仙台市内への支援物資お届け 2 (3月23日)

自転車で仙台市内の各教会に支援物資をお届けしました
本日、物資お届けにまわったのは、次の教会です。
○仙台ホサナ教会
○仙台北三番丁教会
○仙台愛泉教会
各教会とも仙台市内中心部に位置するため、比較的被害が少なかったようです。ガスコンロ、ガスボンベ、レトルト食品などをお届けさせていただきました。
車では泉高森教会、仙台松陵教会にまわってきました。ガスコンロ、ボンベ、レトルト食品、野菜・果物をお届けさせていただきました。
また、支援センターでは各教会・教会員の方々でボランティアのお手伝いが必要な方に、当センターからボランティアの派遣を考えております。
「支援物資が必要だけど、移動手段がない……」
「地震・津波で被害にあった家の片付けを手伝ってほしい……」
「マンションが断水していて、水くみができない……」
など、物資・人手が必要な方がいらっしゃれば、支援センターまでご連絡ください。
すぐにご要望にお応えできないかもしれませんが、お手伝いに伺います。
まずは支援センターまでご相談ください!
022-222-0990/022-222-0992

発信:朝山慎一郎(あさやま・しんいちろう)

$「東北教区被災者支援センター」の公式ブログ

Delivering relief goods in Sendai (March 22)

We delivered relief supplies to several churches within Sendai.

The churches that we delivered supplies to day are the following churches:
– Sendai Itsutsubashi Church,
– Miyagino Aisen Church,
– Sendai Higashi Church.
We plan to continue to make rounds of other churches as well.
Sendai still has insufficient supplies of gasoline, so we are delivering supplies to churches by bicycle. We delivered the goods donated by many people, such as portable cassette cooking stoves and cassette bombs, vegetables, vacuum packed food, (disposable) pocket warmers.
Of the churches we visited today, at Sendai Higashi Church there are still some members taking shelter there and will take time to rebuild. And at each church, elderly members need help to clean up their home as well as help with tasks like fetching water.
Our plans include not only continuing with delivery of needed supplies but to coordinate with churches and church members to help with community volunteer efforts.
(Reported by Shinichiro Asayama)

1) The relief supplies that have arrived from many people.
$UCCJ Tohoku Disaster Relief Center
2) Sorting through the goods. Checking on how many of what supplies to send.
$UCCJ Tohoku Disaster Relief Center
3) The group departing by bicycle to deliver the relief supplies.

仙台市内への支援物資お届け1 (3月22日)

自転車で仙台市内の各教会に支援物資をお届けしました
本日、物資お届けにまわったのは、次の教会です。市内の他の教会についても、順次まわっていく予定です。
○仙台五橋教会
○宮城野愛泉教会
○仙台東教会
仙台では依然としてガソリンが不足している状況なため、市内の教会については自転車で物資をお届けします。いままで多くの方から支援いただいたガスコンロ、ガスコンロ用ボンベ、野菜、レトルト食品、カイロなどなどをお届けしました。
今日まわった3教会のうち特に仙台東教会では、まだ教会に避難されている信徒の方がおり、復旧まで時間がかかるような様子でした。またどの教会でも高齢の教会員の方で家の片付けや水くみ等のお手伝いをしていただきたいとの要望も伺ってきました。
今後は必要な支援物資の配送にとどまらず、各教会・教会員・教会を通じた地域コミュニティへのボランティア活動を当支援センターで行っていく予定です。

発信:朝山慎一郎(あさやま・しんいちろう)

1. 多くの方々から届いた支援物資
「東北教区被災者支援センター」の公式ブログ
2. 物資の発送作業中
$「東北教区被災者支援センター」の公式ブログ
3. 自転車の支援物資お届け隊の出発シーン

Delivery to Ishinomaki and Morioka (March 22)

Delivery to relief supplies to Ishinomaki and Morioka on March 22.

Each day many supplies are being sent from people from all regions of Japan.
We are grateful for all of your support.
Today we delivered relief supplies to churches in regions that suffered severe damage due to the tsunami – in Ishinomaki and Morioka.
Reverend Takada (Pastor of Sendai Kawadaira Church) and Mr. Matsumoto (Acting Director of Emmaus Center) headed to Ishinomaki.
In Ishinomaki, the scars left from the tsunami are deep, and we hear that water lines are still out. Gas and kerosene are still of short supply, and people are happy to receive any supplies if delivered. Next they will need volunteers to help carry water and to clean up houses that were flooded by water.
Reverend Konishi of Sendai Kita Church headed to Ou District.
In Ou District, houses in Miyako and Kamaishi (towns) were devastated, and the church kindergarden is full of rubble that flowed in and is in disastrous condition. We still do not have information on what kinds of supplies each church in Ou Kyoku is in need of, but we predict that much support will be needed.
(Reported by Shinichiro Asayama)

1) Rev. Konishi and others heading for Morioka

2) Rev. Takada and Director Matsumoto heading to Ishinomaki

盛岡・石巻への支援物資お届け(3月22日)

石巻・盛岡に支援物資をお届けしました
毎日、各地から多くの物資が支援センターに届けられています。
みなさまのお支えに感謝いたします。
今日(3月22日)は津波でひどい被害を受けた石巻の石巻山城町教会、石巻栄光教会と、奥羽教区の要請に応えて盛岡の奥羽キリスト教センターに支援物資を届けてきました。お届け物資は、コンロ、コンロ用ボンベ、米、水、レトルト食品、野菜、ガソリン、灯油、おむつ、生理用品などなど車に積めるだけの物資を積み込んで行きました。
石巻には高田恵嗣(たかだ・けいじ/仙台川平教会・牧師)と松本芳哉(まつもと・よしや/エマオ館長代行)が向かいました。
石巻は津波被害の傷跡が深く、いまだに水は復旧していない状況と聞いています。ガソリンや灯油も不足しており、物資はいただけるものならば何でも嬉しいとのことです。今後は浸水した家屋の畳あげや片付け、水くみなどのボランティアをお願いしたいとの話を聞いてきました。
奥羽教区には小西望(こにし・のぞみ/仙台北教会・牧師)が向かいました。
奥羽教区では宮古と釜石では家屋が壊滅して、教会の幼稚園内にがれきが流れ込むなど悲惨な状況だと聞きました。まだ奥羽教区では各教会でどのような物資が必要かの情報が届いておらず、まだまだ物資支援の必要がありそうです。

発信:朝山慎一郎

1. 盛岡に向かう小西牧師ら一行

2. 石巻に向かう高田牧師と松本館長代行

Letter to churches in Tohoku District (March 22)

Tohoku Disaster Relief Center – Announcement and Request
Letter Addressed to churches in Tohoku District

From Moderator Takahashi and Reverend Kataoka

Summary in English:
To all who have suffered from the earthquake and are in deep sorrow, we send our sympathy and pray for God’s support and comfort. We at the Tohoku District have established a Disaster Relief Center at “Emmaus Center” and have begun relief activities. At the moment we are delivering relief supplies to churches and through churches to the communities.
We are currently accepting donations of necessary supplies. However, the goods that are most needed may change. We may need to decline some donations, so please contact the Relief Center to confirm. We are also not able to go to receive donations and so we ask your cooperation to bring or send the goods.
 
(Shinichi Watanabe)

【公式発表】教区被災者支援センター開設のお知らせとお願い(3月22日)

2011年3月22日


東北教区教会・伝道所各位


東北教区被災者支援センター開設のお知らせとお願い


東北教区総会議長 高橋和人

宣教部委員長 片岡謁也


 主の御名を讃美します。

 東日本大震災あって、被災され、悲しみを負っておられる方々を覚え、心よりお見舞い申し上げ、主の御支えと御慰めをお祈りいたします。

 東北教区では各方面のご協力により教区センター「エマオ」に被災者支援センターを立ち上げ、支援活動を開始いたしております。現在教区内の被災地域の教会に対し、またその教会を通じて周辺への物資支援を行っております。

 現在必要物資の受付を行っていますのでご協力をお願いいたします。必要物資には変化があります。足りている場合にはお断りすることがありますので、そのつど被災者支援センターにお問い合わせください。

 また取りに伺うことはできませんので、直接お持ちくださるようお願いします。


発信:渡辺真一