We are receiving supplies – Report #2 (March 26)

[Official Announcement] We are receiving supplies – Report #2
3/26/2011
UCCJ Tohoku Disaster Relief Center
Tohoku District Moderator, Disaster Relief Center Director, Kazuhito Takahashi
Tohoku District Mission Committee Chari, Etsuya Kataoka
We give praise in God’s name.
We thank you for your prayers and support for the work of our Center.
Ever since the establishment of the UCCJ Tohoku Disaster Relief Center on March 15, we have received supplies sent from churches throughout the country. We are grateful.
We are now concentrating our efforts in delivery of these goods to Ishinomaki and areas where the damage was most severe. However, there are raw vegetables that need to be used soon. So, if there are members of your church who have difficulty going shopping for food, we would like to share these items as soon as possible. Please let us know if there is a need. We will deliver to your church. (There is a limit to the supplies and we ask for your understanding should we not be able to provide what you request.)
Open from 9 am to 5pm, Weekends included.
Please contact us first (Let us know what you need and the quantity you wish to have.)
– This is the second notice we are sending to Sendai area churches.
– Please share with your church members and acquaintances.
The Center activities are being reported in the following blog:
http://ameblo.jp/jishin-support-uccj/
〒980-0012
1-13-6 Nishikicho, Aoba-ku, Sendai
Emao nai, Tohoku Disaster Relief Center
Telephone: 022-222-0990

【公式発表】支援物資届いています 第2報(3月26日)

支援物資届いています 第2報
2011.3.26版
東北教区被災者支援センター
UCCJ Tohoku Disaster Relief Center
東北教区議長 被災者支援センター長 高橋和人
東北教区宣教部委員長 片岡謁也
 主の御名を賛美いたします。
 被災者支援センターの働きのためにお祈り、お支えいただき、ありがとうございます。
 3月15日に発足しました東北教区被災者支援センターに、全国各国の教会から、被災教会の支援のためにと多くの物資が届けられてまいりました。感謝です。
 現在、石巻方面など被害の特にひどかった地域に向けて順次搬出しておりますが、生野菜等すぐにいただかなければならない物資もございます。そこで、教会員の皆様で、特に買い物へ行かれるのが困難な方々に、なるべく早くお分かちしたいと思います。数に限りがあり、ご要望に添えないものもありますが、ぜひご利用ください。こちらから教会までお届けできますので、まずはお問い合わせいただければと思います。
開館は9-17時、土日も対応可能です。
事前にご連絡ください。(希望物品、数量など)連絡なくおいでいただいて、ご希望添えないのを防ぎたいと思います。
○今回のご案内は第2報として、仙台市内の教会にお送りしています。
○教会員の皆さん、教会の方のお知り合いやご近所などでお分かちください。
支援センターの活動内容・報告は、ブログに毎日掲載しています。
どうぞご覧ください。
http://ameblo.jp/jishin-support-uccj/
〒980-0012 仙台市青葉区錦町1-13-6 エマオ内
東北教区被災者支援センター 電話 022-222-0990

東北教区内の全ての教会と連絡がとれました(3月26日)

東北教区内の全ての教会と連絡がとれました。

以下が東北教区内の教会の一覧です。


連絡が取れた、報告のあった教会【2011年3月24日現在】

(「」と表記しましたが、「被害なし」ではありません)

東北教区教会伝道所一覧
東北教区センターエマオ 水道可 電気可 ガス不可
 エマオに来られれば、現時点で水は確保できます。トイレも使用可

宮城県       福島県       山形県

■宮城北地区     ■福島地区     山形北地区

○石巻山城町教会  飯坂教会     鶴岡教会

○石巻栄光教会   福島教会     荘内教会

○陸前古川教会   福島伊達教会   酒田教会

○涌谷教会     信夫教会     酒田暁星教会

○田尻教会     福島新町教会   新庄教会

○登米教会     川俣教会     新庄本町教会

○鳴子教会     福島荒井教会   新庄新生教会

○気仙沼集会    保原教会   

○塩釜東教会    ○大平伝道所    山形南地区

○いずみ愛泉教会            天童教会

○泉高森教会    いわき・郡山地区 山形本町教会

○仙台松稜教会   白河教会     山形六日町教会

○仙台北教会    郡山教会     米沢教会

○仙台川平教会   安積教会     上山教会
          ○
三春教会     宮内教会

■宮城中地区    鏡石伝道所    寒河江伝道所

○仙台ホサナ教会  郡山細沼教会   東根伝道所

○仙台東六番丁教会 須賀川教会    山辺伝道所

○仙台東教会    本宮教会

○仙台青葉荘教会  ○二本松教会

○仙台北三番丁教会 矢吹教会

○仙台愛泉教会   川谷教会

○西仙台教会    ○石川伝道所

○仙台市民教会   ○小名浜伝道所

○宮城野愛泉教会  磐城教会
          ○
常磐教会

■相双・宮城南地区 ○勿来教会

○仙台東一番丁教会 

○仙台五橋教会   会津地区

○仙台長町教会   会津若松教会

○仙台広瀬河畔教会 若松栄町教会

○仙台南伝道所   川桁伝道所

○白石教会     猪苗代教会

○角田教会     喜多方教会

○岩沼教会     会津高田教会

○大河原教会    会津坂下教会

○名取教会     会津本郷教会

○中村教会     山都教会

○原町教会     会津田島教会

○小高伝道所    ○只見伝道所

○鹿島栄光教会

○浪江伝道所

石巻への物資お届け・被災状況報告(3月25日)

石巻2教会へ支援物資を届けてきました
今日は午後から石巻山城町教会に大量の食料品等の物資のお届けと、石巻栄光教会にお水のお届けにお伺いしました。話をお聞きしたところまだガスは全地域、水は一部の地域にしか復旧していないため掃除をすることもままならない様子でした。
石巻の街や商店街は、水は引いたものの汚泥と沢山の瓦礫の山が積み上がっていました。また、日和山から浜を見おろすと住宅街はほとんど津波で流され跡形もなくなっていました。まだ避難所で生活している方も多いみたいです。避難所から自宅に帰られた方々が家や道路の掃除や炊き出しをしていたり、給水所から水を汲んで歩いていたりしており疲れている表情の方が多かったように見えました。
街の復旧にはとても時間が掛かりそうですが、住民一人一人に水や食料をいきわたらせるためには多数のボランティアの力が必要なのではないかと感じました。

ボランティア 上野幸奈(うえの・ゆきな)


$「東北教区被災者支援センター」の公式ブログ
津波で打ちあげられた車の山
$「東北教区被災者支援センター」の公式ブログ
日和山からの眺め。町そのものが流されてしまっていた
$「東北教区被災者支援センター」の公式ブログ
石巻山城町教会
$「東北教区被災者支援センター」の公式ブログ
石巻栄光教会

Delivery relief goods to Shichigahama (March 25)

We visited Shichigahama to deliver relief supplies.
On Friday, March 25 we borrowed the car of Sendai Kita Church and delivered supplies to Shichigahama. (Under the guidance of Shigeo Aburatani(Sendai Kita church), Taku Noda (SCF) and Takafumi Sato (Nishi Tokyo District Higashimurayama Church) went to the area.)
On the way to Shichigahama, we passed Tagajo. All along the road there were many cars turned over, which was a testament to the enormity of this disaster.


When we came to the town of Shichigahama, we were shocked to see the ravage and flooded areas caused by the tsunami.

$UCCJ Tohoku Disaster Relief Center
$UCCJ Tohoku Disaster Relief Center
$UCCJ Tohoku Disaster Relief Center
We asked a fisherman in Shichigahama what they need, and delivered vegetables, diapers, powdered milk and other supplies for babies, snacks for children, underwear, vacuum packed food, instant food, toilet paper and mouth wash.
This fisherman’s cooperative facilities were swept away so he opened up his personal workplace and storage area for relief efforts and has been involved in distribution of supplies. His own ships were swept away by the tsunami and have not been found. We were touched by this man who himself suffered from this disaster but still was committing himself to support the community.
The Shichigahama Volunteer Center now has huge quantities of relief supplies but are not able to distribute them to the places in need. We ask for your prayers and support in the effort to distribute the supplies to the places with greatest need.
reported by Takafumi Sato (SCF Volunteer)

七ヶ浜への物資お届け・被災状況報告(3月25日)

本日(3月25日)、仙台北教会の車をお借りして、七ヶ浜町へ支援物資を運びました。
油谷重雄さん(仙台北教会)に案内をしていただき、野田沢(SCF・学生キリスト教友愛会)と佐藤飛文(西東京教区東村山教会)が現地に向かいました。
七ヶ浜町へ行く途中、多賀城市内を通りました。道の両側には多くの車が道端に転がっていて、津波の被害の大きさを実感させられました。

七ヶ浜町に入ると、津波で破壊され水没した集落があらわれ、息を飲みました。

$「東北教区被災者支援センター」の公式ブログ
$「東北教区被災者支援センター」の公式ブログ
$「東北教区被災者支援センター」の公式ブログ
七ヶ浜町で漁師をされている方に、具体的に不足している物が何かを伺い、野菜、紙おむつ、粉ミルク、赤ちゃん用食材、子ども用お菓子、下着類、レトルト食品、インスタント食品、トイレットペーパー、マウスウォッシュなどを届けました。
この漁師の方は、地区の公民館や漁協が流されてしまったため、自宅の倉庫兼作業場を開放し、物資を集め、近隣に配布・配達をする活動をされています。ご自身所有の船は津波で流されてしまい、まだ見つかっていないそうです。ご自身も被災されながらも、地域の支援に奔走されている姿に心を打たれました。
七ヶ浜町災害ボランティア・センターには大量の支援物資が積まれていましたが、被災者個人のもとにはなかなか必要な物資が届けられていないようです。必要な所に必要な物資が確実に届けられるよう、お祈りとご支援をお願いします。

発信:佐藤飛文(SCF派遣ボランティア)

仙台市内教会でのボランティア活動(3月25日)

本日(3月25日)は、仙台市内の教会からの要請で、教会員の方へのお手伝いをしてきました。
一つは、仙台北教会の教会員の方の家からのピアノ搬出作業。もう一つは、五橋教会の教会員のご自宅への支援物資のお届けです。以下、担当したボランティアによる報告です。
ピアノ搬出ボランティア
今日は北教会の方のご自宅(仙台市青葉区双葉ヶ丘)に伺い、ピアノ2台の搬出作業のお手伝いをさせていただきました。近所の方の協力をいただきながら6人で慎重に運び出し、車に積み込み、北教会に移動しました。ご自宅は斜めに傾き、中に入るのも危険な状況の中での緊迫した雰囲気の作業でした。
$「東北教区被災者支援センター」の公式ブログ
地盤が割れ、建物そのものが傾く教会員のご自宅
傾きの中での作業で私たちは感覚が変になり、しばらく気分が悪くなってしまいました。もちろん今後も住むことはできず、片づけをするのも命がけと言って遜色ない様子でした。大切な中のものもめちゃくちゃになり、心苦しいものでした。
近くの古い家でも特に被害がないところもあり、地盤状況による被害規模の違いを改めて感じました。一日も早くすべての人々が普段の生活に戻れることを祈らずにはいられません。

ボランティア 石川歩(いしかわ・あゆむ)

教会員のご自宅への支援物資お届け
今日は教会の方に支援の要請が来ていた方のお宅を三軒回り、食材・カセットコンロなどをお届けしました。一人の方を除いてみなさんお元気そうでした。
場所によっては復興の進んでいる仙台市内においても、買い出しに行くのが困難な地域や、並んで買い物をするのが困難な方もたくさんいます。そういった方を見つけ、適切な私たちができる支援をしていくことが大切だと思いました。

ボランティア 菅原丈二(すがわら・じょうじ)

$「東北教区被災者支援センター」の公式ブログ
仙台北教会の礼拝堂は窓の上部が割れてしまった