支援物資に感謝いたします(3月18日)

支援物資届いています(第1報)
2011年3月18日版
東北教区被災者支援センター
UCCJ Tohoku Disaster Relief Center
東北教区総会議長 被災者支援センター長  高橋 和人
東北教区宣教部委員長  片岡 謁也
3月15日に発足しました東北教区被災者支援センターには、現在各地の教会から、被災者支援のために少しずつ物資が到着しています。心から感謝申し上げます。
以下の物資ついて、教会を通じてお分かちしたいと思います。数に限りがあり、ご要望に添えないものもありますが、当センタ―からも各教会の皆さんへ電話でお問い合わせしていきますので、どうぞご利用ください。
教会へお届けすることを原則にしています。信徒の方々、地域の方々へは各個教会からお分かちください。
○当センターへ受け取りに来ていただけない場合はご相談ください。日程を調節し、近隣も含めて教会へお届けします。
○開館時間は9時から17時です。また土曜日・日曜日も対応可能です。
○かならず事前にご連絡ください。連絡なくおいでいただいた場合は物資を提供できないこともありますのでご注意ください。
○現在こちらに在庫がない物品については、ブログを通じて募集をかけています。
http://ameblo.jp/jishin-support-uccj/ 
○支援物資の受付も行なっています。開館時間に直接おいでください。
現在募集しているのは、食料品(特に調味料、レトルト食品、日持ちする野菜)、カセット式ガスボンベ、自転車のみです。それ以外はお受けできません。
○今回のご案内は仙台市内の教会にお送りしています。仙台市外の教会へは輸送手段の確保ができ次第迅速にお届けいたします。
連絡先は以下のとおりです。
〒980-0012 仙台市青葉区錦町Ⅰ-13-6 エマオ内
東北教区被災者支援センター
電話:022-222-0990

Meeting of the Christian Churches in Sendai

“The Association of Christian Churches in Sendai” made up of a variety of Protestant denominations gathered at the Emmaus Center to share information about the damages to churches, and to plan ahead to cooperate in sharing information and supporting one another.

Nozomu Konishi

「仙台キリスト教連合被災支援ネットワーク」の立ち上げ(3月18日)

超教派の対策ネットワークが立ち上がりました。
仙台の超教派ネットワーク「仙台キリスト教連合」からの呼びかけに応えて、18日夜、教派・団体から32名がエマオに集まり、被害ならびに救援の状況を報告・共有すると共に、今後の協力体制について話し合いました。
すでに各教派・団体とも救援体制を整え、被災現地に入っているグループも複数あります。今後これら諸活動はそれぞれの方針とやり方で展開されますが、お互いより迅速・適切に展開していくためのネットワーク機関として「仙台キリスト教連合 被災支援ネットワーク」(愛称:東北ヘルプ)を立ち上げることを決定しました。
具体的には、近日中にウェブサイトを設置し、救援活動のためのリアルタイムの情報交換をすること、募金窓口を設置し、特に海岸方面で被災した複数の小規模教会に向けた支援にむかうこと、が決まりました。ウェブサイトが立ち上がりましたら、当ブログでも報告します。

発信:小西望(こにし・のぞみ/日本キリスト教団仙台北教会・牧師)

Scenes from Arahama Beach (March 22)

Two of our young members (Shin-ichi Watanabe and Sin-ichiro Asayama) entered the coastal area which was most hardly hit near to the city of Sendai.
The area east of route 6 is closed to car traffic. In this area all houses and buildings have been destroyed. What we saw were heaps of debree. There were houses turned upside down, roves of temples, road signs and telephone poles washed away by the tsunami. Firemen were walking the area looking for dead bodies. The area hit by the tsunami is so vast! It is next to impossible for volunteers to do anything there.
It is hard to believe that such destruction has happened only 10 to 20 miles from the city center of Sendai. Even though we belong to the same city of Sendai, on one side of the road the houses are leveled, while on the other the houses are intact.

  1. In the mountains of dibree we found daily accessories, cars, beds and all sorts of familiar things.
  2. A car destroyed by the tsunami
  3. A rare building that was not taken away by the tsunami.
  4. Inside the building. Most everything in the surrounding area was leveled.

仙台市若林区荒浜の状況報告(3月18日)

私たち支援センターのメンバー(渡辺真一と朝山慎一郎)は本日3月18日、仙台市内で津波による最も甚大な被害を受けた地域の一つである荒浜地区の状況観察に行ってまいりました。
津波の影響を受けた東部道路(国道6号線)から東側の地区については、依然として自家用車での進入が制限。報道のあった宮城県南三陸町や岩手県陸前高田市と同様、ほとんどの家屋が破壊され、がれきの山となる惨劇でした。中には家そのものがひっくり返って流されたり、お寺の屋根、道路の看板、電柱までもが流されていました。現場では消防隊員が懸命な捜索活動を進めていましたが、被害があまりに広範囲かつ大きいため、困難な状況にあります。実際に現状でボランティア活動すら行うのが困難な状況といえます。
市内中心部から車で20~30分の距離にある荒浜地区でこのような甚大な被害が出ている現実を受け止めるのは非常に難しいです。同じ仙台市内といえども、道路一つ挟んで全く異なる被災状況であることを痛感しました。

発信:渡辺真一・朝山慎一郎

1. 津波で破壊された家屋の残骸がガレキの山となっていた。日用品、車、ベッド、あらゆるものがごちゃ混ぜにされていた。

2. 津波でボディーが大きく損傷した自動車

3. 津波に流されず残った数少ない施設。

4. 津波に流されず残った施設(上記)の内部。周囲の建物はほとんど流され、さら地となってしまっていた。

Report of Visit to Ishinomaki (March 16)

Report of Visit to Two Churches in Ishinomaki on March 16th
Today, March 16th, we visited Ishinomaki Eiko Church and Ishinomaki Yamashirocho Church. Due to the effects of the tsunami, the church yard was covered with mud. Salt water had seeped into the toilet sewage tank, causing the excrement to overflow, and the putrid smell was terrible.
We also visited the house of a church member nearby. We heard from this church member of how he helped people who were being swept away by the tsunami, and then all spent the first night together. The devastation in Ishinomaki is greater than we imagined, and they have suffered tremendous damage. We also were able to offer a bit of help by providing a hot meal to the people sheltered at the church.
Below are moving images taken on route to Ishinomaki that show the situation there.

  1. A long line of cars waiting at a gas station along route 4 in Sendai
  2. A scene of the destruction in Ishinomaki. An overturned 4-ton truck, and many cars and furniture scattered.
  3. Showing the moment when we confirmed the safety of Mr. Miyamoto, member of Ishinomaki Church (and committee member of the Emmaus Center Communication Committee.)

Started to accept relief funds (March 17)

[Official announcement] We have started to accept relief funds (March 17)
The Standing Committee approved acceptance of contributions to the Disaster Relief Fund
We are now officially collecting monetary donations to our relief fund. These funds will be used for the support of disaster victims.
Yucho Bank
– Branch: 818
– Regular account: 0962494
Name: 日本基督教団東北教区 (Nihon Kirisuto Kyodan Tohoku Kyoku)
If sending from the post office, the number is:
18180-9624941
If sending from a Yucho Bank account through an ATM, there is no transfer fee. 
If sending cash at a teller window, there is a fee of 525 yen for sending under 30,000 yen and 735 yen for over 30,000 yen (for transmission in Japan).