「仙台キリスト教連合被災支援ネットワーク」の立ち上げ(3月18日)

超教派の対策ネットワークが立ち上がりました。
仙台の超教派ネットワーク「仙台キリスト教連合」からの呼びかけに応えて、18日夜、教派・団体から32名がエマオに集まり、被害ならびに救援の状況を報告・共有すると共に、今後の協力体制について話し合いました。
すでに各教派・団体とも救援体制を整え、被災現地に入っているグループも複数あります。今後これら諸活動はそれぞれの方針とやり方で展開されますが、お互いより迅速・適切に展開していくためのネットワーク機関として「仙台キリスト教連合 被災支援ネットワーク」(愛称:東北ヘルプ)を立ち上げることを決定しました。
具体的には、近日中にウェブサイトを設置し、救援活動のためのリアルタイムの情報交換をすること、募金窓口を設置し、特に海岸方面で被災した複数の小規模教会に向けた支援にむかうこと、が決まりました。ウェブサイトが立ち上がりましたら、当ブログでも報告します。

発信:小西望(こにし・のぞみ/日本キリスト教団仙台北教会・牧師)

Scenes from Arahama Beach (March 22)

Two of our young members (Shin-ichi Watanabe and Sin-ichiro Asayama) entered the coastal area which was most hardly hit near to the city of Sendai.
The area east of route 6 is closed to car traffic. In this area all houses and buildings have been destroyed. What we saw were heaps of debree. There were houses turned upside down, roves of temples, road signs and telephone poles washed away by the tsunami. Firemen were walking the area looking for dead bodies. The area hit by the tsunami is so vast! It is next to impossible for volunteers to do anything there.
It is hard to believe that such destruction has happened only 10 to 20 miles from the city center of Sendai. Even though we belong to the same city of Sendai, on one side of the road the houses are leveled, while on the other the houses are intact.

  1. In the mountains of dibree we found daily accessories, cars, beds and all sorts of familiar things.
  2. A car destroyed by the tsunami
  3. A rare building that was not taken away by the tsunami.
  4. Inside the building. Most everything in the surrounding area was leveled.

仙台市若林区荒浜の状況報告(3月18日)

私たち支援センターのメンバー(渡辺真一と朝山慎一郎)は本日3月18日、仙台市内で津波による最も甚大な被害を受けた地域の一つである荒浜地区の状況観察に行ってまいりました。
津波の影響を受けた東部道路(国道6号線)から東側の地区については、依然として自家用車での進入が制限。報道のあった宮城県南三陸町や岩手県陸前高田市と同様、ほとんどの家屋が破壊され、がれきの山となる惨劇でした。中には家そのものがひっくり返って流されたり、お寺の屋根、道路の看板、電柱までもが流されていました。現場では消防隊員が懸命な捜索活動を進めていましたが、被害があまりに広範囲かつ大きいため、困難な状況にあります。実際に現状でボランティア活動すら行うのが困難な状況といえます。
市内中心部から車で20~30分の距離にある荒浜地区でこのような甚大な被害が出ている現実を受け止めるのは非常に難しいです。同じ仙台市内といえども、道路一つ挟んで全く異なる被災状況であることを痛感しました。

発信:渡辺真一・朝山慎一郎

1. 津波で破壊された家屋の残骸がガレキの山となっていた。日用品、車、ベッド、あらゆるものがごちゃ混ぜにされていた。

2. 津波でボディーが大きく損傷した自動車

3. 津波に流されず残った数少ない施設。

4. 津波に流されず残った施設(上記)の内部。周囲の建物はほとんど流され、さら地となってしまっていた。

Report of Visit to Ishinomaki (March 16)

Report of Visit to Two Churches in Ishinomaki on March 16th
Today, March 16th, we visited Ishinomaki Eiko Church and Ishinomaki Yamashirocho Church. Due to the effects of the tsunami, the church yard was covered with mud. Salt water had seeped into the toilet sewage tank, causing the excrement to overflow, and the putrid smell was terrible.
We also visited the house of a church member nearby. We heard from this church member of how he helped people who were being swept away by the tsunami, and then all spent the first night together. The devastation in Ishinomaki is greater than we imagined, and they have suffered tremendous damage. We also were able to offer a bit of help by providing a hot meal to the people sheltered at the church.
Below are moving images taken on route to Ishinomaki that show the situation there.

  1. A long line of cars waiting at a gas station along route 4 in Sendai
  2. A scene of the destruction in Ishinomaki. An overturned 4-ton truck, and many cars and furniture scattered.
  3. Showing the moment when we confirmed the safety of Mr. Miyamoto, member of Ishinomaki Church (and committee member of the Emmaus Center Communication Committee.)

Started to accept relief funds (March 17)

[Official announcement] We have started to accept relief funds (March 17)
The Standing Committee approved acceptance of contributions to the Disaster Relief Fund
We are now officially collecting monetary donations to our relief fund. These funds will be used for the support of disaster victims.
Yucho Bank
– Branch: 818
– Regular account: 0962494
Name: 日本基督教団東北教区 (Nihon Kirisuto Kyodan Tohoku Kyoku)
If sending from the post office, the number is:
18180-9624941
If sending from a Yucho Bank account through an ATM, there is no transfer fee. 
If sending cash at a teller window, there is a fee of 525 yen for sending under 30,000 yen and 735 yen for over 30,000 yen (for transmission in Japan).

被災者支援金受付を開始しました(3月17日)

本日3月17日の常任常置委員会で「被災者支援金」受付を決議。
教区議長による正式依頼文は後日お示しします。
とにかく、支援金を募ります。
もちろん被災者支援のために用いさせていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

ゆうちょ銀行
支店 818 普通 口座番号 0962494
名称 日本基督教団東北教区

郵便局からの送金の場合の番号は
18180-9624941となります。
ATMによるゆうちょ銀行口座からの送金の場合、手数料は無料です。
 
現金を送金する場合、窓口からの「電信払込み」となり、
3万円未満は525円、3万円以上は735円の手数料がかかります。

石巻市の被災状況報告(3月16日)

3月16日、石巻市の2教会の訪問&安否確認の報告です!
私たちは本日3月16日、石巻栄光教会と石巻山城町教会を訪ねてきました。石巻では津波の影響を受けて、教会の園庭が泥だらけになっていました。トイレの汚水槽(くみ取り便所)には塩水が流れ込み、汚物があふれ出し、悪臭が漂う悲惨な状況でした。また、近所の教会員の自宅を訪問。教会員の自宅は床上浸水の被害にあっておりました。教会員の話によると、津波発生時には津波に流されている人を助けて、一夜を共にするという話も伺ってきました。私たちの想像を超える規模の甚大な被害が石巻を襲っています。教会に避難していた方々に少量ながら、鍋の炊き出しもしてまいりました。
以下は、石巻市までの道中および同市内の被災状況の映像です。
1. 仙台市内の国道4号線でガソリン給油を待つ車の大行列

2. 石巻市内の被災状況。4トントラックが転倒、多くの自動車や家財が散乱。

3. 石巻栄光教会教会員の宮本約さん(東北教区センターエマオ・情報小委員会委員長)の安否を確認した瞬間