ください。
<受入条件>
1. 自己責任において、自らの所有物・貴重品等は自己管理すること
2. 3泊4日以上で滞在できること
3. 最終的な判断は当センターの決定に従うこと

上記のことを了解いただける団体・個人の方は、FAXもしくはe-mailにて当センターまでお問い合わせください。団体(個人)名、参加者数、滞在日数、連絡先FAX番号又はPCアドレスを明記の上、ご連絡ください。当センターにて、受け入れ可能かを検討し、返答させていただきます。
FAX 022-222-0993
e-mail tohoku.uccj@gmail.com
現段階では時に申し込みがたてこむことが予想されます。宿泊施設の収容人数や予約状況、受け入れスタッフの状況によってはお申し込みをお断りさせていただくことがございます。ご希望に添えない場合があることをご了承ください。
発信:渡辺真一

七ヶ浜町でのボランティア活動報告(3月28日)

仙台YMCAと一緒に七ヶ浜町でボランティア活動をしてきました。
私たちは本日(3月28日)、仙台YMCAと共に宮城県七ヶ浜町(しちがはままち)でボランティアをしてきました。仙台YMCAは七ヶ浜町の社会福祉協議会の災害ボランティア・センターと一緒に活動しており、当センターとしても今後できる活動を広げたいという事で、参加させてもらいました。
本日行った活動は、被災者の方々のお宅を戸別訪問し、ボランティア・センターから各世帯に必要な物資を届ける、というものでした。
今回の活動で、住民の方一人ひとりの具体的な要望や不満、生活の状況などを知ることができました。最終的には、要望のあった物資(食品・衣類・各種消耗品等)の一部をお届けすることができました。
今後も、引き続き可能な範囲でYMCAの活動に関わっていきたいです。また、七ヶ浜町のボランティアセンターでは支援物資を被災者に公平に分配しなければならず、必ずしも必要な物資を必要な方に配給できていません。そのような行政側でうまく提供できていない物資(ガスボンベ等)については、当センター内の物資の一部を提供することも考えたいと思います。

発信:山崎 雅翔(やまざき・まさと/SCF派遣ボランティア)

$「東北教区被災者支援センター」の公式ブログ
必要な物資を用意
$「東北教区被災者支援センター」の公式ブログ
各世帯へ配達
$「東北教区被災者支援センター」の公式ブログ
七ヶ浜町ボランティア・センター物資集積場

To Shichigahama with the Sendai YMCA

Today (28th) we went with the Sendai YMCA to Shichigahama in Miyagi Prefecture. The Sendai YMCA is working with the Social Welfare Council’s Disaster Volunteer Center, and we at Emmaus (Emao) Center participated today with hopes of broadening our own activities.

Our activities today involved visiting homes of disaster victims, and to deliver needed supplies from the volunteer center to those homes.

From these activities we were able to hear specific desires of the victims, their complaints, and what the victims are facing in their present living situations. At the end, we were able to deliver some supplies they desired, (food, clothing, other consumable supplies.)

We plan to continue as much as able in these activities. In addition, there are items that the Social Welfare Council does not have enough supplies to distribute equitably, (gas bombs etc), so we hope to help by providing some of what we have stored at the Emmaus Center.


 Masato Yamasaki(SCF派遣Volunteer)



UCCJ Tohoku Disaster Relief Center

(Preparing needed supplies)



UCCJ Tohoku Disaster Relief Center

(Delivering to homes)



UCCJ Tohoku Disaster Relief Center


(Supplies storage space at Shichigahama Volunteer Center)

大韓イエス教長老会の来訪(3月28日)

本日、在日大韓基督教会、大韓イエス教長老会総会(PCK:統合)の牧師らが当センターを訪問くださいました。
お訪ねくださったのは、在日大韓基督教会東京調布教会牧師のキムビョンホ(金柄鎬)先生、大韓イエス教長老会総会(PCK:統合)社会奉仕部のアンホンチョル牧師先生、ソンタンハンマウム教会担任牧師のチェセグン(崔世根)先生の3名です。
被災地への支援物資として太陽熱電灯200個を寄贈、100万円の支援献金もいただきました。今後、奥羽教区事務所を表敬訪問し、さらに大船渡や釜石を慰問される予定です。
感謝して報告いたします。감사합니다!
発信:佐藤飛文(SCF派遣ボランティア)
崔世根牧師からのメッセージ


$「東北教区被災者支援センター」の公式ブログ
$「東北教区被災者支援センター」の公式ブログ

JOCS Report of Medical Aid

Dr. Kenji Narato of JOCS Japan Overseas Christian Medical Cooperative Service , one of the support organizations of our Center came to Japan on March 16th and has been involved in medical examinations and health and sanitation work in the shelters in Wakabayashi ward of Sendai.



On the 24th, he moved on to Miyako, Takada, Tajiri, and Tome to assess the medical needs there. Today (28th) he headed for Hanamaki with Dr. Otomo of Japan Medical Mission Kinugasa Hospital.
They plan to develop medical aid in Kamaishi, with Hanamaki Church as a supply station. We thank them for their valuable work.

Sato Takafumi (SCF Volunteer)
UCCJ Tohoku Disaster Relief Center
Dr. Otomo on left, Dr. Narato on right